スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Batman V Superman:Dawn of Justice」第一弾予告編分析


今回は、ついに公開された「Batman V Superman:Dawn of Justice」の第一弾予告編分析です。映画の公開は来年ですが、やっとDC映画も軌道に乗ってきた…?感じがします。


映画概要】

・2016年3月25日全米公開予定
・ザック・スナイダー監督
・設定的には「マン・オブ・スティール」(2013年)の続編。しかし主演のヘンリー・カヴィルいわく、内容的には直接的な続編というより新しい要素がふんだんに取り込まれているらしい(実際、タイトルからも分かるようにバットマンの映画でもある)。
・スーパーマンとバットマンが初めて映画で共演する、DC実写映画の歴史的作品といえる。他にもワンダーウーマンやアクアマン、サイボーグなどが登場することが明らかになっており、2017年公開予定のDCヒーロー大集合映画「ジャスティス・リーグ」を意識した作りになっている。
・ストーリーは不明。
・バットマンの描写としてはフランク・ミラーによるコミック「ダークナイト リターンズ」をベースにしているらしい。日本語翻訳版が「バットマン:ダークナイト」というタイトルで発売中なので気になる方は読んでみるといいかもしれない。
・音楽はハンス・ジマーが手がけるが、バットマンのパート曲はジャンキーXLが担当。


●登場キャラクター

○スーパーマン/クラーク・ケント(演:ヘンリー・カヴィル)―クリプトン星人で、人類をはるかに凌駕するパワーを持つ超人ヒーロー。普段はデイリー・プラネットの新聞記者。
○バットマン/ブルース・ウェイン(演:ベン・アフレック)―鍛えた体と頭脳、ハイテク機器を備えたヒーロー。普段は会社の社長。クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」三部作とは無関係。
○ワンダーウーマン/ダイアナ(演:ガル・ガドット)―映画では半分人間・半分神という設定。詳細は不明。
○レックス・ルーサー(演:ジェシー・アイゼンバーグ)―悪役。原作ではスーパーマンの宿敵で、頭脳明晰な悪漢。
○アルフレッド・ペニーワース(演:ジェレミー・アイアンズ)―ブルース・ウェインの執事
○ロイス・レイン(演:エイミー・アダムス) ―デイリー・プラネットの新聞記者。前作にも登場。
○ペリー・ホワイト(演:ローレンス・フィッシュバーン)―デイリー・プラネットの編集長。前作にも登場。
○マーサ・ケント(演:ダイアン・レイン)―クラーク・ケントの地球での母。前作にも登場。
○アクアマン(演:ジェイソン・モモア)―原作では海底人の王で、ヒーロー。
○サイボーグ/ヴィクター・ストーン(演: レイ・フィッシャー)―原作ではサイボーグ戦士のヒーロー。本作では顔見世程度の登場らしい。
○他多数


【予告編】




【分析】


「世界で最も強力な存在が議論の対象になるのは当然だ」
「我々は救世主を探していたのです」
Baidu IME_2015-4-18_14-11-48
スーパーマン。髪型が前作よりペッタリしています。コスチュームデザインも若干変わっています。
どうやら、本作では人類の常識を遥かに超えた力を持つスーパーマンの取り扱いに関して世界中で議論が巻き起こっている状況のようです。「ウォッチメン」にも似たテーマですね。



「我々は、宇宙における我々の位置づけを脅かす宇宙人(エイリアン)の存在について話し合っている」
「人類は強大な力に付き従ったせいで酷い目にあったことがあるんだぞ」
「悲劇」
Baidu IME_2015-4-18_14-12-32
ロケットかなにかを持ち上げているスーパーマン。前作ではウェイン産業(バットマンことブルース・ウェインが社長の巨大複合企業)のマークが入った人工衛星が一瞬だけ写っていましたね。



「絶対的な力は、絶対に崩壊するものです」
「混沌」
「たぶん、彼は正しいことをしようとしてるだけなんだよ」
レックス・ルーサー?「今なら分かるだろう?悪魔は地獄から来るんじゃない」
「空から来る」
Baidu IME_2015-4-18_14-13-12
肩に「S」マークの着いた兵隊がスーパーマンを前にして頭を垂れています。彼らはスーパーマンを神と崇めているのかもしれませんね。
「今なら~」で始まる台詞は、声からしてジェシー・アイゼンバーグっぽいので悪役レックス・ルーサーのものである可能性が高いです。超能力を持たないルーサーなだけに、このように世論を操作してアンチ・スーパーマンの風潮を作り出す攻撃を仕掛けている?



「誰も彼の力をどう捉えていいのか、彼が何をするべきなのか、分からない」
Baidu IME_2015-4-18_14-13-32
スーパーマンが太陽を背にして浮かんでいる図。これは前作でも見たような構図なので特に感想はありませんね。ただし、スーパーマンを見上げて手を伸ばしている人物が誰なのかは気になります。


民衆「帰れ!帰れ!帰れ!」
Baidu IME_2015-4-18_14-13-51
スーパーマンの像に“偽りの神”という字が書かれています。
賛否の分かれるスーパーマンの評価は、どちらかというと否定的な意見が目立つようになるみたいです。




アルフレッド?「熱狂、憤怒、無力―それらは善人を残酷に変える」
Baidu IME_2015-4-18_14-14-10
ベン・アフレック演じるブルース・ウェインがバットスーツを見つめています。ゴツめのデザインですね。
台詞を言っているのは、予想ですがバットマンことブルースの執事アルフレッド・ペニーワースかもしれません。



Baidu IME_2015-4-18_14-14-56
地下の広場らしき場所を探索しているバットマン。
左側の柱には「?」マークが落書きされているのが確認できます。これはバットマンの悪役として有名な謎かけ怪人“リドラー”をイメージさせますね。リドラー本人は本作には登場しませんが、このように小ネタとして存在が示されるのでしょうね。


Baidu IME_2015-4-18_14-15-15
バットウィングとバットモービル。本作でもバットマンはハイテクなガジェットを取り揃えているようです。


Baidu IME_2015-4-18_14-16-23
バットマン。
画面が暗いので全体像は掴めませんが、すでに公開済みの写真などと合わせると大体のコスチュームデザインが把握できると思います。どうやらグレーのピッタリした全身スーツの上から黒のマスク、マント、ベルト、グローブ、ブーツを身に着けるようです。
画像下のバットマンはよく見ると右手に狙撃銃を持っていることが分かります。彼は対人用の武器としては銃を使わない主義なので少々意外ですね。



Baidu IME_2015-4-18_14-17-12
こちらは“対スーパーマン用”バットアーマーとも言うべき衣装を着たバットマンです。どういう機能を持っているのかは分かりませんが、体格がかなり大型なのでパワーには期待できそうです。



「お前も血を流すのか?…流すだろうな」
Baidu IME_2015-4-18_14-18-15
バットマンの挑発的な発言。
前作のスーパーマンはゾッド将軍の宇宙船内の大気に適応できずに吐血するシーンがあっただけで、戦闘では血は流さなかったはずです。つまりスーパーマンに傷を負わせるのはかなり困難なわけですが、バットマンにはなんらかの秘策があるようです。




…以上で今回の予告編分析は終了です。
予告編のトーンとしては暗めで、ちょっと先行きが不安になるような気もしますが、バットマンとスーパーマンの映画での初共演という事で期待値は高いです。
今後の情報が気になりますね。


以下は公式によるスチル写真、ポスターなどです。


B-BaI0uCYAE1KX3.jpg
ワンダーウーマン、スーパーマン、バットマン

lex-luthor.jpg
悪役レックス・ルーサー

B-RAWTjCcAAF81b.jpg
敵か味方か。アクアマン

CDFWkrwVAAAJcmB.jpg
バットスーツ格納庫

cc_lachumaawahc-jpg-large.jpg
ポスター:スーパーマン

cc_lkurvaaalgmm-jpg-large.jpg
ポスター:バットマン



スポンサーサイト

「アントマン」第二弾予告編分析


アントマン第二弾予告編分析



前回の記事更新から一ヶ月以上が経ってしまい、申し訳ありませんでした。
今回は映画「アントマン」の第二弾予告編分析です。

詳しいことは第一弾に書きましたが、今回も一応簡単な概要説明を。


【概要】

・全米公開7月17日
・日本公開は9月19日(土)に決定。
・「アベンジャーズ」などで知られるMCUマーベル・シネマティック・ユニバース作品で、フェーズ2のラスト作。
・ペイトン・リード監督

さらに詳しい概要については第一弾で。


それではさっそく本題に入ります。

※この分析が一種のネタバレになる可能性もあるので、過度に気にする方はご注意を。



【予告編】




【分析】


ダーレン・クロス「想像してみてください、虫ほどのサイズの兵士を。究極の秘密兵器です」
Baidu IME_2015-4-19_15-1-15
悪役のダーレン・クロス。どうやら彼はピム博士の技術と会社を奪い、軍事目的に悪用しようとしているみたいです。
ピム粒子によって縮小化した人間は、サイズが小さくても通常サイズ時と同じ腕力・体力などが使えるため、やりようによっては強力な兵隊を作り出せるわけです。
ちなみにクロスはコミックにも悪役として登場しますが、あんまりよく知らないので近いうちにちゃんと調べたいと思います。



ハンク・ピム「もし神のごときあの力を皆に与えれば、混沌と化すぞ」
ホープ・ヴァン・ダイン「奴をどうやって止めるの?」
ピム「ある男を知っている」
Baidu IME_2015-4-19_15-3-0
ホープ・ヴァン・ダインとハンク・ピム博士。2人は親子なのでしょうか?コミックとは設定が異なるのでよく分かりませんが、仲間なのは確かですね。



ピム「スコット、私は長らく君を監視していた。君は他とは異なる。誰にでも贖罪の機会があるべきさ、だろう?」
Baidu IME_2015-4-19_15-3-50



スコット・ラング「確かに。泥棒をするのはもう終わりにしました。んで、何をすればいいんです?」
ピム「泥棒をしてほしいんだ」
スコット「なるほどね」
Baidu IME_2015-4-19_15-4-50
泥棒を辞めた、と言っているのに泥棒を依頼するという(笑)
この映画はこういう“抜けた”やり取りがあるので楽しいですね。



ピム「ヒーローになる準備はいいか?」
ホープ「スーツには“力”があるわ」「それの使い方を学べば、大きな味方になるはずよ」
Baidu IME_2015-4-19_15-6-14
アリを操ってコインを回転させています。
アントマンのスーツには、アリと交信する機能があるのです。



スコット「いやぁ可愛いもんだ」
Baidu IME_2015-4-19_15-10-13
映画「ミクロキッズ」的な。



ホープ「あなたが縮小してる間、超人的な強さを発揮できるわ。弾丸みたいに」
Baidu IME_2015-4-19_15-11-19
背負い投げ。



ホープ「パンチのやり方を覚えないとね」
ラング「教えてくれるの?じゃあやって見せ―」(顔を殴られる)
ホープ「こうよ」
Baidu IME_2015-4-19_15-12-33
コミカルなシーンが良いです。



クロス「俺からスーツを隠そうとしたな?そいつが今、お前に大恥をかかせようとしてるのさ!」
Baidu IME_2015-4-19_15-15-2
イエロージャケットのエネルギー体?



クロス「そしてお前の守りたいものを破壊してやる」
Baidu IME_2015-4-19_15-15-40
かなり攻撃的なデザインの悪役、イエロージャケット。
コミックでのイエロージャケットはピム博士が精神分裂を起こした影響で生まれた攻撃的な別人格で、その人格のままピムがヒーロー活動をしていた時の名前です。
映画でのピムは精神的にマトモみたいなので、ダーレン・クロスが変身するキャラとして独立した悪役に設定変更されています。
映画版では縮小化の他にレーザー光線を放つ能力も持っているようですね。



クロス「この未来を止められると思っているのか?お前はただの泥棒だ!」
Baidu IME_2015-4-19_15-18-51
アントマンがアリの大群と一緒に下水道?を流れています。
実際に、ある種のアリは多数の個体が身体を寄り合わせてイカダのような状態になり水面を移動することができるとTV番組で見たことがあります。これはアントマンが指令を出してそのようなアリの技を利用しているのかもしれませんね。



スコット「いや、俺はアントマンだ」
クロス「…」
スコット「…言いたいことは分かるって。でも俺が考えた名前じゃないんだよ」
Baidu IME_2015-4-19_15-19-38
第一弾の時もアントマンという名前に文句があったようですが、今回も自虐ネタとして使っていますね。



Baidu IME_2015-4-19_15-20-44
子供部屋?で縮小化しつつイエロージャケットと戦うアントマン。イエロージャケットはレーザー攻撃ができるので遠距離タイプですが、アントマンはもっぱら接近戦タイプなので分が悪そうですね。



Baidu IME_2015-4-19_15-22-17
迫り来るきかんしゃトーマス!
と言ってもオモチャなので、イエロージャケットを轢いても逆に脱線してしまうだけというオチ(笑)



Baidu IME_2015-4-19_15-23-38
アントマンが怪力、というか身体のサイズが小さいだけで腕力は通常時と同じかそれ以上なので、オモチャの車両を持ち上げてイエロージャケットに投げつけます。




…以上で今回の予告編分析は終わりです。
第一弾より期待値の上がる内容だったと思います。
日本公開は9月なのでアメリカより2ヶ月も遅いですが、まぁいつものことなので仕方ないですね。




しばらく更新が滞っていましたが、「Batman V Superman:Dawn of Justice」の第一弾予告編が公開されたこともあって、これからなるべく多くの記事を投稿していきたいと思います。

そういえば映画「デッドプール」、Netflixドラマ「ジェシカ・ジョーンズ」の撮影が始まっていて、撮影現場写真がネットで見られますね。デッドプールに関してはコミックそのままのコスチュームデザインなので期待大です。近いうちに特集記事を書いてもいいかな、と思っています。

あと、「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」が日本以外の国では来週くらいから公開で、海外サイトではかなりの盛り上がりを見せていますね。ネタバレ等が流れてくる時期ですが、上手く避けながら7月の公開まで楽しみに待とうと思っています。

最後に、アメコミとはあまり関係ない(コミック化されたものはマーベルコミックから刊行されている)ですが「スターウォーズ:フォースの覚醒」の予告編第二弾が公開されましたね。ハン・ソロの再登場はやはり嬉しいですし、おそらく悪役の新キャラ:カイロ・レンがカッコ良さそうで期待大です。年末の公開が待ち遠しいです。


次回の記事はBvSの第一弾予告編分析の予定です。
それでは。


プロフィール

amecomimovienews

Author:amecomimovienews
アメコミ映画や、それに関連するアメコミ情報を発信するブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。