マーベルスタジオ映画の今後を予想してみた


マーベルスタジオ映画の今後を予想してみた

marvelstudios.png


マーベルスタジオというのは、アベンジャーズ系の映画を作っているマーベルコミック直属の映画製作会社です。

このマーベルスタジオ映画、つまりアベンジャーズ系の映画世界の事を“マーベル・シネマティック・ユニバース”と呼びます。

で、今回の記事ではすでに発表されている情報を基に、今後の作品の流れを予想してみようと思います。

あくまで私(筆者)の予想なので、「もしかすると、そうなるかもしれない」程度の感覚で読んでもらえるといいかと思います。



ちなみに周知の事実ですが、スパイダーマンやX-MEN、ファンタスティック・フォーの映画はSONYピクチャーズや20世紀FOXといった映画会社が映画化の権利を持っているため、マーベルスタジオの作品との共演は不可能です。なので、ここでは取り上げません。



●今後、製作・公開されるマーベルスタジオ映画作品のラインナップ

2014/8/1「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」日本公開9/13
2015/5/1「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」日本公開4/25
2015/7/17「アントマン」
2016/5/6「キャプテン・アメリカ3」
2016/7/8「タイトル未定」
2017/5/5「タイトル未定」
2017/7/28「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」
2017/11/3「タイトル未定」
2018/5/4「タイトル未定」
2018/7/6「タイトル未定」
2018/11/2「タイトル未定」
2019/5/3 「タイトル未定」




〇アベンジャーズはいつまで続くのか?

たぶん、「アベンジャーズ3」まで製作されると思います。
理由は
・公式な「アベンジャーズ3」の製作発表はまだですが、ロバート・ダウニーJr.の契約内容に「アベンジャーズ3」が含まれていることが公式で明らかになっている
・全世界で15億ドル以上を稼いだ超大ヒット映画なので、作らない理由が無い
・タイトル不明の映画の公開日が発表されていますが、おそらく2018年のラインナップの一つが「アベンジャーズ3」だと予想できます(アベンジャーズ~アベンジャーズ2までが3年かかったから)。

以上の理由から、「アベンジャーズ3」は事実上の製作決定だと言えます。



〇アベンジャーズ4は?

これはかなり先の話になると思うので、全く予想できません。
製作されるという根拠は一切ないです。
ただ一つ言えるのは、「アベンジャーズ」シリーズは全世界で最もヒットしている映画シリーズだということです。
マーベルスタジオは企業なので、利益を出してこそ存在理由があります。そのことを考えると、利益を生み出すシリーズを継続していくのは当然だと考えられます。世界中のファンも求めていますしね。

しかし、映画シリーズという商品を継続してリリースしていくのは、難しいです。
というのも、アメコミは原作コミック(漫画)なら書き手を変えればキャラクターを永久に続けることができますが、映画の場合は生身の人間(俳優)が演じているため、どうしても
・加齢
・やる気の継続
・出演料の高騰
などの諸問題が発生します。

例えば、これはアメコミ映画ではないですが、「007」シリーズを挙げてみましょう。
「007」シリーズはジェームズ・ボンドというキャラクターを主人公にしたシリーズですが、50年以上の歴史の中で何度もボンドを演じる俳優が変更されています。
あまり詳しくないのでどういう理由があって俳優が変更していったのか知りませんが、おそらく上に挙げたような諸問題が当てはまったからだと思います。


マーベルスタジオ映画で言えば、アイアンマン役のロバート・ダウニーJr.は「アベンジャーズ3」までの契約だと言われています。
歳をとりすぎている、という理由以上に、彼のギャラ=映画出演料は現在のハリウッドで最高額(「アベンジャーズ」のギャラは50億円だった)なので、かなり高騰していることがネックのようです。
ただ、彼のマーベルスタジオとの契約は当初は「アイアンマン3」まででした。しかし上にも書いた通り、現在では「アベンジャーズ3」まで契約延長されたため、今後も再契約があるかもしれません。本人も条件が揃えば検討するつもりのようなので、具体的な引退のタイミングは予測できません。

他に、
キャプテン・アメリカ=スティーブ・ロジャース役のクリス・エヴァンスは「キャプテン・アメリカ3」の出演契約を結んでいます。彼の契約がいつまで続くのか明らかになっていませんが、監督業にも興味がある中で「キャップ役の責任は果たす」と宣言しているみたいなので、ダウニーJr.と同様に「アベンジャーズ3」までは出演するのではないかと予想できます。
しかしキャプテン・アメリカを演じる俳優に関しては、すでにウィンターソルジャー=バッキー・バーンズ役のセバスチャン・スタンが9作契約であり、現在は「~ファースト・アベンジャー」「~ウィンターソルジャー」で2作消化したので残り7作に出演予定だということが発表されているので、原作の展開(キャプテン・アメリカことスティーブが死亡した後、バッキーがキャップの役割を引き継ぐ)ことを知っている人ならピンと来るのではないでしょうか。なにせあと7作ありますからね。つまり、そういうことだと思います。
ただし、そうなるとは限らないので難しいところです。現時点で言い切ることはできませんからね。



〇「アベンジャーズ2」のストーリー

ストーリーはまだよく分からない状態ですが、敵がウルトロンだということが分かっています。
映画ではウルトロンはトニー・スタークが作った平和維持ロボットという設定で、後に自我を持って自分の信じる歪んだ平和、つまりアベンジャーズを倒すという目的を抱き、敵になってしまうというものらしいです。




〇「アベンジャーズ3」は何を描くのだろう

ネットでは原作コミックの有名エピソード「シビル・ウォー」になるのではないかと言われている場合がありますが、私から言わせてもらうとそれは見当外れだと思います。

なぜなら、
・「シビル・ウォー」(原作コミックでは超人登録法をめぐってヒーローたちが賛成派・反対派に分かれて激突する話)をやるほどのヒーロー数がいない
・「アベンジャーズ」で宇宙人のチタウリが進撃してきた→宇宙からの脅威
・「アベンジャーズ」のラストで宇宙の暴君サノスが登場した→宇宙からの脅威
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」では宇宙の平和を守るヒーローチームが描かれる→宇宙帝国クリー人のロナンが悪役、サノスもより具体的に存在が示される
・コズミックキューブ(四次元キューブ)、エーテル、オーブといったインフィニティ・ストーンがすでに登場している→原作ではインフィニティ・ジェムと呼ぶのだが、これを6つ集めるとサノスが使用する宇宙最強の武器インフィニティ・ガントレットが起動する
・「アベンジャーズ2」にもサノスが登場することが、演じるジョシュ・ブローリンによって明らかにされている
・すでにサノスの公式画像が公開されている

Chitauri7e521abef119.png
チタウリ

Avengers_Tesseract2012 - コピー
インフィニティ・ストーン

vY6uLLc.jpg
サノス


これらの“宇宙”を視野に入れた世界観の展開を見れば、「シビル・ウォー」(内戦、と訳されることもある)程度の規模の映画は作られることはないと思います。

なので、私は「アベンジャーズ3」では「シビル・ウォー」より大規模な原作コミックの“インフィニティ・ガントレット事件”が描かれると予想しています。
“インフィニティ・ガントレット事件”とは、原作では上にも書いたようにサノスがインフィニティ・ガントレットを起動させ、全宇宙の生命の半分を指パッチンで消し去った事件です。これに対してアベンジャーズを含む全宇宙のヒーローが集まり、サノスの暴挙を止めるために激闘を繰り広げます。
さらには宇宙神まで登場して物凄いスケールの話になるのですが、映画ではそこまではいかずとも、ある程度忠実に映像化するのではないでしょうか。それだけの映像技術はすでに開発されていますし、キャラも揃っているように感じます。

イメージとしてはアベンジャーズ+ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー連合軍VSサノス+クリーなどの宇宙列強種族…という感じになる気がします。


とりあえず、「アベンジャーズ3」のストーリー予想は以上。

上に書いた俳優交代の話は、あるとしたらこの「アベンジャーズ3」の後になると思います。
あくまで予想ですが、「アベンジャーズ3」でアベンジャーズは死んでしまうんじゃないかと思います。悲しい話ですが。でも、アメコミというのはたいていのキャラが死ぬのがお約束です。
その後に基本的な世界観は引き継いだまま、別の俳優が各キャラを引き継ぐ形でシリーズが続行するのではないか、と。
事実上のリブート(再起動)を行い、シリーズを一新するタイミングとしては三作を終えてから…というのが一般的な映画シリーズの流れだと思います。
(アメコミとは関係ないですが「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズや「トランスフォーマー」シリーズも三部作で一応の区切りをつけて、四作目は基本的な設定は引き継ぐものの主要キャラがけっこう変わりましたよね。「X-MEN」シリーズも三部作で区切りをつけて、同一のシリーズながらウルヴァリンのスピンオフ→過去を描く新シリーズ「ファースト・ジェネレーション」「フューチャー&パスト」を展開しました)




〇「アベンジャーズ2」「アベンジャーズ3」以外のマーベルスタジオ映画はどうなるのか

まず、
2015/7/17「アントマン」
2016/5/6「キャプテン・アメリカ3」
2017/7/28「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」
の製作が具体的なタイトルとともに発表されているので確定です。


後のラインナップは“タイトル不明”なので予想するしかないのですが、

2016/7/8「タイトル未定」
2017/5/5「タイトル未定」
2017/11/3「タイトル未定」
2018/5/4「タイトル未定」
2018/7/6「タイトル未定」
2018/11/2「タイトル未定」
2019/5/3 「タイトル未定」

上に書いたようにこの内の2018年の作品に「アベンジャーズ3」が来ると思います。
それを踏まえれば、2016/7/8は普通に考えて「マイティ・ソー3」だと思います。この作品は正式発表こそされていませんが、主演のクリス・ヘムズワースやナタリー・ポートマンが「いつか作られるよ」と発言していることもあり、ほぼ間違いない気がします。

あとの作品は予想するのが難しいですが、挙げるとすれば

「Dr.ストレンジ」=「~ウィンターソルジャー」にてキャラの存在が示された。監督はスコット・デリクソンに決定しており、これによって映画の製作そのものは事実上の決定と言える。Dr.ストレンジは原作では魔術を使う強力なヒーロー

「インクレディブル・ハルク」の続編=ハルク役のマーク・ラファロが可能性を示している

「ブラックウィドウ」=マーベルスタジオは女性ヒーローの単独映画が無いことを気にしている。「ヒーロー=男性」という男尊女卑的な差別にも影響する問題なので、それを解消するためにも製作される可能性は高い

「ブラックパンサー」=かなり昔から製作の噂が挙がっており、特にスタン・リー(マーベルのキャラを多数生み出した人)が企画の存在をよく挙げている

「インヒューマンズ」=かなり可能性が低いと思うのだが、なぜか常に一定の噂が挙がる作品。原作ではインヒューマンズとは太古の昔に遺伝子操作された人類の子孫のことで、それぞれが超能力を持っているという設定

「ミズ・マーベル」=これも可能性が低いと思うのだが、ブラックウィドウと同じく女性ヒーロー単独映画を作る上では候補に入ってくると思う。原作ではクリー人のマー=ベルの特殊能力を事故でコピーした女性ヒーロー


とりあえずタイトルを予想して挙げてみましたが、「アベンジャーズ3」「マイティ・ソー3」「Dr.ストレンジ」以外は外れる可能性が大です。あくまで予想できる候補ってことで。全く予想していなかった作品が製作されるかもしれませんし、タイトルの正式発表が楽しみです。





…はい、この記事はこの辺で終わりにしようと思います。
最初にも書きましたが、この記事の内容は単なる筆者の予想なので、これが正しいわけではありません。あくまで一説です。
ただし、予想の根拠などはある程度説得力のあるものを挙げたつもりなので、参考にしてもらえるとよいかと思います。


いつも記事を書くと「あ、あれも説明しとかなきゃ。これも。原作も…」などと思い、長くなってしまうのですが、そんな状況の中 最後まで読んでいただいた方には感謝です(笑)




次こそはちゃんと予定通り「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の第二弾予告編分析を投稿すると思います…





スポンサーサイト
プロフィール

amecomimovienews

Author:amecomimovienews
アメコミ映画や、それに関連するアメコミ情報を発信するブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR