スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」鑑賞後の徹底解説:ネタバレ含む



d6gv.jpg


※この記事は映画「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」の鑑賞後の解説記事です。つまり、ネタバレしまくっています。
まだ本作を見ていない人は読まないことをオススメします。逆に、見た人は読んだ方が良いです。かなり詳しく書いているので色んな謎が解けると思いますし、知らなかった原作ネタを知ることもできると思います。

それでは、本作を見た人のみ、この後の解説記事をどうぞ…!



●ストーリーの核心部分と結末(この部分は読まなくてもいいです。映画のストーリーが分かりにくかった人が読めばいいと思います)

・実は、SHIELDには創設時からヒドラ(映画版ではレッドスカルがナチスから枝分かれさせた悪の組織)の残党が潜り込んでおり、現代に至るまで暗躍していた。現代ではいよいよヒドラが影でSHIELDの実権を握り、名目上は「悪が事件を起こす前にSHIELDがヘリキャリアーなどを使って殲滅する」という触れ込みの“インサイト計画”を画策する。
・その計画の悪意に気づいたニック・フューリー、キャップ、ブラックウィドウを葬るために暗躍するのがウィンターソルジャー。
・ウィンターソルジャーは戦時中、谷底に落ちて死亡扱いになっていたバッキー・バーンズをヒドラが救出し、改造を施した姿だった(現代も若いままなのは、任務が無いときは常に冷凍保存されていたため)。
・クライマックス、とうとうSHIELD内で正体を明かしたヒドラのメンバーが、ヘリキャリアーを3機起動させてリンクし、有無を言わせぬ虐殺によって完全な管理社会を作ろうという本当のインサイト計画を実行に移す。
・キャップやファルコンがヘリキャリアーのプログラムチップを3機とも替えることでなんとか計画を阻止。SHIELDのメンバーはヒドラ、また、ヒドラが潜伏して腐っていたSHIELDそのものを壊滅させるため、ヘリキャリアー同士を攻撃させ合い、両組織は壊滅する。
・映画の前半で死亡したフューリーは死を偽装していただけで実は生きており、ヒドラの黒幕アレキサンダー・ピアースを殺害する。
その後は自分の死を偽装し続けたまま、身分を捨てて新たなる平和への道を探すために影の活動を始める。
・キャップはヘリキャリアー内でウィンターソルジャーと戦うが、気を失ってヘリキャリアーから地上の川(海か?)に落ちてしまう。しかし、戦いの中で「自分たちは友達だった」というキャップの言葉によって失った記憶を取り戻しつつあったウィンターソルジャーは、川に落ちたキャップを救い出し、どこかに去っていった。




さて、ここからが本題です。


●エンドクレジット後の映像について
・2つ映像があった。

○まず一つ目。
どこかの怪しい場所。本編で壊滅したヒドラは組織の一部にしか過ぎず、ストラッカー率いるヒドラの母体が登場する。ストラッカーは「アベンジャーズ」でロキが宇宙人からもらった杖(槍)を所有しており、それを見て「我々は奇跡を起こした」と語る。人体実験の末、「奇跡の時代」なるものを作ったのだ。
・高速移動するクイックシルバー、ブロック状の物体を浮遊させるスカーレットウィッチが映し出される。2人は牢屋のような部屋に入れられている。
・ストラッカーのセリフから読みとると、人体実験によって2人に超能力を植え付けた模様。


◎原作設定によるキャラの紹介

○バロン・フォン・ストラッカー

Baron-Von-Strucker-Comic-Book.jpg

・原作では、ヒドラを結成した元ナチス党員(映画版ではヒドラを結成したのはレッドスカルになっているが、原作ではストラッカー)。
・レッドスカルと親交があった。
・戦後も生き残っており、老化を抑える薬品のおかげで現代でも比較的まだ若い(40~50歳くらいか?)。
・目的はヒドラによる世界征服。
・右手には「サタン・クロウ」という多機能ガントレットを付けている。
・身体には「デス・スポアー・ウイルス」を宿らせており、彼に触れた者はそのウイルスに感染して即死する。本人は耐性を持っているため、ウイルスの影響を受けない。
・もし彼が死ぬとデス・スポアー・ウィルスが飛散して、世界中にウイルスがばらまかれる、と言われている。

〇映画版では?
・詳しいことは不明だが、ヒドラのトップであることは間違いないだろう。
・サタン・クロウは確認できなかった。ウイルスについても同様。
・原作ではハゲだが、映画版では坊主頭。
・原作同様、右目にだけ視力矯正用レンズを付けている。
・「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年4月日本公開)にも登場が決定している。
・他は不明。
・演じているのはトーマス・クレッチマン。
・画像は、ネットで探せば盗撮されたと思われるものが見られる。しかし、盗撮疑惑のある画像をこのブログに貼るわけにはいかない。





○スカーレットウィッチ(原作設定)

scarletwitch.png

・本名ワンダ・マキシモフ。マグニートーの娘でクイックシルバーの双子の姉。ミュータントで、自分の都合の良いように確率を操作できる能力。
・生まれたときは既にマグニートーと母親が離別していたため、父親を知らなかった。しかしミュータント能力が発現してからは周りに差別され、最終的に偶然マグニートーの下についた(この時もお互い親子であることを知らなかった。判明するのはだいぶ後)。
・確率操作能力は次第に強力になり、現実改変まで行えるようになった。その強大なパワーのせいで精神が不安定となり、あり得ないはずのヴィジョン(ロボット)との子供を妊娠したり、ミュータントがマジョリティとなった「ハウス・オブ・M」世界を創り出したりした。
・暴走してアベンジャーズのメンバーを殺して解散させたり、ホークアイを短期間で二度殺したり、世界中のミュータントの能力を消失させたりもしたが、現在はアベンジャーズのメンバーとしてまともに頑張っているので、安心してほしい。
・はっきり言って無敵の能力だが、よく失敗する。最近は落ち着いてコントロールできるようになったが、それでも成功率は80%くらいである。


〇映画版では?

SWlfma.jpg
「アベンジャーズ2」の撮影現場に登場したスカーレットウィッチの画像。

・まず説明しないといけないのは、ロキの杖の先に付いている青く光る石。これはおそらくインフィニティ・ストーン。「マイティ・ソー:ダーク・ワールド」でもインフィニティ・ストーンのエーテルが出てきた。全部で6個ある。
・原作ではインフィニティ・ジェムと呼ばれている。名前はそれぞれあるが、映画版の物とは異なるので省略。6つ集めると超兵器インフィニティ・ガントレットが完成する。サノスが…いや、この辺にしておかないと脱線しすぎてしまう!
・で、映画版のスカーレットウィッチの話に戻ります。彼女(と後で紹介する弟のクイックシルバー)はおそらくこのインフィニティ・ストーンの力で人体実験を経て超能力を身に付けた模様。(※まだ公式発表ではない)
・映画版のスカーレットウィッチと弟のクイックシルバーは、本作では原作のようなミュータントではない設定。
なぜなら
〇アベンジャーズ系の映画はマーベルスタジオ
〇X-MEN系の映画は20世紀FOX
が権利を持っており、ミュータントという呼称はFOXのものだから。つまり、権利上アベンジャーズ系の映画にミュータントは出せないのだ。なので上記のような設定改変が必要になってくる。
・また、同じ理由でスカーレットウィッチとクイックシルバーはアベンジャーズ系の映画ではマグニートーの子供ではない。
・「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」に登場する。
・演じているのはエリザベス・オルセン。




○クイックシルバー(原作設定)

quicksilver.jpg

・本名ピエトロ・マキシモフ。マグニートーの息子、スカーレットウィッチの双子の弟。生い立ちは姉と同じ。ミュータントで、超高速移動が可能。
・性格は短気で嘘つき。しかもシスコンで、スカーレットウィッチを気にかけすぎて結果的に彼女の暴走を招いてしまうこともよくある。ハウス・オブ・M展開の後のM-デイでミュータント能力を無くしてしまうが、インヒューマンズの技術を勝手に使って能力を取り戻した。


〇映画版では?

QSatj
「アベンジャーズ2」の撮影現場に登場したクイックシルバーの画像。

・設定は姉のスカーレットウィッチのところで説明したものと一緒。
・ちなみに、映画版では「アベンジャーズ2」以外に「X-MEN:フューチャー&パスト」にも登場。しかし両作品のクイックシルバーは全くの別人。設定も俳優も違う。なぜならアベンジャーズとX-MENの映画は映画会社が異なるから。
・アベンジャーズ系映画で演じているのはアーロン・テイラー=ジョンソン。





〇2つ目のエンドクレジット後の映像について

・本編でスミソニアン博物館にキャプテン・アメリカとその仲間のハウリング・コマンドーを紹介した歴史コーナーがあったが、エンドクレジット後の映像ではウィンターソルジャーことバッキーが普段着を着てそこを訪れる。
・時系列的には本編のクライマックス後、キャップを助けてからどこかに去って数日経過した頃だろうか?
・博物館のそのコーナーで自分の顔と紹介文を発見し、キャップが戦闘中に訴えていた「本名はバッキー・バーンズ」という証拠を見る。
・彼の少し驚いた顔が映し出されて映像が終わる。
・記憶が戻ったかどうかは不明。
・続編に彼が登場するかどうかは分からないが、バッキー役のセバスチャン・スタンはあと7作品ものマーベル映画に出演契約をしている(本当)。




〇エンドクレジット後の映像については以上。






●本編に登場したキャラ紹介
(メインのキャラは別に紹介しなくても大丈夫なので、割愛)


○アレキサンダー・ピアース

ap3.jpg

・本作では、SHIELDと世界安全保障委員会を繋ぐ重役として登場した。
・実は彼もヒドラのメンバーであり、SHIELDに潜伏してインサイト計画を推し進め、(ヒドラによる)完全なる管理社会を作ろうと企んでいた。
・結局は形勢が逆転し、ニック・フューリーに撃ち殺された。死に間際に「ハイル、ヒドラ(ヒドラ万歳)」と言っていた。ヒドラメンバーのお決まりのフレーズである。(ヒドラはナチスから派生した組織であるため、ナチスの「ハイル、ヒトラー(ヒトラー万歳)」というフレーズをパクっているのだ。)
・演じたのは名優、ロバート・レッドフォード。
・原作から最も設定変更されたキャラ。原作では真面目なSHIELD隊員。全然偉い人ではなく、ニックの頼れる部下といった立ち位置。決してヒドラのメンバーではない。影が薄いので、コミックアーティストによってよく見た目が変わる。





○ブロック・ラムロウ

br1.jpg

・本作では、SHIELDの対テロ部隊STRIKE(原作には存在しない)の隊長。キャップとはチーム仲間。
・インサイト計画に異を唱えるキャップを拘束するため、他の隊員とともにエレベーター内でキャップに襲いかかる。隊員が全滅する中、ラムロウだけは最後までキャップと戦った。結局、エレベーターの天井に投げつけられて倒された。
・その後、実はヒドラのメンバーだと発覚し、殺戮ヘリキャリアーの起動を強行した。
・“ヒドラの意志を継ぐ者”としてクライマックスではファルコンことサム・ウィルソンと戦う。
・最終的に、サムと戦っていた建物トリスケリオンにヘリキャリアーが墜落したため、それに巻き込まれて重傷を負う。しかし、まだ生きているので担架に乗せられて病院に搬送された。
・原作ではレッドスカルの忠実な部下・傭兵。コードネームは“クロスボーンズ”。ドクロのマスクを被り、胸に骨がクロスしたマークがついた服を着ている。
・映画版では本名しか出てこなかったため、彼がクロスボーンズだと気づかなかった人も多いのでは?
・演じたのはフランク・グリロ。彼はやる気満々で、役をゲットしたとき大興奮していた。
彼いわく「『ウィンターソルジャー』はクロスボーンズのオリジン(誕生秘話)。」とのことで、今後の作品にも登場する可能性を示唆している。




○エージェント13

Baidu IME_2014-2-3_10-29-6

・本名、シャロン・カーター。SHIELDのエージェント。
・本作での出番はそれほど多くなかったが、今後のシリーズには大きく関わってくるハズなので、顔と名前は覚えておこう。
なぜなら名字から分かるとおり、ペギー・カーターの親戚であることは間違いないから。
・原作ではペギーの年の離れた妹。SHIELDのエージェント。エージェント番号が13番だからエージェント13。後にキャップと恋仲になる。
・映画版では原作と時代設定が異なる(原作でキャップが氷付けになっていたのは20年間、映画では70年間)ので、おそらくペギーの曾孫?かもしれない。(※公式設定は明らかになっていない)
・当然だが、ヒドラのメンバーではない。
・とにかく、顔と名前を覚えておこう!
・演じたのはエミリー・ヴァンキャンプ。





○アーニム・ゾラ

・前作「ザ・ファースト・アベンジャー」に引き続き登場。
・本作では戦後のSHIELD創設時からヒドラの残党として内部に潜り込み、悪の芽を植え付けていた。
・「ウィンターソルジャー」の時代、つまり現代ではすでに肉体を破棄し、膨大なデータとして機械の中に自分の意識を移し替えていた。古いSHIELDの地下本部でヒドラの暗躍について語り、キャップたちを驚かせた。
・結局、SHIELDに潜り込んでいるヒドラ隊員がキャップたちを消すために放った強力なミサイルで建物ごと破壊された。

・原作でも映画と同じく戦争中からヒドラ党員。戦後は自分の身体をサイボーグ化し、生き延びていた。その姿はほぼロボットであり、顔がついているところには顔がなく、代わりに腹の部分にあるモニターに顔が映っている。
・映画版でモニターに顔だけが出てくるのは、原作の設定をアレンジしたもの。
・原作ではSHIELDとの関わりは無い。
・映画でも言っていたが、ドイツ人ではなく、スイス人。原作でも同じ。




○ジョルジュ・バトロック

fdex.jpg

・本作ではテロリストとして登場。SHIELDの船を占拠して人質をとった。
駆けつけたキャップと戦闘になり、常人としては珍しく互角に戦った。結局キャップに倒されダウンしたが、意識を取り戻し手榴弾を投げてコンピュータールームを破壊した。その後は逮捕された。
・原作ではテロリストではなく、傭兵。金で雇われれば何でもするため悪行に携わることもあるが、あくまで仕事なので根は悪人ではない。
・蹴り技を主体とした格闘技ソバットの達人。原作ではキャップを何度か追い詰めた実力者。銃などの武器を一切使わないどころか、仲間に援護されると怒る。一騎打ちでキャップを倒すことにこだわっている。独特の信念を持ったキャラだ。
・悪人ではないので、利害が一致すればキャップと組むことも。ちなみにキャップを人間として尊敬している。
・映画、原作ともにフランス人という設定。映画版ではフランス語を話していた。
・映画版で演じていたのはガチの格闘家、ジョルジュ・サンピエール。
・今後の映画に登場するかどうかは不明。




○ジャスパー・シットウェル

js2.jpg

・SHIELDのメンバーで、捜査官。コールソンと同じような役割だと思われる。
・実はヒドラのメンバーで、SHIELDの影で暗躍していた。
・キャップやブラックウィドウ、ファルコンに尋問され、ヒドラの計画を喋ってしまった。その中の台詞に「インサイト計画の標的として“スティーブン・ストレンジ”も含まれている」とあった。
・スティーブン・ストレンジとは、原作ではヒーローで大魔術師のDr.ストレンジ。非常に強力なパワーを持っている。
今回、名前だけの登場だったが、後々映画化するための伏線だと考えられる。少なくともアベンジャーズ系映画の世界に彼が存在することは示されたわけだ。
・シットウェルは原作では金髪のSHIELD捜査官。ハゲではないし、ヒドラのメンバーでもない良い奴。
・映画版ではヒドラの計画を喋ってしまったためにウィンターソルジャーに高速道路上で襲撃され、殺されてしまった。




〇ジャック・ロリンズ

vlcsnap-46367.png

・本作では、STRIKEの隊員。
・実はヒドラのメンバーだった。
・原作では真っ当なSHIELD隊員。ヒドラとは一切関係ない。
・マイナーすぎるキャラだが、せっかく映画に登場したので紹介。





●その他、小ネタ集

・「アイアンマン2」で、トニー・スタークにアイアンマンスーツを政府に差し出すよう求めたスターン議員。彼は本作にも登場し、シットウェルとの会話で「ハイル、ヒドラ」と囁いたことでヒドラのメンバーだったことが判明する。
・SHIELDの基地ではエレベーターに人工知能のようなものが搭載されており、会話することで行きたい階を指示していた。トニー・スタークのAI技術を使っているのかもしれない。
・新型ヘリキャリアーにはトニー・スターク製のリパルサー・エンジンが搭載されている。トニーはかなり技術提供をしているらしい。
・クライマックス、起動したヘリキャリアーが対象を消し去るため、ロックオン画面が映るのだが、その中に“アベンジャーズ・マンション”がある。「アベンジャーズ」でスタークタワーが半壊し、STARKの“A”だけが残っていたが、あれはそのままにしているらしい。(原作でのアベンジャーズ・マンションとは、アベンジャー達が集う建物で、トニーがみんなに提供している)
・ほぼ全てのマーベル映画にカメオ出演しているスタン・リーは、今回はスミソニアン博物館のシーンに警備員役で登場。展示コスチュームが盗まれている(盗んだのはキャップ)のを見て「わしの首が飛ぶわい…」と言っていた。
・ちなみにスタンは多くのマーベルキャラを生み出したが、キャプテン・アメリカ誕生には関わっていない。




…以上。まだ何かあったら加筆する予定です。
それにしても面白かったですね、ウィンターソルジャー。


続編「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」は来年(2015年)4月25日に日本公開予定
また、キャップ単体の続編「キャプテン・アメリカ3」は2016年5月に全米公開決定!
主演はクリス・エヴァンス、監督は「ウィンターソルジャー」と同じルッソ兄弟が続投する事だけ決まっている。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。いつもツイート楽しみにしてます。映画館ではスターン議員とこで、クスッと笑ってしまいました。今年一番かな。ペギーさんとの再会でボロボロ泣けてきて字幕読めませんでした。ま、もう一回観にいきますけど。GW大変だあー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素敵な解説ありがとうございます。アクションもドラマも前作より何倍もパワーアップした良い作品でしたね。
アメージング・スパイダーマン2の徹底解説も期待しています。これからも頑張ってください!

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
確かにペギーとの再会は良いシーンでしたね。

Re: No title

ナカテンさん、コメントありがとうございます。
スタン・リーは主に60年代に誕生したキャラの制作に携わっており、41年に誕生したキャップには関わっていないのです。

Re: タイトルなし

53bitさん、コメントありがとうございます。
「ウィンターソルジャー」はアベンジャーズ系映画の中でも最も完成度の高い作品だと思います。
「アメスパ2」の解説記事も書きます。記事の公開は今度の土日になると思います。

今日観てきました!あの時の興奮が今でも忘れられない!最後のワンダとピエトロのシーンが今でも忘れられん。というか怖え

少し疑問があります。
あの事件の後、SHIELDの職員はどうなったんでしょうか?

なぜヒルはスターク・インダストリーズに?

お疲れ様です!

素晴らしい説明で、色々と助かります!
大変なご苦労だったでしょうね…

私は、シットウェルがキャップの闘いの凄さに、管制室で目を見張るシーンが好きですね〜

さて、3回目を見るかBDを待つか。
こちらは入りが悪いので、公開終了が早まりそうです。

No title

解説お疲れ様です。
自分はまだ見てないのですがもはや我慢の限界で見てしましました
アレキサンダーが怪しいのは踏んでたのですがまさかスターン議員にジャスパーまでもがヒドラの一員とはw

話は変わるんですがアメスパ2でのスタンリーの登場シーンってタクシーが目の前に迫ってくるときにいる老人ですかねww

とても参考になります!キャップとブラックウィドウの関係がどうなったかの考察を聞きたいです。
そういえば、バッキーが博物館に現れたシーンでは、マネキンに、キャプテンアメリカの衣装の代わりに警備員さんの服が着せられていた気がしたのですが気のせいだったでしょうかね。

解説ありがとうございました!
とてもわかりやすいです!!

質問ですが、どうしてヒドラにロキの杖が渡っていたんでしょうか?
やはりシールドが回収したものをヒドラの
スパイが持ち出したんでしょうか?

Re: お疲れ様です!

EIJIさん、コメントありがとうございます。
確かに本作は公開終了が早くなりそうなので、映画館で何度も観るには短期戦になると思います。

Re: No title

悠介さん、コメントありがとうございます。
まだ映画は未見でしたか。これ読んでから観に行くのもありですね。

> 話は変わるんですがアメスパ2でのスタンリーの登場シーンってタクシーが目の前に迫ってくるときにいる老人ですかねww
これは「アメスパ2」の解説記事にてちゃんと書こうと思っています。簡単に言うと、スタンが登場したのは高校の卒業式のシーンです。

Re: タイトルなし

ゆ さん、コメントありがとうございます。

> 質問ですが、どうしてヒドラにロキの杖が渡っていたんでしょうか?
> やはりシールドが回収したものをヒドラの
> スパイが持ち出したんでしょうか?
・これは、今回の映像だけでは判明しませんでした。
おそらくSHIELDからヒドラの連中が盗み出したというのが自然だと思いますが、今後の映画でちゃんと説明されるかもしれませんね。

ストラッカーの右手

今日は3Dの字幕で見ました。
右手にサタン・クロウはなく普通の手でした。

もし分かればですが

解説ありがとうございます。じっくり読ませていただきました。

見に行った友人と話していてうまく納得できなかった部分がありまして、
ブラックウィドウが船で奪ってきた情報の入ったUSBメモリをフューリーが見ようとしたシーンのことです。

ファイルにプロテクトが掛かっていて自分の権限で解除しようとしたが解除できず、、
最後にフューリーのフルネームが出てきてピアーズに会いに行く、という流れだったと思いますが、
あの名前はプロテクトを掛けた人間の名前として表示され、フューリーに覚えがなく且つ自分の権限で解除できないことを不審に思いピアーズにインサイト計画の延期を頼みに行った、と見ている最中は解釈しました。

しかし、考えてみると覚えがないとはいえ自分の名前(権限)で掛けられたプロテクトを解除できない、というのも妙な話ですし、短いシーンで字幕も最低限だったためうまく納得できません。

あれはフューリーの権限ではプロテクトを解除できない、以上の意味はないんでしょうか?

No title

見てきました!アベンジャーズメンバー単作の映画では1番好きかもしれません。バトロックって常人なんですねw見たときは血清打ってるなと思うくらい強かったです。
続編はバッキーと関係を戻して共闘してほしいです。

Re: ストラッカーの右手

halさん、コメントありがとうございます。
そうでしたか。サタンクロウは無しということですね。情報ありがとうございました。

Re: もし分かればですが

鷺宮さん、コメントありがとうございます。
確かにおっしゃるとおり、変な感じがしますね。フューリー名義ならプロテクトの解除はできるはずですが…。
しかし、予想になりますが、ピアースは自分の名前を使わずフューリー名義にすることによって、もしインサイト計画の真の目的が誰かに怪しまれたとしても、「フューリーが隠し事をしている」と思わせようとしていたのでは?つまり、フューリーに濡れ衣を着せようとしていた、と。
結局、フューリー本人に気付かれてしまったため、ピアースはどうしようもなくなってウィンターソルジャーなどを使って暗殺しようとしたのではないでしょうか。

Re: No title

hyroroさん、コメントありがとうございます。
バトロックは常人なのです。人工的なものを嫌う、“本物の”戦士です。
そうですね、続編ではキャップとバッキーが仲間になってほしいです。

No title

ブロック・ラムロウ(クロスボーンズ)が一番カッコよかったです!!お気に入りのキャラクターです。ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)も良かったです!!最後は、キャップ(ロジャース)を助けたので、次出てきたときには、キャップの味方になっているのかも、しれないですね♪ブラック・ウィドウ(ナターシャ)もカッコよかったです!アベンジャーズの唯一のヒロインですよね!そしてまた、ブロック・ラムロウが病院にて、生きてて、うれしかったです!!今後のラムロウの活躍が見たいです。

Re: No title

> ブロック・ラムロウ(クロスボーンズ)が一番カッコよかったです!!お気に入りのキャラクターです。ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)も良かったです!!最後は、キャップ(ロジャース)を助けたので、次出てきたときには、キャップの味方になっているのかも、しれないですね♪ブラック・ウィドウ(ナターシャ)もカッコよかったです!アベンジャーズの唯一のヒロインですよね!そしてまた、ブロック・ラムロウが病院にて、生きてて、うれしかったです!!今後のラムロウの活躍が見たいです。


コメントありがとうございます。
ブロック・ラムロウ、今後も登場する可能性大ですので楽しみですね。

No title

ジョルジュ・バトロック、及び、ジャック・ロリンズは、今後も再登場するのでしょうか。気になります。どちらも死んではいないと思うので。特に、バトロックは、強いので、キャップと互角に戦って、その後は、逮捕されましたが、今後、再登場するなら、脱獄したりして、キャップとまた戦ってくれるのかなと思っています。この二人に関してどう思いますか?

No title

コメント返答ありがとうございます。

腑に落ちました。

フューリー自身の名前で掛けられたパスワードを自分の権限では解除できない。

長官権限で解除できない更に上位の権限を設定できる存在(敵)がSHIELD内にいることを確信する。

という流れもありかな、と思います。
が、いかんせんそこまで読み取れるほど時間のあるシーンでないので。

Re: No title

> ジョルジュ・バトロック、及び、ジャック・ロリンズは、今後も再登場するのでしょうか。気になります。どちらも死んではいないと思うので。特に、バトロックは、強いので、キャップと互角に戦って、その後は、逮捕されましたが、今後、再登場するなら、脱獄したりして、キャップとまた戦ってくれるのかなと思っています。この二人に関してどう思いますか?

バトロックは、再登場する可能性があると思います。なぜなら、原作では倒されては戻ってきて何度もキャプテンと戦い続けている人なので(笑)
ジャック・ロリンズは原作でも今回の映画でも扱いが小さかったので、どうでしょうねぇ…

No title

『スカーレット・ヨハンソン』演じる「ブラック・ウィドウ」凄くカッコいいですよね♪「アイアンマン2」、「アベンジャーズ」、そして、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に出演してましたが、どの作品でも、ブラック・ウィドウことスカーレットさんは、カッコよすぎですね!!また、「アベンジャーズ2」では、どういう活躍してくれるのでしょうか。楽しみで、期待してます。

Re: No title

> 『スカーレット・ヨハンソン』演じる「ブラック・ウィドウ」凄くカッコいいですよね♪「アイアンマン2」、「アベンジャーズ」、そして、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に出演してましたが、どの作品でも、ブラック・ウィドウことスカーレットさんは、カッコよすぎですね!!また、「アベンジャーズ2」では、どういう活躍してくれるのでしょうか。楽しみで、期待してます。


そうですね。現在スカーレットさんは妊娠しているので、「アベンジャーズ2」ではスタントマンの女優の出演シーンが多くなってしまうみたいです。しかし、産後に追加撮影でスカーレットさんの出演シーンを増やす可能性もあるので、あんまり気にしないでいいと思います。

No title

初めまして。
とても細かく深い解説の記事にビックリしつつ、楽しく読ませて頂きました。
この記事を読んだら、もう一度劇場でWSを見に行きたくなったのですが、もう都内では終了しちゃってるんですね…
むぅ…ブルーレイまで我慢するしかないですね(>_<)
X-MENはまだ観に行ってないので、鑑賞後に徹底解説の記事を楽しく読ませて頂きます。
今後の記事も楽しみにしてます。

あと勝手にリンクを貼らせて頂きましたm(_ _)m

No title

『ジャスパー・シットウェル』のセリフで、「スティーブン・ストレンジは、ドクター・ストレンジ」の本名ですか!?ということは、魔術師のあのヒーロー「Dr.ストレンジ」も、「アベンジャーズ3」には、参戦してくれるのでしょうか。アベンジャーズ2には、さすがに無理があると思いますので。

No title

映画「マイティ・ソー3」と「Dr.ストレンジ」が公開するとしたら、気長に待っても、【アベンジャーズ2】の後で『2016年』頃になるのでしょうか。公開が楽しみです。

Re: No title

ぬいきちさん、コメントありがとうございます。
そうですね、WSのブルーレイはアメリカでは9月9日発売だそうですので、公開時期が日本より10日程度早かっただけだったことを考えると、日本でもブルーレイは9月中に発売されそうな気がします。それまで我慢ですね(笑)

リンクについてですが、特に申請などはいらないのでご自由に。

Re: No title

> 『ジャスパー・シットウェル』のセリフで、「スティーブン・ストレンジは、ドクター・ストレンジ」の本名ですか!?ということは、魔術師のあのヒーロー「Dr.ストレンジ」も、「アベンジャーズ3」には、参戦してくれるのでしょうか。アベンジャーズ2には、さすがに無理があると思いますので。


コメントありがとうございます。
「アベンジャーズ2」「アベンジャーズ3」にDr.ストレンジが登場するかどうかは分かりませんが、彼の単体映画の企画があるそうです。正式決定ではないですが監督候補も挙がっているとか。続報が楽しみですね。

Re: No title

> 映画「マイティ・ソー3」と「Dr.ストレンジ」が公開するとしたら、気長に待っても、【アベンジャーズ2】の後で『2016年』頃になるのでしょうか。公開が楽しみです。


コメントありがとうございます。
そうですね、やるとすれば2016~2017年くらいの公開になりそうです。

No title

「ブロック・ラムロウ」の今後についてですが、また[キャップ]の敵として出るのでしょうか。自分的には、「アレクサンダー・ピアース」が死亡したので、もしかしら[キャップと味方になって、「アベンジャーズ」の仲間に加わることは、ないでしょうか]。今回の映画での最初あたりは、[キャップ]のチーム仲間だったので。でも、「ジョルジュ・バトロック」と手を組んで、敵(クロスボーンズ)になる可能性が、大だと思いますけどね。

No title

「ブレイド」、「デアデビル」、「ゴーストライダー」は、映画化権利がもう、『マーベル・スタジオ』に戻ったというのは、本当ですか!?じゃあ、ニ(コラス・ケイジVER) の「ゴーストライダー」は、見れない確率が高いということでしょうか。

No title

「パニッシャー」は、三度も映画化されていますが、この映画も、『マーベル・スタジオ』に戻ったのでしょうか?映画「パニッシャー」が、また(リブート)されたとしたら、誰が演じると思いますか!?自分的には、「ジャン=クロード・ヴァン・ダム」とか「トム・ハーディ」、「スコット・アドキンス」などに演じてほしいです。「パニッシャー」は、すごくカッコよくて、アメコミヒーローの中でも、一番お気に入りです。早く、映画版の「パニッシャー」が見たいです!!

No title

「Dr.ストレンジ」が、映画化したら、誰が演じるかな。私的には、「ベネディクト・カンバーバッチ」とか、「リーアム・ニーソン」などが、いいです!!公開は、まだまだ先だと思いますが、楽しみで期待してます。

No title

今回の映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に『ジェレミー・レナー演じる、ホークアイ』が出なかったのは、なぜですか!?もしかして、「ジェレミーさん」のスケジュール関係とか?他にあるとしたら、「キャップ」と「ブラック・ウィドウ」以外の、「フューリー長官、エージェント13(シャロン・カーター)など、キャラが多いからでしょうか。

No title

「ブラック・ウィドウ」と「ホークアイ」の二人の【単独映画】は、いつかしら、制作されるのでしょうか。自分的には、二人にもっと活躍してほしいです。この二人に関して、どう思いますか!?

Re: No title

> 「ブロック・ラムロウ」の今後についてですが、また[キャップ]の敵として出るのでしょうか。自分的には、「アレクサンダー・ピアース」が死亡したので、もしかしら[キャップと味方になって、「アベンジャーズ」の仲間に加わることは、ないでしょうか]。今回の映画での最初あたりは、[キャップ]のチーム仲間だったので。でも、「ジョルジュ・バトロック」と手を組んで、敵(クロスボーンズ)になる可能性が、大だと思いますけどね。


私は、ラムロウは続編でクロスボーンズとなって敵になると思います。
バトロックは原作では基本的に大物ヴィランと手を組まないので、クロスボーンズとのチームアップはなさそうですね。

Re: No title

> 「Dr.ストレンジ」が、映画化したら、誰が演じるかな。私的には、「ベネディクト・カンバーバッチ」とか、「リーアム・ニーソン」などが、いいです!!公開は、まだまだ先だと思いますが、楽しみで期待してます。


今のところ、ジャレッド・レトが候補に挙がっているそうです。決定ではありませんが。

Re: No title

> 今回の映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に『ジェレミー・レナー演じる、ホークアイ』が出なかったのは、なぜですか!?もしかして、「ジェレミーさん」のスケジュール関係とか?他にあるとしたら、「キャップ」と「ブラック・ウィドウ」以外の、「フューリー長官、エージェント13(シャロン・カーター)など、キャラが多いからでしょうか。


おそらく、その通りです。
あれだけの密度の濃い作品の中にホークアイが出てきてしまうと、飽和状態になるので本作に登場させるのは止めたのでしょう。

Re: No title

> 「ブラック・ウィドウ」と「ホークアイ」の二人の【単独映画】は、いつかしら、制作されるのでしょうか。自分的には、二人にもっと活躍してほしいです。この二人に関して、どう思いますか!?


ブラックウィドウの方は企画はあるそうですが、具体的な発表はありません。マーベルスタジオの作品は年に2本しか製作・公開しないため、ブラックウィドウやホークアイ単独映画が入るスケジュールの空きは無さそうです。

No title

『フランク・グリロ』演じる「クロスボーンズ(ブラック・ラムロウ)」は、映画:「キャプテン・アメリカ3」には、出ると思いますが、「アベンジャーズ2」には、再登場してくれるのでしょうか。

No title

『』演じる「ジョルジュ・バトロック(バトロック・ザ・リーパー)」についてですが、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」では、序盤あたりで、活躍してくれて良かったのですが、今回出た【ヴィラン(敵キャラ)】の中で、出番が少なかった方ですよね。自分的には、終盤くらいに、「ウィンター・ソルジャー」たちに、脱獄をして、また【キャップ】と戦ってほしかったです。要するに、自分は、彼(バトロック)が好きで、また再登場したらいいなと思っています。「キャプテン・アメリカ3」には、出てくる確率は、高いと思いますが、「アベンジャーズ2」に、登場してくれるんでしょうか。

No title

『ジョルジュ・サンピエール』演じる「ジョルジュ・バトロック(バトロック・ザ・リーパー)」についてですが、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」では、序盤あたりで、活躍してくれて良かったのですが、今回出た【ヴィラン(敵キャラ)】の中で、出番が少なかった方ですよね。自分的には、終盤くらいに、「ウィンター・ソルジャー」たちに、脱獄をして、また【キャップ】と戦ってほしかったです。要するに、自分は、彼(バトロック)が好きで、また再登場したらいいなと思っています。「キャプテン・アメリカ3」には、出てくる確率は、高いと思いますが、「アベンジャーズ2」に、登場してくれるんでしょうか。

No title

『トビー・ジョーンズ』が演じた「アーニム・ゾラ」は、もうあれ(ミサイルで、コンピュ―タが破壊された)で出番は終わりなのでしょうか。また、サイボーグ化した「ゾラ」を映画では、見れないですよね。

Re: No title

> 『』演じる「ジョルジュ・バトロック(バトロック・ザ・リーパー)」についてですが、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」では、序盤あたりで、活躍してくれて良かったのですが、今回出た【ヴィラン(敵キャラ)】の中で、出番が少なかった方ですよね。自分的には、終盤くらいに、「ウィンター・ソルジャー」たちに、脱獄をして、また【キャップ】と戦ってほしかったです。要するに、自分は、彼(バトロック)が好きで、また再登場したらいいなと思っています。「キャプテン・アメリカ3」には、出てくる確率は、高いと思いますが、「アベンジャーズ2」に、登場してくれるんでしょうか。

> 『フランク・グリロ』演じる「クロスボーンズ(ブラック・ラムロウ)」は、映画:「キャプテン・アメリカ3」には、出ると思いますが、「アベンジャーズ2」には、再登場してくれるのでしょうか。



「アベンジャーズ2」に登場するキャラクターは以下の通りです。

キャプテン・アメリカ
アイアンマン
ソー
ハルク
ブラックウィドウ
ホークアイ
ローディ
ニック・フューリー
マリア・ヒル

スカーレットウィッチ
クイックシルバー
ウルトロン
バロン・ストラッカー
ヴィジョン

Re: No title

> 『トビー・ジョーンズ』が演じた「アーニム・ゾラ」は、もうあれ(ミサイルで、コンピュ―タが破壊された)で出番は終わりなのでしょうか。また、サイボーグ化した「ゾラ」を映画では、見れないですよね。


どうやらそのようですね。映画ではなるべく現実的なキャラ描写にするためか、サイボーグ状態は描かずにデジタル生命体という解釈にしていましたね。
膨大なデータをテープに保管することでゾラは生き延びていましたが、それを破壊されてしまったので死亡したと思います。

No title

この映画を見て、思ったのですが、「ブロック・ラムロウ」と「クロスボーンズ」は、同一人物ですか!?それなら、クロスボーンズの本名が、ブロック・ラムロウということですか!?

Re: No title

> この映画を見て、思ったのですが、「ブロック・ラムロウ」と「クロスボーンズ」は、同一人物ですか!?それなら、クロスボーンズの本名が、ブロック・ラムロウということですか!?


コメントありがとうございます。
その通りです。ブロック・ラムロウとクロスボーンズは同一人物です。クロスボーンズの本名がブロック・ラムロウです。
ただしこれは原作コミックでの設定で、今回の映画ではまだラムロウはクロスボーンズを名乗っていません。

No title

アイアンマン3に出てた、ガイ・ピアース演じる「アルドリッチ・キリアン」は、最期、ペッパー・ポッツによって、倒されて完全に死亡しましたよね。でも、彼は、すごく強いと思ってます。因みに、キリアンは、自分のお気に入りのキャラです。

No title

アイアンマン3に出てた、ガイ・ピア―ス演じる「アルドリッチ・キリアン」は、最期、ペッパーポッツによって、倒されて完全に死亡しましたよね。彼、キリアンは、自分のお気に入りのキャラで、強くて好きです。

No title

テレビドラマ、「エージェント・オブ・シールド」のシーズン、第一話を、【キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー】のDVDで見ましたが、フィル・コールソンは、生きていたんですね。見たとき、びっくりしました。このTVドラマ、とても面白かったです。続きを早く見てみたいです。あと、この他に、マーベルのテレビドラマは、あると思いますか!?

Re: No title

> テレビドラマ、「エージェント・オブ・シールド」のシーズン、第一話を、【キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー】のDVDで見ましたが、フィル・コールソンは、生きていたんですね。見たとき、びっくりしました。このTVドラマ、とても面白かったです。続きを早く見てみたいです。あと、この他に、マーベルのテレビドラマは、あると思いますか!?


コメントありがとうございます。
はい、コールソンは生きています。
「エージェント・オブ・シールド」はアメリカではシーズン1全話が放送済みで、シーズン2の放送が控えています。
日本で見られるのはアメリカより遅く、秋にやっとシーズン1のDVDが発売予定です。

マーベルのTVドラマは

エージェント・カーター
デアデビル
ルーク・ケイジ
アイアンフィスト
ジェシカ・ジョーンズ

の企画があります。
詳しくはいずれ紹介記事を書きます。

No title

ジャスパー・シットウェルは、最後、ウィンター・ソルジャーに投げられて、その後は、車に引かれて死亡しましたよね!?よく見ても、分からなかったのですが。

No title

ジョルジュ・バトロックについてですが、彼の名前は、バトロック・ザ・リーパーじゃないんですか!?それとも、どっちかが、本名で片方が、コードネームということですよね。

No title

レッドスカルは、今後、再登場する可能性はあると思いますか!?前作、ファースト・アベンジャーで、最期、死んだというより、どこかへ消えたと思いますけどね。彼は、今の所、生死不明です。

Re: No title

> ジャスパー・シットウェルは、最後、ウィンター・ソルジャーに投げられて、その後は、車に引かれて死亡しましたよね!?よく見ても、分からなかったのですが。


コメントありがとうございます。
その通りです。彼は車(トラック)に轢かれて死んでしまいました。

Re: No title

> ジョルジュ・バトロックについてですが、彼の名前は、バトロック・ザ・リーパーじゃないんですか!?それとも、どっちかが、本名で片方が、コードネームということですよね。


解説記事に書いていなくてすみません。
おっしゃる通り、ジョルジュ・バトロックが本名で、傭兵として活動しているときのコードネームがバトロック・ザ・リーパーです。
ちなみに映画ではバトロック・ザ・リーパーと呼ばれていない&名乗っていないです。
ご指摘ありがとうございました。

Re: No title

> レッドスカルは、今後、再登場する可能性はあると思いますか!?前作、ファースト・アベンジャーで、最期、死んだというより、どこかへ消えたと思いますけどね。彼は、今の所、生死不明です。


はい、サンディエゴ・コミコン2014と呼ばれるイベントに伴って、マーベルの関係者が「レッドスカルは映画に再登場する。具体的なタイミングはいつになるか分からない」と発言しているので、再登場の可能性はかなり高いです。
おっしゃる通り、レッドスカルは明確な死の描写がないので生き返らせやすいと思います。
また、原作コミックでも死んでは生き返り…と数十年にわたって暗躍しています。

No title

すいません、1年以上前の記事にこんなことを言うのもなんですが一つだけ
STRIKEは原作にも存在しますよ
S.T.R.I.K.EはアルティメットユニバースのS.H.I.E.L.Dヨーロッパ支部の名称として登場します
パンフを見るかぎり、S.T.R.I.K.Eとピリオドを打つのが正式名称のようですので
偶然でなくアルティメットから引っ張ってきたのかと思います

Hail HYDRA!

STRIKEチームかっこいい!特にジャック!
(ちょっと質問なんですが…
『THE AVENGERS』の最初、ブラックウィドウのシーンでコールソンが見ていたパソコン(ブダペストが映ってる)にナタリアとバートンの情報があって、上にSTRIKEと文字があったんですが彼らもチームに入ってるんですか?キャップも。英語で文字がいっぱい書いてあってよく分からないです……

Re: Hail HYDRA!

Falcon WarMachineさん、コメントありがとうございます。
確かに、「アベンジャーズ」の映像ではブラックウィドウとホークアイがSTRIKE TEAM DELTAに所属しているというデータが映し出されていましたね。彼らがSHIELDのエージェントであることを踏まえると、二人とも以前からSTRIKEチームに入っていたということにまりますね。ただし、STRIKEの中の“DELTA”という部隊のようで、おそらく より難易度の高いミッション専門チームなのかもしれませんね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

amecomimovienews

Author:amecomimovienews
アメコミ映画や、それに関連するアメコミ情報を発信するブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。