スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マイティ・ソー:ダーク・ワールド」鑑賞後の徹底解説:ネタバレ含む

766234313.jpg


※この記事は映画「マイティ・ソー:ダーク・ワールド」の鑑賞後の解説記事です。つまり、ネタバレしまくっています。まだ本作を見ていない人は、読まないことをオススメします。
逆に鑑賞済みの方は、詳しく書いているので色んな謎が解けると思いますし、知らなかった原作ネタを知ることもできると思います。

それでは、本作を見た人はこの後の解説記事をどうぞ…!





●キャラ紹介


○マレキス

80984e67_thor_the_dark_world_photos_2_20130605_1064860675.jpg
・ダークエルフの支配者。原作でも同じ
・今回の映画ではメインの悪役だったが、個人的には原作ではそれほど強いキャラというイメージは無い。ロキと組んで“冬の箱”を盗み出したことがあるが、わりとすぐにソーに倒された印象
・せっかく映画に登場したので名前だけでも覚えてあげてほしい
・演じたのはクリストファー・エクルストン




○アルグリム・ザ・ストロング:カース

21842.jpg
・ダークエルフで、マレキスの右腕
・映画では不気味な石の力で肉体を変化させ、カースという化け物に変貌する
・映画版では謎の石を使用したダークエルフが変身した姿をカースと呼ぶため、特定の誰かを指す名前ではない
・映画の設定ではカースに変身すると魂がなくなり、いわゆるゾンビ状態(不死身)になる。その代わり、超怪力などの身体能力を得る
・原作のアルグリムは、マレキスの命令でソーと戦っていたところ、マレキスの暴挙によって溶岩溜まりに落とされて重傷を負うも、超存在ビヨンダーの力でカースと化して復活、ソーと組んでマレキスに復讐を果たす役どころだった。その後はアスガルドの民となって警備員のような役職に就いている
・映画では単純にダークワールドの復興を押し進める悪人だったが、原作では改心するのでだいぶキャラの印象が異なるかと。
・名前だけでも覚えてあげてください
・演じたのはアドウェール・アキノエ・アグバエ






●終盤、ロキは一体何をしたのか?

・ロキは育ての母であるフリッガの敵討ちのため、ソーと手を組んでマレキス率いるダークエルフと戦う決心をする。
・スヴァルトヘイムでダークエルフの下っ端を倒した後、ソーをボコボコにしているカースを背中から剣で刺す(さすがロキ、卑怯者(笑)。
・しかしカースには魂が無いので死ぬことがなく、なんと身体に刺さった剣でロキを刺し返す。
・さすがロキ、いたずらの神らしくカースの腰に付いていた超兵器(名称不明、起動させると周りの空間をねじ曲げて消滅させる爆弾)を起動させてカースを消滅させる。
・その後ロキも絶命する


・アスガルドは衛兵(一瞬光を放っている)をスヴァルトヘイムに派遣し、ソーの安否を確認させる
・帰ってきた衛兵は「ソーはどこにもいなかった。しかし、遺体を見つけた」と報告する
・オーディンは「…ロキか?」と聞く
○解説
・ロキは死んでおらず、死んだように見えたのは幻(ロキは変身するとき光を放つ)。
・アスガルドが派遣した衛兵は、描写こそ無いがロキに殺され、ロキがその衛兵に変身、アスガルドに帰還。オーディンに報告をする
・オーディンの「…ロキか?」という台詞には含みを持たせてあり、単純に「ロキの遺体か?」と聞いたのか、それともロキが衛兵に化けていることに気付いて名前を言ったのか、どちらとも取れるように演出したらしい(監督談)。


・ソーVSマレキスが終わった後、アスガルドでソーはオーディンに「王座には就けない。自由をくれ」「礼を言う」と言って去る
・直後、オーディンだと思われていた人物は実はロキが化けていたものだったことが分かる
・ロキが「礼を言わせてもらうのは私の方だよ…」と言って映画が終わる。
○解説
・ソーの言う自由とは、“地球を本拠地にして活動する”ということ
・予想になるが、ロキは何らかの方法でオーディンを拘束、もしくは追放したと思われる。
・細かいことは分からないように映画が作られている
・アラン・テイラー監督はジョークで「オーディンはどこかのカフェにでもいるんじゃないかな」と発言





●エンドクレジット後のオマケ映像の内容


〇オマケ映像その1

・シフとヴォルスタッグが、ピンク色の肌をした女性カリーナ(クレジットにはMaverdeviaと表記されていた。後にカリーナだと情報公開された)に案内されて怪しい展示室のような場所にやってくる
・展示されている物は地球上のものではない
・大きなサナギのような物体がある
・カリーナが「紹介しましょう、タニリーア・ティヴァン…“ザ・コレクター”」と言う
・コレクターが登場する。お辞儀をしてシフとヴォルスタッグに挨拶する
・ヴォルスタッグが「アスガルドにはすでにテッセラクト(コズミックキューブ)があるため、2つの“インフィニティ・ストーン”をそばに置いておくのはマズい。これを保管してくれ」という
・シフの手には取っ手付きの立方体のようなものがあり、真ん中に赤い光が。
→おそらく、劇中序盤でジェーン・フォスターの身体に憑依し、終盤で敵のマレキスがパワーアップするために吸収した“エーテル”を立方体に収納したもの
・青い肌の、呼吸器のようなものを付けた女性が水槽にいる
・コレクターは了解し、立方体を受け取って「確かに受け取った。私のコレクションに加えよう」と言う
・シフたちが去った後、コレクターは「まずは1つ…、残り5つ…」と怪しい表情でつぶやく


○カリーナは、原作ではコレクターの娘
Baidu IME_2014-7-6_11-37-38
カリーナ。演じているのはオフィリア・ラヴィボンド

○この展示室は原作でいうコレクターのコレクションルームだと思われる
○大きなサナギのような物体は、予想だが原作コミックに登場するキャラ、アダム・ウォーロックかもしれない。ウォーロックは人造人間で、強力なヒーローの1人。サナギ状態になって宇宙を航行する。

Baidu IME_2014-7-6_11-36-29
サナギか…?
・とはいえ、映像の物体がウォーロックのサナギかどうかは筆者の勝手な予想なので、あまり気にしないでほしい。

○コレクターとは、原作では超存在エルダーズ・オブ・ユニバースのメンバーで、極度の収集癖がある人物。エルダーズ・オブ・ユニバースは不老の存在で、ほぼ不死身。それぞれが自分の飽くなき探求心を追求している。コレクターの場合は“収集(コレクション)”。

collector2.png
コレクター。演じているのはベニチオ・デル・トロ

・コレクターは悪人ではないが、来たる宇宙の崩壊に備えて宇宙全体からあらゆる物の標本をコレクションしており、アベンジャーズをコレクションしようとしたこともある。その行きすぎた収集癖のせいでアベンジャーズと敵対することもあった
○本名:タニリーア・ティヴァン
○映画版では「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(日本公開9月13日)にも登場。どうやら悪人として描かれる模様
○青い肌の呼吸器のような物を付けた女性は何者か不明。別に気にしなくていいかと。


○インフィニティ・ストーンというものは原作コミックには存在しないが、インフィニティ・ジェムと呼ばれる魔法石は存在する。
映画版ではジェムのことをストーンと呼ぶらしい。たまにこういう設定の違いはあるので、あまり気にしない
・インフィニティ・ジェムとは、6個存在する魔法石の総称。全部集めてインフィニティ・ガントレットという手袋状の超兵器にはめ込むことでガントレットを起動させることができる
・原作でのこのインフィニティ・ガントレットの持ち主はサノスという最強の悪役キャラで、ジェムを全て集めてガントレットを起動、“インフィニティ・ガントレット”事件を引き起こして大暴れした
・サノスは映画「アベンジャーズ」のラストにまさかの登場。こちらを振り向いてニヤリとする人物。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「アベンジャーズ2」にも登場予定。しかし、本格的な出番は無さそう。徐々に全体像が明らかになっていくものと思われる。ちなみに「ガーディアンズ~」ではセリフがあるようで、その吹き替えはジョシュ・ブローリンが決定している
○話が逸れたが、コレクターのセリフから察するとインフィニティ・ストーンを6個集める気らしい。映画版の設定ではコレクターはサノスと手を組んでいるという噂もあるので、おそらく2人で協力して集めているのだろう
○ちなみに、インフィニティ・ジェムとインフィニティ・ストーンではそれぞれの魔法石の名前が異なる点に注意。

○原作のインフィニティ・ジェムは
・ソウル
・パワー
・マインド
・タイム
・スペース
・リアリティ
の6つ。

○映画のインフィニティ・ストーンは
・テッセラクト(コズミックキューブ、四次元キューブとも)
・エーテル(英語ではイーサーと発音する)
・オーブ(※映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に登場、本作はこのオーブの争奪戦となる予定)
・?(「アベンジャーズ」でロキの杖の先端に付いていた青い石?)
・?
・?
の6つ。
?はまだ映画に出てきていないので不明。

Avengers_Tesseract2012 - コピー

loki-kneel - コピー

とにかく原作と映画は設定が異なるので、覚え分ける必要があると思う。必ずしも原作通りではない。





〇オマケ映像2

・ソーは自由を得て地球にやってくる。ジェーンとキスをする。
→これで、来年4月25日(土)日本公開の「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」にて、ソーがアベンジャーズに参加しやすくなったわけだ

・クライマックスの戦いでヨトゥンヘイムから地球に来たモンスターがまだ地球にいることが示される
→特に重要なシーンではないと思う。一種のギャグ。
ケヴィン・フェイグいわく、このモンスターは前作「マイティ・ソー」でソーに倒されたフロストモンスターと同じ種族らしい



…解説は以上。




適当に本作の画像を何枚か。

71RUaYxFU-L__SL1494_.jpg
(クリックで拡大できます)

$_57.jpg
(クリックで拡大できます)

Thor-The-Dark-World-Image-2.jpg
(クリックで拡大できます)

tumblr_mtshe8Ihnt1qe8a0fo1_500.png




・後に加筆する可能性あり。
・アラン・テイラー監督、プロデューサーのケヴィン・フェイグの発言などは「EMPIRE」誌のPodcast参照。
・コメントをくださる場合は、返信しやすいように適当なニックネームを付けてもらえるとありがたいです。



マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
(2014/07/02)
クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン 他

商品詳細を見る


マイティ・ソー/ダーク・ワールドMovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン予約数量限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]マイティ・ソー/ダーク・ワールドMovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン予約数量限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
(2014/07/02)
クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

「マイティ・ソー:ダーク・ワールド」新予告編分析





先日公開された「マイティ・ソー:ダーク・ワールド」の予告編ですが、個人的には若干見どころが少ない気もしましたが期待できる内容でしたよね。


そこで、まだ日本語字幕が付いていないので「内容がよく分からん」「あのシーンは何?あのキャラは誰なの?」と疑問に思っている方もいらっしゃると思うので、ちょっとした分析をしようと思います。

とはいえ、私も本編はまだ観ていないので単なる予想ですけどね。笑
(※もしかするとこの分析・予想がネタバレになる可能性も少なからずあることにご注意を。)






それでは、予告編をどうぞ。動画を見つつ分析を読んでいただければ、結構分かりやすいと思います。








○台詞&スクリーンショット&分析○


ロキ「全て(たぶん「アベンジャーズ」での戦い)が終わって…、今、お前は私に会いに来た…兄上。なぜだ?あざ笑うためか?」
ソー「いや、お前の助けが必要だ。お前を信じられると願う。」
ロキ「もし私を信じれば…、いつものようにバカを見るだけだぞ。」

345gtfdscv
ロキ(トム・ヒドルストン)。肌がきれい。奥の牢獄に捕まっているのは誰でしょうね。
この牢獄は、ソーの曽祖父にあたる人物、ブリが作ったという設定らしいです(エンパイア誌参照)。






オーディン「宇宙が誕生する前は…“無”ではない。“闇”だ。そしてそれらは生き残っている。」

ghtyii7re3wd
ダークエルフの宇宙船?この場所は、イギリスはグリニッジの旧王立海軍大学だそうです。




vgbhjmnbvsd
前作から引き続き登場、眼鏡っ娘ダーシー・ルイス(カット・デニングス)。右の男性は誰なのか分かりません。






ジェーン・フォスター「何が起こっているの?」

1gfdsh1z.png
ヒロインのジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)。この画像は頬が少しゲッソリしていて心配ですが、この後アスガルドに行って楽しそうにしているので大丈夫です。



ソー「約束しただろう。戻ってくると。」

uijuyhngtfcdes238e
ソー(クリス・ヘムズワース)降臨。既にダークエルフと戦ったのか、顔に怪我をしています。
この後すぐにジェーンを連れてアスガルドに帰ってしまうみたいです。





4gberfdqe
これだけは一体何なのか全く不明です。ただし、ヤバそうなのは確かです。たぶん見た目からしてダークエルフたちに関係があると思いますが…




ヘイムダル「私たちは複数の敵を相手にしなければ…」
ソー「いいや、一つだ」

e3rferhdt
今回初めて兜を脱いだヘイムダル(イドリス・エルバ)。アラン・テイラー監督いわく、「神々にも人間性を持たせたい」との意思で、素顔を積極的に見せるようにしているらしいです(エンパイア誌参照)。
上の台詞、「複数の敵」とは、ダークエルフ軍団とロキのことを指しているのですが、ソーはロキを仲間に引き入れているので、ロキを除いた「一人(ダークエルフ軍団だけ)だ」と言っているのだと思います。兄上、ロキへの愛情が凄いっす。




ロキ「まさか私に助けを求めるとはな」

09876543
この二人が並ぶと、やっぱり良いですね。







ソー「もし何もしなければ、我々は滅ぼされる」


ヴォルスタッグ「お前は常に彼(ソー)を裏切ることを考えている」
ロキ「wwww」

dfebnyr654



シフ「殺すわよ」

vgfdsw543



ロキ「wwwwwww」

67865423dss



ジェーン「これはニューヨークのぶんよ!」

fgbvcxsdfghjuytr




ロキ「彼女、気に入ったよ…www」

dfgh
アスガルドの皆にボコられるロキ。嬉しそうです。





マレキス「ソー。お前の勇敢さは苦痛を和らげはしないぞ」

srefvhtj76r3
本作のメインヴィラン、マレキス。この画像では仮面を被っていますが、通常は素顔でいることが多いみたいです。胸の星マークの有無や、三つ編みにしている髪の毛で部下のダークエルフ達と区別できます。




uyt456
雷神ソー。カッコいい。







マレキス「お前の家族も、世界も、消滅させる!」

xvghjtrf
この画像、情報量が多すぎます笑
右手を挙げているのがマレキス(仮面なし)、中央の黒いデカい奴が強力な戦闘員アルグリム・ザ・ストロング/カース、浮いているのがジェーン・フォスター、奥に並んで立っているのがダークエルフの下っ端、そして…左手前に立っているのはロキ!!マレキスの足元にソーらしき人物が倒れていますので、おそらくロキは裏切ってマレキス側に付いているのですね。絶体絶命。




tgrfcesd
マレキス。うおおおおお!





セルヴィグ「我々には時間が無い…」

234567
前作と「アベンジャーズ」に引き続き登場のエリック・セルヴィグ教授。演じているステラン・スカルスガルドが語るには、「今回のセルヴィグは、『アベンジャーズ』でロキに操られ、それがトラウマとなって精神的ダメージを受けている」役柄だそうです。



ジェーン「構造が完全に逸脱してる」
t6y78ygd
なんなのか分かりません。ダークエルフの宇宙船の動力源にも見えますが…





ソー「全員を救える策を見つけ出す」

nbvcxwert432
2人の素晴らしい横顔。手を握ってますよ。






ソー「ぬぁぁぁぁ!」

kjoiuy
ムジョルニアをマレキスに振りかぶるソー!マレキスは腕でガードする姿勢を見せていますが、果たしてムジョルニアの攻撃を防げるのでしょうか。





シフ「あなたの敵よ」

hjkl987654
この敵キャラは、原作コミックの「プラネット・ハルク」や「ワールド・ウォー・ハルク」にハルクの仲間として登場する“コーグ”だと言われています。
コーグは、原作コミック「ジャーニー・トゥ・ミステリー#83」でソーに倒されたクローナ人の一員でもありました。
見た目も似ていますし、コーグではなくともクローナ人であることは間違いないと思います。



(敵を倒して)ソー「他には?」

2kddddu5.png
カッコいい。なんとなく、この倒した敵は粉々になっただけで、それらがまた集まって再生しそうな気が凄くしますが、とにかく一撃であの巨体をぶっ飛ばせるソーの力は圧巻です。









…以上で今回の予告編分析は終わりです。
当ブログでは、アメコミ映画の予告編が公開されるたびにこのような分析をやろうと思っているので(需要があればの話ですが)、ご期待ください。
次に公開されそうな予告編は「キャプテン・アメリカ:ザ・ウィンター・ソルジャー」っぽいので、次回はそれの分析になるかも。


映画「マイティ・ソー:ダーク・ワールド」は2014年2月に日本公開です…!






プロフィール

amecomimovienews

Author:amecomimovienews
アメコミ映画や、それに関連するアメコミ情報を発信するブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。