「X-MEN:フューチャー&パスト」鑑賞後の徹底解説:ネタバレ含む

1501299_489369147829565_2925785824288105604_o.jpg


※この記事は映画「X-MEN:フューチャー&パスト」の鑑賞後の解説記事です。つまり、ネタバレしまくっています。まだ本作を見ていない人は、読まないことをオススメします。
逆に鑑賞済みの方は、詳しく書いているので色んな謎が解けると思いますし、知らなかった原作ネタを知ることもできると思います。

それでは、本作を見た人はこの後の解説記事をどうぞ…!



〇原作「X-MEN:Days of Future Past」について

本作「フューチャー&パスト」には原作コミックが存在します。本作の原題は「X-MEN:Days of Future Past」といい、その原作コミックと全く同じタイトルです。
では、内容まで全く同じなのかというと、そうではありません。アメコミ映画全般に言えることですが、原作の全てを反映しているわけではないです。
この原作コミックは日本語版がヴィレッジブックスさんから発売中なので、詳しいことはリンク先や本屋さんなどで購入して読んでみるのがいいでしょう。

X-MEN:デイズ・オブ・フューチャーパスト (MARVEL)X-MEN:デイズ・オブ・フューチャーパスト (MARVEL)
(2014/05/20)
クリス・クレアモント

商品詳細を見る



●同名原作コミックの設定と一致している箇所

・ディストピア(荒廃化)した未来
原作での未来世界は2013年という設定だったが、その世界ではセンチネルが人類をH(Human)、ミュータントをM(Mutant)として分別し、ミュータントは処刑されるか強制収容所に入れられるかのどちらかになっている。また、ミュータントは首輪によって能力を抑制されている
→今回の映画版でも大体の設定は同じだと言える


・キティ・プライドの能力
原作での未来世界(2013年)では中年になっているので、キティはケイトと名乗っているが、彼女自身が物体透過能力を使って歴史を変えるために魂を飛ばし、過去世界(1980年)にタイムスリップする。
→映画版では1973年と2023年の間に50年の年月があるため、キティが生まれてすらいないのでタイムスリップすることができず、代わりに150年以上生きているウルヴァリンに設定変更。
・原作では30年程度しか隔たりが無く、しかも過去世界というのが正史での現在なのでキティは20歳くらいとなり、問題なかった。
…なんか説明が難しい(笑)


・ミスティークがキーマンとなる
原作では反ミュータント政治家のケリー議員をミスティークが殺したことでミュータント迫害が過熱する。それを止めるためにタイムスリップしてきたキティとX-MENが奮闘する。
→映画ではケリー議員がセンチネルの開発者ボリバー・トラスクに変更され、その暗殺を阻止するX-MENのメンバーが変わっている。しかし、大まかな設定は同じ。


…はい、とりあえず原作と映画版が一致している点はこんな感じです。気になった人は日本語版コミックを買ってみてください。
何が言いたかったのかというと、この映画には一応原作があるよ!ということです。




●キャラ紹介

・キャラ数が多いので、全員を説明しきるのは難しい。
よって、新キャラとチラッとだけ出てきたキャラに絞って紹介する。


〇ビショップ
X-Men-Days-of-Future-Past-Bishop.jpg
・本名、ルーカス・ビショップ。
・原作でも映画でも、能力はエネルギー吸収と変換能力。簡単に説明すると、自分に触れたエネルギー(なんらかのビーム、雷、炎などなど)を吸収し、自分の能力でそれを変換、身体能力の強化に使ったり、特殊な銃の弾として使ったりできる。
・原作では未来人で、ミュータントの迫害が進み、隔離されている世界から来たという設定。右目のMの烙印は、収容所でつけられたもの。映画パンフレットによると、映画版でも収容所に入れられていたことがあるらしい。では、脱走してX-MENに参加したのか?
・原作ではX.S.E(Xavier Security Enforcers)と呼ばれる警察組織のような所に所属しており、現代世界に逃げた殺人犯を追うためにタイムスリップしてくる。
・ややこしい性格で、X-MENに協力したり敵対したりする。



○ブリンク
X-Men-Days-of-Future-Past-Blink.jpg
・本名:クラリス・ファーガソン。映画版で演じているのは中国人女優のファン・ビンビン
・能力は映画版も原作も同じ、テレポート
・原作では薄紫色の肌をしている



○サンスポット
X-Men-Days-of-Future-Past-Sunspot.jpg
・本名:ロベルト・ダコスタ。ブラジル人
・映画版で演じているのもブラジル人のエイダン(アダム)・カント
・能力は映画版・原作ともに同じ。太陽光を吸収し、自分の身体を発火させる。燃焼の力を使って飛ぶこともできる
・原作ではX-MENのメンバーだったこともあるが、アベンジャーズにいることも多い
・映画版ではほとんどセリフがなかったが、意外にも戦闘においては率先して戦っていた印象



○ウォーパス
X-Men-Days-of-Future-Past-Warpath.jpg
・本名:ジェームズ・プラウドスター。ネイティブアメリカン
・映画版で演じているのもネイティブアメリカンの血を引く俳優ブーブー・スチュワート
・映画内では特に能力の説明がなかったのでこちらで紹介。
・ウォーパスは怪力、超人的感覚・体力、飛行能力などを持つ、強力かつバランスのとれたミュータント戦士。ヴィブラニウム製の二本の大型ナイフを愛用している(映画版でも使っていたが、素材は不明)。
・原作ではその戦闘能力を買われ、X-MENから派生した暗殺部隊X-フォースに参加していた



○クイックシルバー
X-Men-Days-of-Future-Past-Quicksilver.jpg
・本名:ピーター・マキシモフ。原作ではヨーロッパ風にピエトロと表記するが、今回の映画版では英語読みに。
・能力は超高速移動。本作のペンタゴンのキッチンルームシーンではまるで時間停止能力のように見えたが、あれは超高速で動いているために周りが止まって見えただけ。
・演じたのはエヴァン・ピーターズ
・原作では音速(秒速340m)より速いという設定。水の上も走れる
・単なる身体能力なので、あんまり走りすぎると疲れる
・原作では双子の姉、スカーレットウィッチ(本名:ワンダ・マキシモフ)のことが大好きで、姉に危険が迫ると怒り出す。そもそも短気で身勝手な性格である
・原作ではマグニートーの実の息子。お互い長らく認知していなかった。本作でもそれをほのめかすセリフがあったが、いわゆるファンサービスだと思う
・今回の映画には彼の妹がいたが、ストーリーにはほとんど関係なかった。ミュータントではなく、普通の人間らしい

○映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」(日本公開2015年4月25日)に同名のクイックシルバーが登場するが、原作のキャラとしては同じだが設定などは全く異なる。なぜならX-MENのキャラ権利は20世紀FOX、アベンジャーズのキャラ権利はマーベルスタジオがもっており、それぞれ世界観を共有することができないから。設定が異なる別キャラなので「アベンジャーズ~」でクイシルを演じるのはアーロン・テイラー・ジョンソン。




○アザゼル
AzazelPromo2-XMFC.jpg
・「ファーストジェネレーション」にも登場した、赤い肌の悪魔のような外見をしたテレポート能力を持つミュータント
・本作では、エリック・レーンシャーいわく「犠牲になった」。つまり、死亡している
・具体的な死の証拠として、ミスティークがトラスク(センチネルを作った人)のオフィスに侵入した際、“ミュータント人体実験”ファイルに、彼の切り刻まれた遺体が一瞬写る


○エンジェル
X-men-first-class-20110527004034214.jpg
・エンジェル・サルバドール。「ファーストジェネレーション」にも登場した、昆虫のような羽を持つ女の子のミュータント。(※鳥のような翼を持つエンジェル=ウォーレン・ワージントン3世とは別人)
・本作ではアザゼル同様、死亡している
・ミュータント人体実験ファイルにもその姿があった
・エリック・レーンシャーがマグニートーヘルメットを取り戻しに保管庫に行くが、そこには彼女のちぎれた羽も保管されていた



○エマ・フロスト
emmafrosttt.png
・「ファーストジェネレーション」にも登場した、テレパスとダイヤモンド化の二重能力を持つ女性ミュータント
・本作ではアザゼル、エンジェル同様、死亡している
・セリフで触れられただけで、姿は一切写らない



○バンシー
fffaabanshee.png
・「ファーストジェネレーション」にも登場した、超音波を発して空を飛ぶミュータント
・本名:ショーン・キャシディ
・本作ではアザゼル、エンジェル、エマ・フロスト同様、死亡している
・セリフで触れられただけで、姿は一切写らない



〇ハボック
・「ファーストジェネレーション」にも登場したキャラ
・本作ではベトナム戦争に参加していた
・ストーリーにはあまり関係ないファンサービス的出演だった

〇トード
・「X-MEN」にも登場したカエル人間
・本作ではベトナム戦争に参加していた
・除隊後はレストランでシェフをやっていた(笑) クライマックスの若マグニートーのミュータント至上主義演説を聞いて感銘を受けた様子だった。この後マグニートーの傘下に入って「X-MEN」に繋がるわけか?

〇インク
・身体に刺青を彫った男。刺青に描かれた絵をそのまま再現することができる能力
・ベトナム戦争に参加していた
・映画では手のひらに彫った放射性物質のマークを使い、軍人たちを嘔吐させていた

〇バーティゴ?
・黒い目をしていて、頭から細かいトゲが生えていた黒人の男
・ベトナム戦争に参加していた
・襲ってきた軍人たちの目を見ると、軍人たちがめまいを覚えたかのように気絶する
・“バーティゴ?”と書いたのは、確証が持てないから。能力的には原作のバーティゴというキャラだが、なにせ原作では女性だし、見た目が違いすぎる





〇センチネル

1881056-xmen_schism_1_preview1_1_02f.jpg

・ミュータントを狩り出すために作られた殺戮ロボット
・複数いるので普通はセンチネルズと呼ばれる
・原作では人間のように言葉を話す
・原作では色々な形態がある。画像の姿が一般的によく知られていると思う(今回の映画版の過去編もこちらに近い)が、本作(未来編)のように非常に細かいプレートが大量に折り重なって出来ているセンチネルも存在する。この形態のセンチネルはプレート配置を組み替えることで狭い隙間にも入り込むことができる
・本作の未来編ではミスティークの変身能力を応用して、出会ったミュータントの能力をコピーできる設定だった。原作ではこのような設定は無い

・本作では今までのシリーズに出てきたミュータントの能力をコピーしており、何気にいくつか披露していた。それを紹介。

○レディ・デスストライク(「X-MEN2」に登場)のアダマンチウム製の爪。ウルヴァリンとは異なり、指の爪が伸びるタイプ。クライマックスのX-MENとの戦闘で使用
○ダーウィン(「ファーストジェネレーション」に登場)の環境適応能力。サンスポットの火炎攻撃を防ぐためにセンチネルが体を岩状に“適応”させていた
○エマ・フロスト(「ファーストジェネレーション」に登場)のダイヤモンド化能力。全身をダイヤモンド化させてX-MENの攻撃を防いでいた

・以上。他にもあったかもしれないが、忘れた。まだ何かあったらコメント欄などで教えてください
・シリーズ三作目「ファイナルディシジョン」にも冒頭のデンジャールーム(訓練室)のシーンに登場したが、本作のものとはあまり関係ないかもしれない。しかし、センチネルそのものは当時からミュータントの脅威として存在していたとも考えられる
・細かいことは気にしないのが一番だ




●25Moments

・本作の公式宣伝サイト、「25Moments」に載っていることが結構面白かったので日本語に直して載せます。なぜ、2023年はミュータントが差別され、世界が荒廃したのか、この25個の出来事を追っていくことで理解できると思います。
【元のサイト】 http://www.25moments.com/#!/moments/1967


○1962年:キューバ危機
“正体不明の謎の力でミサイルが機能しなかった”
・マグニートーによる磁力操作。「ファーストジェネレーション」のクライマックスの出来事


○1963年:JFK暗殺
“マグニートーとして知られるエリック・レーンシャーがジョン・F・ケネディ暗殺容疑で逮捕。レーンシャーは直接的な関与を否定”
・ケネディ暗殺事件と絡めた設定。実際、ケネディに当たった銃弾は通常では考えられない弾道だったと言われる


○1965年:エグゼビア学園設立
“エグゼビアが私立寄宿学校を設立。ミュータント達を生徒とし、その超能力の安全な使い方を学ばせる”


○1967年:トラスク・インダストリーズが革命を起こす
“ボリバー・トラスクはDNAを用いた画期的な人工下肢(義足)を発明し、100万人の生活に変化を与えた”
・トラスク(後にセンチネルを開発する)が登場。


○1972年:トラスクとニクソンの密談
“トラスクとニクソンの密談があったが、その内容は削除された”


○1973年:センチネル計画の承認
“ニクソン政権は、センチネル計画を承認した”
・本作「フューチャー&パスト」での過去の出来事


○1975年:エグゼビア教授がワシントンに
“エグゼビアはワシントンの下院にミュータントの基本的人権と自由を訴える書面を提出した”


○1977年:世界記録問題
“クイックシルバーことピーター・マキシモフが陸上競技に参加し、8つの世界記録を塗り替える。以降はミュータントのスポーツ大会参加は不可能となる”


○1984年:神の呪い
“著名なテレビ伝道師がミュータントは神の呪いと発言”


○1986年:チェルノブイリ事件
“チェルノブイリの原子力発電所のメルトダウン以降、ロシアではミュータントが急増”


○1988年:ベルリンの壁での抗議
“ドイツ、ベルリンでは東西分離の政策に合わせてミュータントも隔離、東ドイツがミュータントゾーンとして指定される”


○1989年:DNAを証拠に
“トラスク・インダストリーズとFBIはDNAを用いた識別方法で犯罪者を検挙すると発表。ミュータントもDNA識別によってデータベースが構築され始める”


○1991年:南アフリカの変容
“南アフリカ共和国はミュータントの避難所として機能し始めた”


○1994年:サパティスタ民族解放軍はミュータントを味方に
“メキシコのサパティスタ民族解放軍はミュータントを仲間に取り入れた”


○1996年:狂牛病の発生
“トラスク・インダストリーズはX遺伝子(ミュータント遺伝子)の研究のため動物実験を実行したが失敗、狂牛病を誕生させてしまう”


○2001年:グアンタナモにミュータント拘置所設立
“アメリカ政府とトラスクは国家保全のため、危険すぎるミュータントをグアンタナモの拘置所に収容”


○2006年:ミュータントによるゴールデンゲートブリッジ破壊
“キュアをめぐってミュータント過激派が暴動を起こし、ゴールデンゲートブリッジを破壊する。X-MENの活躍で鎮火。大統領はミュータントとの関係性を見直す方向に”
・「ファイナルディシジョン」での出来事


○2008年:国境の壁の強化
“アメリカはメキシコとの国境を強化する壁を建設。ミュータントの動き(不法入国)を制限した”


2009年:ミュータント首輪発明
“トラスク・インダストリーズはミュータントの能力を封印する首輪を発明”


2010年:エグゼビア学園廃校
“トラスク・インダストリーズはエグゼビア学園を廃校させ、学舎をラボに作り変えた”


2011年:治療の必要はないと主張するミュータント
“トラスクやヤシダ社などの企業はミュータント治療薬を開発。ミュータントのデモ行進が行われるも、その混乱にてウォーレン・ワージントン三世、すなわちエンジェルが死亡する”
・ヤシダ社は「ウルヴァリン:SAMURAI」に登場した日本企業
・エンジェル死亡


○2012年:トラスク刑務所からの脱走
“クラリス・ファーガソン=ブリンクによって30名のミュータントがトラスク刑務所から脱獄”
・ブリンクのテレポート能力を使ったと思われる
・これでビショップが脱獄したのだと思われる


○2013年:センチネル・マーク10の完成
“トラスク社はミュータントの徹底的な封じ込みのため、最新式のセンチネルを完成させる。これは形状を変化させてどこへでも侵入し、あらゆる環境に適応する”
・「フューチャー&パスト」の荒廃した未来に登場したセンチネル


○2015年:ハンク・マッコイの死
“暴徒と化した人間によってハンク・マッコイは家から引きずり出され、殺害された”


○2018年:ビショップがミュータント自由軍結成
“ビショップがミュータントの生き残りを集め、自由のための抵抗軍を結成”





●改変された“未来”

・本作のラスト、チャールズ・エグゼビアの説得によって大統領&トラスク暗殺を思い留まったミスティークの影響で歴史が変わり、荒廃していたはずの未来世界(2023年)が改変される
・これによって、未来世界(2023年)は荒廃していない、平和な世界になっている。まさにシリーズ1作目「X-MEN」(2000年)の時と同じような雰囲気である
・悪く言うなら、これまでずっと積み上げてきたシリーズの設定を全て白紙に戻したということ。喪失感は否めない
・しかし、シリーズを重ねることで発生した、設定の矛盾、死亡したキャラ、複雑になった時代設定を無くしたことになるため、昔から追い続けてきた熱心な、そして矛盾点にモヤモヤしてきたファンにとってはスカッとする展開だったと思う
・筆者としては、今回、未来を改変してリセットしたのは正解だったと思う。監督や製作陣が今までの矛盾点を認め、積み上げてきたものを消し去るのは辛かったと思うのだが、それに向き合い、納得できる最善の方法で我々ファンに謝罪してきたようにも感じた。
・なにせ、これで死亡していた
○サイクロップス
○ジーン・グレイ
が戻ってきた!これでやっと原作のファースト・ファイブ(原作版X-MENが結成された当初のメンバー:サイク、ジーン、ビースト、アイスマン、エンジェル)が映画版でも揃ったはず(今回エンジェルは登場していないが…。たぶん、ちゃんと生きているだろう)。これだけでも改変した意味があるのでは?
・改変前の荒廃した未来ではX-MENのほぼ全員がセンチネルによって皆殺しになってしまったが、改変後の未来では全員が生きている
・改変後の未来でビーストを演じていたのは「ファイナルディシジョン」で同役を演じていたケルシー・グラマー。嬉しいカメオ出演だった
・ローグは改変前の荒廃未来世界には登場していなかったが、改変後の未来ではアイスマンと一緒に学園にいる姿が確認できた。演じていたのは今までと同じくアンナ・パキン。
・真実を知っているのは過去世界で未来を変えたウルヴァリンと、彼の脳内を読むことができるプロフェッサーXのみ。成功を密かに喜ぶ彼らの会話は感動もの。
・今後の続編映画は「X-MEN:アポカリプス」として2016年に全米公開予定。改変された未来世界ではなく、過去世界(1973年)の後の80年代が舞台となり、過去の若いX-MENたちが引き続き描かれる予定。改変された未来世界はこれにて一応、一段落というわけだ。





●細かい点の説明


・本来、アメコミは原作コミックも映画も、あまり細かいことを気にしてはいけないが。
・「ファイナルディシジョン」で死んだはずのプロフェッサーXが未来(荒廃してる方)で生き返っていた理由:「ファイナルディシジョン」のエンドクレジット後の映像によると、脳死状態の男性に意識を全部送って身体を乗っ取ることで復活。ちなみにその男性はエグゼビアの双子の片割れという設定だそう。 なので顔が同じ。細かいことは気にしてはいけない

・「ファイナルディシジョン」でキュアを打たれて能力を無くしたはずのマグニートーが未来で能力を取り戻した理由:「ファイナルディシジョン」のラスト、金属製チェスの駒をミュータント能力で少しだけ動かしたことから、おそらくキュアの効果は一時的でしかなく、時間が経つにつれて徐々に能力が戻っていったようだ

・ウルヴァリンのクロー(爪)について:(映画版設定の流れ)
元々は骨でできたクロー。1845年に初めて覚醒して以来、100年以上使っていた。
1980年代に身体を改造された際、全身の骨にアダマンチウムが移植されたと同時にクローもアダマンチウム製に。
2010年代くらいにシルバーサムライロボットの熱したアダマンチウム刀で斬られて両手のアダマンチウムクローを失う。直後に頑張って骨のクローを再生させ、シルバーサムライを刺し殺す。
その2年後、生き返ったプロフェッサーとマグニートーに空港で出会う。この時はまだ骨のクロー。
2023年(フューチャー&パスト)、劇中で理由は描かれていないがアダマンチウムクローに戻っている。これは監督いわく「マグニートーの金属を操る能力で直した」らしい。
後に2023年から1973年の肉体に精神を飛ばすわけだが、73年の身体に憑依したときは当然当時の身体なので、上に書いた80年代より前ということでまだ改造されておらず、骨のクローだった。
この後色々戦いに参加して未来を変えたが、改変後の未来ではクローはどういう状態になっているのか確認不可能(クローを出す描写が無いため)。
では過去(1973年)のウルヴァリンはどうなったのかというと、若マグニートーによって川に沈められていたウルヴァリンが軍人たちに引き上げられ、その中に80年代にウルヴァリンを改造することになるストライカーの姿が。しかし、なぜかストライカーは目の色が黄色くなったので、おそらく彼はミスティークが変身したもの。ん?じゃあこの後ウェポンX実験のアダマンチウム移植にならないんじゃ…?

・一応、ウルヴァリンのクロー遍歴は以上。

・続編「X-MEN:アポカリプス」にはアポカリプスが登場するため、おそらく原作の展開でいけばウルヴァリンがホースメンの1人に改造される。
原作でもウルヴァリンはマグニートーの能力でアダマンチウムを全て抜き取られるエピソードがあり、その後一時期骨のクローになっていた。それを改造して再びアダマンチウムを移植したのがアポカリプス。この設定通りにいけば映画版でもまたウルヴァリンはアダマンチウムを獲得することになる。
・が、しかしまだ脚本の内容は一切発表されていないので実際どうなるのかは不明。





●小ネタ&気になったところ

・原作コミックの作者、スタン・リーは本作にはカメオ出演していない。撮影があったヨーロッパに行くのがスケジュール的に厳しかったから、らしい。最近はX-MENの映画に全然登場しないが、何かあるのだろうか…
・ウルヴァリンの説得に対し、やさぐれていたチャールズが「前に会ったとき、あんたは私の申し出を断った。当時のあんたのセリフを返すなら…Fuck off(失せやがれ)」というやりとりがあった。前に会ったというのは「ファーストジェネレーション」の時のことだと思うが、その時ウルヴァリンは「Go Fuck Yourself」と言っていた…。微妙に間違えて返しているぞ、チャールズ(笑)
・若マグニートーがペンタゴンの中心の牢屋に閉じこめられていたのは約10年間。その間、金属製のものを持ち込めないならヒゲや髪の毛を切ることができないのでは?と思ったが、脚本家いわく「プラスチック製のハサミで切ってもらっていた設定」だとか。…ちゃんと切れるのか?
・荒廃した未来でのセンチネル、上にも書いた通りセンチネルがダーウィンの能力らしきものを使っていたが、「ファーストジェネレーション」の1963年の段階で死亡した彼の能力を、1973年に初めて起動したセンチネルがコピーしているのはおかしい…?ダーウィンに似たミュータントが他にもいた可能性はあるが(能力が被るミュータントは結構いる。例:ウルヴァリンとセイバートゥース、プロフェッサーXとジーン・グレイなどなど)。
・ミスティークがトラスクを殺した後、軍に捕まって人体実験にかけられることで最強のセンチネルが誕生するわけだが、そうだとしたら「X-MEN」「X-MEN2」「ファイナルディシジョン」でミスティークが普通に外で生活していたのはおかしい?実験施設に入れられたのなら脱出はまず不可能だと思うのだが。。。
・1973年の時点でエグゼビアは退廃的な生活をしていたわけだが、今回はウルヴァリンがタイムスリップしてきたので根性を叩き直されたが、通常はウルヴァリンは彼に干渉していないハズなので、ではどうやってエグゼビアは真人間に戻ったのだろう?
・マグニートーも上に同じく、ウルヴァリンが干渉しなければペンタゴンから脱獄できなかったはず。なのに「X-MEN」では外の世界で生活していたわけなので、どうやって脱獄した?




●エンドクレジット後のオマケ映像について

・これを読んでいる方々が一番気になっているのはやはりオマケ映像の内容だろう。
・原作コミックを知っている者なら鳥肌ものの映像だった


〇オマケ映像の内容

・広大な砂漠。砂丘を越えると両手を広げた人物の前で大量の人々が「エン・サバ・ヌール!エン・サバ・ヌール!エン・サバ・ヌール!」と唱えながらひれ伏している
・両手を広げた人物がサイコキネシス(念動力)を使って巨大ピラミッドを瞬時に建造していく。これで時代的には古代エジプトで、場所もエジプトだと分かる
・カメラアングルが変わり、両手を広げた人物の顔が見える。女性のように見えるが、美形の男性である。肌は灰色をしており、唇は青色だった。彼がエン・サバ・ヌール。
・エン・サバ・ヌールの左手奥に、馬かラクダに乗った四人組が映る

ensabahnurr - brendan-pedder-x-men-days-of-future-past
オマケ映像でエン・サバ・ヌールを演じたブレンダン・ペダー(左)。男性。18歳らしい。オマケ映像で着ていたマントを着ている。
右はブライアン・シンガー監督


〇解説

Ensabnur - コピー
アポカリプス。時期によって姿が異なる

・エン・サバ・ヌールは原作では史上最強のミュータント“アポカリプス”として知られる人物。
・原作では、古代エジプトの奴隷だったヌールは征服者カーン(未来からやってきた超人・悪人)の力で後天的にミュータントになる。ミュータントになってからはアポカリプスを名乗り、それまで自分を虐げてきた支配者身分を逆に支配した。
・能力は、分子構造を自在に操って物質を作り変えるというもの。自分の体を作り変えてより強力にしたり、自分以外の生物の体を改造して操り、自分の配下に置いたりできる。他にテレポート、念動力、エネルギー吸収&放射、飛行能力、怪力なども持つ
・5000年以上生きている最古のミュータント。不老の“エクスターナル”と呼ばれる存在に昇華しているため。ちなみに年は取らないが、不死ではない。
・「適者生存」という考えを掲げており、強い者だけが生き残る世界を作ろうと暴走する。
・原作ではミュータントに目を付け、肉体を作り変えて洗脳、自分の配下にしている。それが上のオマケ映像のところにも書いた、馬に乗った四人組である。
・その四人組は“フォー・ホースメン”と呼ばれる。適当な所から見つけたミュータントがメンバーにさせられている場合もあるが、アポカリプスの性格的に強いミュータントをホースメンに入れたがるため、X-MENメンバーが目を付けられることが多い。
今までに
・ウルヴァリン
・エンジェル
・ガンビット
などなどがアポカリプスに捕まり、肉体を改造&洗脳されてホースメンのメンバーになったことがある。
・映画版ではどうなるのかよく分からない。上にも書いたが「フューチャー&パスト」の続編のタイトルが「X-MEN:アポカリプス」(2016年全米公開)であることから分かるように、メインヴィランとして登場するのは確実。
・「フューチャー&パスト」では美形の少年だったが、あのシーンは古代エジプト時代なので、おそらく後に肉体を作り変えて原作のようなゴツい姿になるのだろう。



●映画「X-MEN:アポカリプス」について

・すでに何度も書いているが、「フューチャー&パスト」の続編の製作・公開が決まっている。
・タイトルは「X-MEN:アポカリプス」。全米公開は2016年5月27日
・X-MENの映画シリーズとしては
「ウルヴァリン」(スピンオフ第3弾)米国公開2017年3月3日
「タイトル不明」米国公開2018年7月18日
も製作決定している。まぁ今はまだ触れなくてもいいだろう…

・「X-MEN:アポカリプス」に話を戻す。

〇現時点で分かっている公式設定

・舞台は「フューチャー&パスト」の過去世界1973年の後、1980年代が舞台となり、若いころのプロフェッサーX率いるX-MENやマグニートーなどが主役。おそらくウルヴァリンも登場する。
・ナイトクロウラーが「X-MEN2」以来、再登場する。演じる俳優は未定。
・ガンビットも再登場する。「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」でガンビットを演じたテイラー・キッチュは降板し、代わりにチャニング・テイタムが演じる予定。将来的には彼のガンビットでスピンオフ映画を作る計画もあるらしいが…
・アポカリプス役の俳優は決まっていない
・監督も未定。「フューチャー&パスト」のブライアン・シンガーが続投するかもしれないが、他の監督になる可能性もある
・脚本のサイモン・キンバーグは「ディザスター(災害)映画にしたいね」と語っている
・“ミュータントの起源”も描くらしい






…はい。
これにて徹底解説は終了です!
かなりの文量になってしまったので最後まで読んでくださった方は本当にありがとうございます。
あと、コメントをくださる場合はニックネーム(適当なやつでいいです)を付けていただけると返信しやすいです。よろしくお願いします!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもお疲れ様です

DoFP本編中、3人がクイックシルバーを迎えに行った場面で玄関マット?が映りましたよね。あの描写にはどんな意味があったんでしょうか。アルファベットが消えてたのが気になりました

参考になりました

昨日映画を観たのですが、体調万全ではなくてぼんやりした感じのまま終わってしまって、いまこの記事読ませて頂いてスッキリしました。
ありがとうございます(^^)

No title

クイックシルバーの家にて、母がマグニートーの中継を見た時に
「どこかで見たことがあるわ」と言っていたのは
原作のクイックシルバーの父がマグニートーだという設定を
ファンにだけわかるように入れたという感じかなーとニヤリとしたんですが、多分そうですよね?笑

最後は女性に見えたのでスカーレットウィッチかと思ってました!解決

毎回楽しく読まさせていただいております。
一番最初のミュータント収容所はオープニングから始まる物語の何年も前という気がしないでもないですが...Mという傷を顔に負った少年が見えますし。
ケリー議員は25Momentsの方で紹介がありましたが、原作だとセンチネルを作った本人なんですね。何で変わってしまったんでしょうビックリですが、トラスクも嫌いではないです。キティの能力はラストスタンド観ただけだと今回「え?」ってなりました。原作知識ゼロなので原作と比べていただいてありがとうございます。

解説記事ありがとうございます

アメコミ映画の解説記事、毎回とても参考になります。ありがとうございます。

今回の新キャラの1人のクイックシルバーですが、劇中でマグニートーと会った時にチラッと「あんた磁力を操るんだって?そんな人が母さんの知り合いにいたって聞いたことがあるよ」という旨のセリフを言ってましたね(おそらくファンサービス程度の要素なんでしょうが)

それと、マグニートーのヘルメットが保管されてる場所にエンジェルの羽根と一緒に置いてあったスーツはハボックのものだったんでしょうか?

いつも大変、参考になります。
ありがとうございます。

今作は、ウルヴァリンとプロフェッサーの
友情話というか、
「ウルの時間旅行」って感じで、楽しめました。

ところでTV CMには
「私お姫様、あなたは?」
なんてシーンがありましたが、
本編ではカットされたのでしょうか?

ありがとうございます。

こんにちは。
とても参考になりました。
原作は全く読んでいませんが、映画は全てDVD持っている者です。
そして、センチネルの解説の部分なのですが、エマやダーウィンの能力とは思いませんでした。
ぼくはただ見ていると、手などを掴んだ相手から能力を吸収し、それを他のセンチネルと共有しているように見えました。
一体のセンチネルがアイスマンから氷の能力を吸収すると、サンスポットにやられている他のセンチネルが炎に対して氷で反抗するという風に見えました。カット割りからもそのように編集していると感じました。
この説は間違っているでしょうか?
他にも少し例がありますが、この自分の説が正しいかどうかまだ分からないのでもう一度見てみます。
幸いぼくは映画館スタッフなので映写室から何百回でも見れる上に映画もタダなので(笑)
Twitterもフォローしていて本当にいつも参考にさせていただいてます。

No title

いつも楽しく読んでいます。飛行機内でマグニートが「エマもエンジェルもバンシーも死んだ」と言っていたので、(メンツ的に)ウォーレンかと思ってたんですが、そういえばファーストジェネレーションにも「別のエンジェル」がいましたね。ウォーレン好きなんで、ちょっと安心した反面「次回作でアークエンジェルになって復活?」と期待していたので……いや、生きててもアークエンジェルになりますね(笑)。

一つ、質問させてください。
エンドロールの後の、アポカリプスの宣伝映像のあと、英文で「この映画は〜人の方々と〜社の協力のもと、作られました」的なメッセージが出たと思うのですが、あれはアポカリプスが一人でピラミッドを作り上げてしまったこととかけたジョークなのでしょうか。それとも単によくあるお礼文なのでしょうか。
深読みし過ぎでしょうか笑

解説ありがとうございます

本日観てきました!
原作知識がほぼなかったので、解説大変助かりましたm(._.)m
次回作が大変楽しみであり、これまでの作品をもう一度観たくなりました(笑)

No title

見てきました。とても、面白かったです。キャラクターの中で「アザゼル、エマ・フロスト、エンジェル・サルバドーレ、バンシー」は、死亡してしまいましたが、残念です。でも、「ハヴォックことアレックス・サマーズ」は、生きていたのでいいのですが、前作、ファースト・ジェネレーションでの「リップタイド(竜巻を起こすミュータント)」は、語られていない(生死不明?)のは、なぜだと思いますか!?もしかしたら、生きているのかも知れないですよね。

Re: タイトルなし

こーへゐさん、コメントありがとうございます。
玄関マットについてですが、個人的な予想では「高速で家を出入りするクイックシルバーのせいでマットが擦り切れている」のだと思いますよ(笑)

Re: 参考になりました

AGE1973さん、コメントありがとうございます。
お役に立てて良かったです(笑)

Re: No title

たかさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、おそらく一種のファンサービス的なセリフだったのだと思います。
スカーレットウィッチはX-MENの映画にはまだ出てこないみたいですね。

Re: タイトルなし

J.Sさん、コメントありがとうございます。
キティの能力には私も「あれ、こんなことできたっけ?」という印象でしたが、一応、原作でも映画でも未来の話なので、能力を鍛えてパワーアップしていたのかもしれませんね。
今回の分析では原作との比較ができて私としても面白かったです。

Re: 解説記事ありがとうございます

イスタさん、コメントありがとうございます。
保管庫にあった物は、おっしゃる通りハボックのスーツも含まれていました。
小さくてしっかり確認することはできませんでしたが、メダルのようなものもあったので、それはたぶん前作でマグニートーがセバスチャン・ショウを殺害する際に使用したナチスメダルだと思われます。

Re: タイトルなし

ザ・ヒショさん、コメントありがとうございます。
TV-CMでのシーンですが、本編では完全にカットされていました。
あの少女は設定ではクイックシルバーの妹だそうですが、ミュータントではなく普通の人間のようです。製作者の誰かが以前説明していました。

Re: ありがとうございます。

たにぐちおさん、コメントありがとうございます。
たにぐちおさんのセンチネルの説ですが、おっしゃる通りだと思います。
この映画でのセンチネルはミュータントの能力に触れるとその能力をコピーできる設定でした。描写から見るに、このコピー能力は一体が行えば他のセンチネルにも反映されるようです。
このようにしてどんどん能力をコピーしていき、ミュータントを追い詰めてきたのでしょうね。
センチネルはエマやダーウィンの能力を昔コピーしたことがあり、未来ではバリエーションの一つに加わっていたのではないでしょうか。(しかしダーウィンは1963年の時点で死亡していたため、その後に制作されたセンチネルが彼の能力をコピーするのは不可能だが…)

Re: No title

IーKAさん、コメントありがとうございます。
ウォーレン・ワージントンの方のエンジェルですが、本作の公式バイラル(宣伝)サイトでは荒廃した未来世界で死亡したと書かれていました。
しかし荒廃した未来はクライマックスで改変され平和的な未来になったため、他の死亡したミュータント同様、生き返っている可能性は高いですね。姿は確認できませんでしたが。

Re: タイトルなし

su-さん、コメントありがとうございます。
あのメッセージですが、私は本編もオマケ映像も終わって放心状態だったのでしっかり読めていないのですが、大体の内容としてはよくあるお礼文でしたよ。

Re: 解説ありがとうございます

ゆーだいさん、コメントありがとうございます。
次回作楽しみですね。もう一度「フューチャー&パスト」を映画館で見て、気分を高めてみても良いかもしれませんね。

Re: No title

> 見てきました。とても、面白かったです。キャラクターの中で「アザゼル、エマ・フロスト、エンジェル・サルバドーレ、バンシー」は、死亡してしまいましたが、残念です。でも、「ハヴォックことアレックス・サマーズ」は、生きていたのでいいのですが、前作、ファースト・ジェネレーションでの「リップタイド(竜巻を起こすミュータント)」は、語られていない(生死不明?)のは、なぜだと思いますか!?もしかしたら、生きているのかも知れないですよね。


コメントありがとうございます。
リップタイドについて、死が言及されていないので生きている可能性は確かにありますね。

No title

はじめまして

大変参考になりました!ありがとうございます!

映画のはじめにセンチネルとの戦いがあり
みんなが殺されました。

次のシーンでは皆が生きていました。

キティの能力でなにかしたのはわかるんですが
具体的はわかりませんでした;;

解説してもらえると助かります;;

こんばんわ、先ほどTwitterで質問しかけた者です。

確かにおっしゃる通り、こちらの記事及び質問への答えを見てたら、大方理解出来ました笑

ありがとうございます!

ただ、一つ気になるのは何故ハヴォックは学園を去り、従軍していたのかです。

個人的には、チャールズが喪失状態に陥り、それを見限ったハヴォックとバンシーが学園を去り、ハヴォックは従軍して命を取り留め、バンシーはトラスクかストライカーによって捕まり死亡した、と見ているのですがそんなところでしょうか?

毎回Twitterとブログで楽しませてもらってます
予想の限りでの回答で構わないのですが気になったので質問させていただきます
未来が改変されたことでウルヴァリンの新しい人体実験が映画で描かれたりする可能性はあるのでしょうか?
最後のショットでストライカーの目が黄色に変わったのでミスティークがストライカーに成りすましてるのでストライカーは既に死んでる⁉︎のかと思いました。ジーンが生き残るにはアルカリ湖での事件がないことになることが必要なのでストライカーが死んでることになってる設定がかなり都合いいと思います。そうなるとブラザーフットの計画もうまくいかない点がかなりできてきてしまいますが…
長文失礼しました。これからも楽しみにしてます!

No title

お疲れ様です。センチネルがザコキャラかとおもったら強すぎぃ!しかし、ラストでのセンチネルによる虐殺シーンなにげにエグかったですな。特にコロッサスとウォーパス
話は変わるんですが改変後の未来での世界でローガンが歴史の先生には個人的笑いましたなw彼以上に歴史に詳しい人はいませんからねwおそらくサイクロプスとも仲良いでしょうね。でも気になるのは改変後の世界ではどうやってアダマンチウム手に入れたんですかね?それにあの世界ではマグニートとミスティークはどうしてるんでしょうかね?
後、ストライカーさん若くなりすぎぃw

スッキリしました

公開初日から数日もたたず解説してもらえてすぐにスッキリすることができました。
これからも楽しみにのぞかせてもらいます。
X-MEN2を見てはまった映画ファンで今となっては映画館に行くのはこの時くらいなのですが、今回は2以来に面白いと思えた作品でした。
嬉しくなってしまい次作もまた楽しみになりました。
一つ教えていただきたいのが、冒頭キティがビショップを過去に送るという形で逃げ続けていたようですが、ビショップが選ばれたのは彼の能力とは関係ないですよね?
原作でタイムトラベルをしているからということでしょうか。

No title

今回、「フューチャー&パスト」に出てきた、未来で活躍した、「ブリンク、サンスポット、ウォーパス」の再登場する可能性はあると思いますか!?自分的には、また出てほしいと思っていますが。

ウルヴァリンの爪

ウルヴァリンサムライでアダマンチウムの爪が折られて骨になったのにどうやってアダマンチウムに戻ったのですか?

No title

「オマール・シー演じる、ビショップ」と、「エヴァン・ジョニクカイト演じる、トード」は、今後の作品に再登場する可能性は、あると思いますか!?自分は、出てきてほしいです。この映画を見てから『ビショップ』は、自分のお気に入りになったし、『トード』は、映画、X-メン(一作目)以来の登場で嬉しいです(演じてる人は、違いますが)。この二人に関して、どう思いますか?

Re: No title

Doさん、コメントありがとうございます。
確かに、冒頭でのX-MENvsセンチネルではX-MENがほぼ全員倒されてしまいました。
あれは劇中で一応説明がありましたが、キティが能力を使ってビショップの意識を未来から過去に送り、センチネルの襲来を伝えていたために、未来のことを知っているビショップが指導して本来の過去と異なる行動をすることで未来を変えていたのだと思います。
簡単に言うと、短期間(数日)前にタイムスリップをすることで過去の出来事に干渉し、自分たちの都合のいいように未来を改変していたのだと思います。つまり、センチネル襲来を“無かったこと”にしたわけです。

Re: タイトルなし

r-teaさん、コメントありがとうございます。

ハボックがベトナム戦争に従軍していた理由は、現時点では分かりません。ブルーレイ等のソフトが出たりすればメイキングなどで確認できるかもしれませんが…
r-teaさんのおっしゃる通りかもしれませんし、そうでないかもしれません。
バンシーの死因も残念ながら不明です。
答えになっていなくてすみません…。

Re: タイトルなし

zyoisさん、コメントありがとうございます。
ウルヴァリンの人体実験に関してですが、加筆しようと思っています。
原作の流れが映画版に採り入れられるとすれば、心当たりがありますので。
すみませんが加筆するのは2、3日後になると思うので、しばしお待ちください。

Re: No title

悠介さん、コメントありがとうございます。
確かに、歴史の先生は笑いましたね(笑)
改変後の未来で、ウルヴァリンがアダマンチウムクローを出したシーンってありましたかね?私は確認できませんでしたが…。
ストライカーは80年代にウルヴァリンを改造したときが大体30後半~40歳くらいの外見だったので、本作の過去編では20代くらいでしょうね。

Re: スッキリしました

s.cさん、コメントありがとうございます。

ビショップがタイムスリップ担当に選ばれた理由は公式設定ではまだ分かりませんが、おそらくs.cさんのおっしゃるように原作で彼がタイムトラベルしてきたことへのオマージュなのかもしれませんね。

Re: No title

> 今回、「フューチャー&パスト」に出てきた、未来で活躍した、「ブリンク、サンスポット、ウォーパス」の再登場する可能性はあると思いますか!?自分的には、また出てほしいと思っていますが。

コメントありがとうございます。
サンスポットはどうなるか分かりませんが、ウォーパスとブリンクは後のシリーズで再登場する可能性があるそうです。あくまで可能性があるだけですが…。その中でも、ブリンク役のファン・ビンビンは複数のX-MEN映画への出演契約をしたとの噂もありますよ。

Re: ウルヴァリンの爪

さむさん、コメントありがとうございます。
未来でのウルヴァリンの爪ですが、アダマンチウムに戻っている理由は、インタビューに答えた監督いわく「マグニートーが能力で直した」そうです。劇中では語られていませんでしたね。

Re: No title

> 「オマール・シー演じる、ビショップ」と、「エヴァン・ジョニクカイト演じる、トード」は、今後の作品に再登場する可能性は、あると思いますか!?自分は、出てきてほしいです。この映画を見てから『ビショップ』は、自分のお気に入りになったし、『トード』は、映画、X-メン(一作目)以来の登場で嬉しいです(演じてる人は、違いますが)。この二人に関して、どう思いますか?

コメントありがとうございます。
ビショップはかなり良いキャラでしたね。私もお気に入りです。トードも登場してくれてよかったですね。
今後の再登場についてですが、私には分かりません。可能性はあると思いますが。

解説楽しく読ませていただきました
旧三部作の締めと言わんばかりのラストの歴代キャラ登場は嬉しかったですね(^^)

ところで、ローグ未来世界にも出てませんでした?
冒頭Xのバックル見つけるフードの人
あっさりセンチネルに殺されたっぽいですが

No title

今回の映画での未来(フューチャー編)のラストあたりで、「スコット・サマーズ」と「ジーン・グレイ」が出てきましたが、過去(パスト編)で、映画「アポカリプス」にも若い、二人が登場する可能性は、あると思いますか!?

No title

『エヴァン・ピーターズ』演じる「クイックシルバー」は、今後の映画のシリーズ(2016年公開予定の、アポカリプスなど)に再登場する可能性は、ありますか!?『ピーターズ』が演じる「クイックシルバー」の活躍が、面白かったので。

No title

『ルーカス・ティル』演じる、「ハヴォック(アレックス・サマーズ)」は、今後また、再登場することは、ないでしょうか。彼が出れば、兄弟である、若い「スコット・サマーズ(サイクロップス)」の二人の競演が見てみたいです。

No title

今後の映画(X-MENシリーズ)は、「アポカリプス」、「ウルヴァリン3」以外に何かありますか!?自分は、『ライアン・レイノルズ』主演なるだろう、「デッドプール」があると思います。どれにしても、映画の公開日は、2016年頃になりますよね。

No title

まだ早いですが、映画「アポカリプス」に登場するかも、そしてスピンオフ映画(新ガンビット主役)にもなる可能性がある、『チャニング・テイタムVer.』の「新ガンビット」の活躍が早く見たいです!!「ガンビット」が、映画に登場するのは、「ウルヴァリン:X-MEN・ZERO」以来なので、久しぶりです。また、演じたのは、『テイラー・キッチュ』ですよね。「ガンビット」を演じた、彼の演技はサイコーでした♪

No title

本日、フューチャー&パストを見てきましたが、
ラストキャラの謎がこちらのサイトでわかり良かったです。

Re: タイトルなし

スックさん、コメントありがとうございます。

ローグについてなのですが、未来世界でXのバックルを見つける人は、私には若い男性に見えました。
また、その人物はローグとは異なり、髪の毛が全て白銀色だったと思います。ローグは前髪だけが白銀なので…
よって、あの人はローグではない?と思います。

解説ありがとうございます

丁寧な解説、ありがとうございます。また映画を見に行きたくなりました。

クイックシルバーがエレベーターで、マグニートーに「お母さんの知り合いに似た人がいた」的なことを言ってたのは、何のことかわからなかったのですが、原作では親子なんですね。

現代に戻って来たウルヴァリンがクロウを出さなかったので、クロウが骨かアダマンチウムか気になります。最後のストライカーが、ミスティークだったとすると、ウルヴァリンは悲惨な目にあわなかったのかな?パラレルワールドっぽくて楽しめました。

何個か質問させてください(._.)

何個か質問させてください(._.) ①ウルヴァリンが過去の世界でクイックシルバーのことを友人だと言っていましたが今までの作品でクイックシルバーは出てきましたか?

②ファーストジェネレーションでチャールズは自分からミスティークをマグニートーの所へ一緒に行けと言ったのになぜ頭を悩ませたり飛行機でマグニートーとミスティークのことで言い争ったりしていたのですか?

③クイックシルバーがマグニートーを助ける時に一緒に超俊足で動きましたよね。そのあとマグニートーがビビってる様子でしたがあれは速くて怖かったってことですか?

④マグニートーがケネディはミュータントだったと言っていましたがあれは嘘で結局マグニートーが殺したんでしょうか?

Re: No title

> 今回の映画での未来(フューチャー編)のラストあたりで、「スコット・サマーズ」と「ジーン・グレイ」が出てきましたが、過去(パスト編)で、映画「アポカリプス」にも若い、二人が登場する可能性は、あると思いますか!?


可能性はなくはないと思いますが、「アポカリプス」の舞台が80年代であることを考えると、上の2人が生まれているかいないかの微妙なところですので、メインキャラに入るとは思いません。

未来のシーンの人物について

分かりやすい解説まとめ楽しませて貰いました。

>未来世界でXのバックルを見つける人は、私には若い男性に見えました。
>また、その人物はローグとは異なり、髪の毛が全て白銀色だったと思います。
あの人物も前髪だけ銀だったように見えたので私も最初ローグかと思ったのですが、
改変された未来のシーンにそれらしい少年がいた気がします。
ただ一回観ただけなので再確認しないと、ですが。

未来のセンチネルの能力コピーがミスティークというよりローグっぽい気がしたので
関連無かったんだろうかと思うのですが、荒廃した未来のローグ登場シーンは
ソフトの方には収録されそうなのでそちらもどうなってるか楽しみです。
多分カットせざるを得なかった理由もしっかり語られるでしょうね。

Re: No title

> 『ルーカス・ティル』演じる、「ハヴォック(アレックス・サマーズ)」は、今後また、再登場することは、ないでしょうか。彼が出れば、兄弟である、若い「スコット・サマーズ(サイクロップス)」の二人の競演が見てみたいです。
> 『エヴァン・ピーターズ』演じる「クイックシルバー」は、今後の映画のシリーズ(2016年公開予定の、アポカリプスなど)に再登場する可能性は、ありますか!?『ピーターズ』が演じる「クイックシルバー」の活躍が、面白かったので。


コメントありがとうございます。
ハボック、クイックシルバーの再登場は、現段階では未定です。

Re: No title

> 今後の映画(X-MENシリーズ)は、「アポカリプス」、「ウルヴァリン3」以外に何かありますか!?自分は、『ライアン・レイノルズ』主演なるだろう、「デッドプール」があると思います。どれにしても、映画の公開日は、2016年頃になりますよね。


「デッドプール」の単独主演映画は、現在では凍結状態になっています。マーベルコミックの親会社がディズニーになったことから、暴力描写が不可欠なデッドプールの映画は製作が難しいようです。ディズニーは残酷な作品はタブーにしていますからね。

Re: No title

> まだ早いですが、映画「アポカリプス」に登場するかも、そしてスピンオフ映画(新ガンビット主役)にもなる可能性がある、『チャニング・テイタムVer.』の「新ガンビット」の活躍が早く見たいです!!「ガンビット」が、映画に登場するのは、「ウルヴァリン:X-MEN・ZERO」以来なので、久しぶりです。また、演じたのは、『テイラー・キッチュ』ですよね。「ガンビット」を演じた、彼の演技はサイコーでした♪


そうですね。ガンビットは原作でも人気のあるキャラなので、X-MENとのやりとりが楽しみです。映画「アポカリプス」への登場はほぼ決定ですよ。

Re: No title

さゆりんさん、コメントありがとうございます。
ラストのキャラは具体的な説明が映像内で無かったので、このブログで紹介できてよかったです。

Re: 解説ありがとうございます

chocoさん、コメントありがとうございます。
この記事でなるべく詳しく解説できてよかったです。

Re: 何個か質問させてください(._.)

ちんぺいさん、コメントありがとうございます。

①出てきていません。SAMURAIが2013年くらいの出来事で、フューチャー&パストの未来世界が2023年でしたので、おそらくその間に知り合ったのでしょう。しかし未来ではクイックシルバーの姿はなかったので、捕まったか死亡したかのどちらかでしょうね。
②あれは、当時ミスティークの考えに失望したのでしょう。で、怒ってしまって拒絶したのです。後からそれを後悔したのでしょうね。
③あれは、エリックの身体が超高速移動に耐えられなかったために気分が悪くなったのです。クイックシルバーは自分の能力に対して身体の器官が適応していますが、それ以外の人はあれほどのスピードに耐えられないので、身体にダメージがあったのだと思います。ちなみに原作ではそのような設定はありませんので、クイシルに抱えられて移動しても体調が悪くなることはないです。
④あの設定に関してはフィクションですので、謎のままです。実際にケネディ暗殺は謎が多い事件なので、映画ではそれを考慮してわざとややこしくしたと思います。

Re: 未来のシーンの人物について

Aさん、コメントありがとうございます。

> あの人物も前髪だけ銀だったように見えたので私も最初ローグかと思ったのですが、
> 改変された未来のシーンにそれらしい少年がいた気がします。
> ただ一回観ただけなので再確認しないと、ですが。

なるほど、そうでしたか。確認の必要はありそうですね。



> 未来のセンチネルの能力コピーがミスティークというよりローグっぽい気がしたので
> 関連無かったんだろうかと思うのですが、荒廃した未来のローグ登場シーンは
> ソフトの方には収録されそうなのでそちらもどうなってるか楽しみです。
> 多分カットせざるを得なかった理由もしっかり語られるでしょうね。

カットされた理由は、監督が「特に彼女の行動はストーリーに関係なく、間延びするのでカットした」と公開前のインタビューで答えていました。
なんにせよおっしゃるとおりソフトには未公開シーンなどとして収録されるはずなので、そちらが楽しみです。

いつも解説ありがとうございます。
次回、ナイトクロウラーが出るそうですが、親は誰になるのですかね?
あと、X2にサイリーンが出ていましたが、バンシーは…

最初と最後にちょっとだけでて来た前髪の一部だけが白髪の少年ってネイトグレイでしょうか?

センチネルの能力について

いつも楽しく読ませていただいています。

映画版X-MENの歴史をまとめたサイト http://m.imgur.com/a/B2M1n にファンの憶測ですがこんな記述がありました。

>Note: Fan-theory - Rogue was not seen with Iceman during the protest 2 years ago. It is likely that sometime before then, Rogue has been imprisoned, and her DNA has also been used like Mystique's. While Sentinels can change form because of Mystique, it is possible that they are able to change power sets because of Rogue.

僕も同じ意見で、センチネルはミスティークとローグの遺伝子を組み合わせて改良されたんじゃないかと思いました。一度触れたミュータントの能力をコピーして(ローグの能力)し、何らかの方法でセンチネル同士で共有し、形態変化する(ミスティークの能力)。
これならF&P冒頭シーンで、サンスポットとアイスマンそれぞれと戦っていたセンチネルが真逆の能力で対抗した理由も説明できますし、1973年以前に死んだダーウィンの能力ではないということになります。ファイナルディシジョンでローグはキュアを打ちに行っていましたが、効果が無期限でないことはマグニートーを見れば明らかです。
真相は特典ディスクが出るまでわかりませんが、今わかっている範囲での憶測です笑

先週見てきました。
この記事のおかげで色々なことが理解出来ました(*-∀-*)ありがとうございます^ ^
一つ疑問に思ったのですが、ミスティークにマグニートが首を撃たれたのに何事もなかったかのように帰って行けるのが不思議でした。ただ単に丈夫なだけなんですかね?

センチネルについて

昨日観てきました。見逃してしまったところも多くあったので、調べていたところこちらにたどり着きました。ほんとうにわかりやすい解説で、細かいところまですっきりしました!嬉しいです、ありがとうございます!

2点質問させていただきたいです。
まず私も先にあったコメント同様、センチネルはローグの能力を使ったように思えました。ミスティークの能力では、人の能力までコピーして使うなんてできるのでしょうか?もっとも、進化したり遺伝子をさらに改良したと言われればそれまでですが…笑

もうひとつは、センチネルが時間軸的に、出会ったことのない者の能力をコピーしてました。(ミスティークが能力をコピーして使えるという前提の場合)これは、ミスティークから移された遺伝子のなかに、過去のデータも記憶されていたから、センチネルもその能力を得たのでは?と思ったのですが、これはあり得ますか?
気になって仕方ないです(^ω^)
よろしかったらお話いただけたらと
思います。


Re: タイトルなし

> いつも解説ありがとうございます。
> 次回、ナイトクロウラーが出るそうですが、親は誰になるのですかね?
> あと、X2にサイリーンが出ていましたが、バンシーは…


コメントありがとうございます。
親は…やはり原作通りにはいかないみたいですね(笑)

Re: タイトルなし

ハーマンさん、コメントありがとうございます。
ネイト・グレイですか…それにしては扱いが小さすぎるような。
まぁ全ての登場人物が原作キャラとは限りませんし、映画オリジナルということでいいと思いますよ。

Re: センチネルの能力について

いくらさん、コメントありがとうございます。
なるほど~。確かにその設定もあり得るかもしれませんね。
今のところは予想するだけしかできませんが、おっしゃる通りソフトの特典ディスクで詳しいことが明らかになるかもしれませんね。

Re: タイトルなし

エレンペイジ大好きさん、コメントありがとうございます。
私もエレン・ペイジ大好きです。
マグニートーの件ですが、単純に当たり所が良かったのか、軽傷で済んだみたいです。
普通、首を撃たれたらかなりの確率で重傷になるか死にますけどね(笑)

Re: センチネルについて

傘立てさん、コメントありがとうございます。

まず、センチネルとローグの能力の関係性ですが、今のところ発表されている設定では関係がなさそうです。もちろん、ソフト化した際の特典映像などで新たな設定が明らかになる可能性もありますが。

センチネルがミスティークの変身データの中から過去の人物の能力を取り出したという考えについてですが、それはおそらくありえないと思います。原作でも映画でも、ミスティークは彼女が目にした者の姿や衣服は完璧にコピーできますが、対象がミュータントだった場合、その能力まではコピーできません。コピーできるのは容姿だけです。
となると、やはり設定のおかしな点が解消されないのですが…笑
この手のジャンル系映画は細かいことを気にしないのが一番よさそうですよ。

No title

解説を読んでモヤモヤしていたことがスッキリしました。ありがとうございます。

ところで、改変後の未来でジーンやスコットが出てきているので、2のような出来事は起こらなかった=マグニートがその後大人しくしてた結果なのかなと思ったのですが、ローグの前髪が白かったということは、1のような出来事は発生していたということになりそうなのですがどう思われますか?

Re: No title

yksmさん、コメントありがとうございます。
改変後の未来については、単純にその世界の状態が示されただけなので、具体的に今までのシリーズのどの部分が改変前と改変後で同じなのか、現時点では分かりませんね。
今後のシリーズでは未来世界は舞台にならない予定なので、とりあえず「フューチャー&パスト」では最善の未来世界を示して幕を引かせたのだと思います。
ローグの前髪は原作では元々ああいう配色なので、改変後の世界ではマグニートーは関係なく、生まれつきの前髪なのかもしれませんよ。

No title

本日劇場で鑑賞してきたのですが原作を読んでいないものでモヤモヤしておりました。
分かりやすく解説してくださって大分スッキリしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おおおおおおおおおおおお!
プロフェッサーの生き返りの件
多分そういうことなんかな~(というかそれしかない!)と思ってたんですけど
これでやっとすっきり!双子だったと!!!
意識を持っていくのはわかるんだけどなんで外見が~って疑問だったんですよね!
助かりました!

マグニートーの能力復活の件
これもそうなりますよね・・・
でもそうなるとほんとファイナルデジジョンってなんだったんだ・・・・
いや 細かいことは考えちゃだめなのはわかってるんですけど つい・・・


ウルヴァリンの爪の件
これも疑問だったんです!!!!
そもそもアダマンチウムの爪切られたのになんで骨出るんじゃ!?って思ったけど
それは普通に骨を再生したんですね!なんで思いつかなかったんだ・・・・わし・・・

いやぁツイッターの豆知識といいこれといい
本当にたすかりますし楽しいです!

アメコミは一人ではなかなか理解できないです・・・・

Re: No title

匿名希望さん、コメントありがとうございます。
解説した甲斐がありました。

Re: 質問です

こもりさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、1973年以前の出来事は改変されていないので、上記のアザゼルやエンジェルなどの死はそのまま、ということになります。

Re: No title

ウィラメッテさん、コメントありがとうございます。
確かに、アメコミは一人では把握しきれないですよね。
私も全ての知識を持っているわけではないので苦労することもしばしば。でも色んなコミックを読んだり文献を読むことで知識を補うのも面白いですよ。

No title

見てきました。未来センチネルとX-MENの戦いはなかなか残酷でしたね。しかしハッピーエンドで終わり良かったです。
何よりスコットとジーンの復活が嬉しい限りです!感動しました!
これまでX-MEN映画は何作も作られましたが、今後の公開予定のネタ以外にも、まだまだ映画化されそうな原作ネタは残っていますか?

ミスティーク

他の方が質問されてるかも知れないのですが、、、
ファーストジェネレーションとファイナルディシジョンの世界観は繋がっているんでしょうか?
もしそうであるなら、今作での未来(2023年)にミスティークがいないのは何故なのでしょうか?
2023年の世界から振り返って、過去にミスティークがトラスクを暗殺したためにセンチネル計画が見直されたのですよね?(暗殺が成功した後にミスティークはスタンガンで鹵獲されてたような気がするんですが、どうでしたっけ…?)
ファイナルディシジョンの時点でミスティークは生きていました。キュアの能力が一時的なものであるとすれば、2023年にもミスティークが生きていてもおかしくないですよね?2023年時でのミスティークの消息についてイマイチ覚えていなかったので^^;

たすくさん

僕もそこが気になっていました。
ミスティークがトラスクを暗殺して捕獲されたあと研究はされたもののなぜか殺されなかったのでしょうか…?

詳しい説明ありがとうございました。

先日友人と観賞したのですが、エンドクレジット後映像のキャラは誰?と尋ねられ女性に見えたのとアベンジャーズ2も兼ねてもしかして、スカーレットウィッチ?あれ?なんて思っていたのですが判明しました!あのゴツイ姿しか印象になくて。
ケルシー・グラマー氏だけは何とか声で判別。

Re: No title

hyroroさん、コメントありがとうございます。
死亡したキャラの復活は嬉しかったですよね。
そうですね、原作ネタは他にもたくさんありますよ。なにせ50年の歴史がありますからね。
「フォール・オブ・ミュータンツ」「デイズ・オブ・フューチャー・プレゼント」「エクスキューショナーズ・ソング」「メシア・コンプレックス」などなど、枚挙に暇がないほどあります(笑)

Re: ミスティーク

たすくさん、コメントありがとうございます。
ファーストジェネレーションとファイナルディシジョンの世界観は繋がっていますよ。
確かに「フューチャー&パスト」で改変前の世界ではミスティークは軍に拉致され、実験台になることで新型センチネルを生み出してしまいました。なので、「X-MEN」~「ファイナルディシジョン」でミスティークが解放されているのはおかしいですよね。映画内では全く描かれていませんが、もしかすると実験室から逃げ出したのかもしれません。その辺の細かい矛盾点は気にしないのが一番ですが…
2023年のミスティークはどうなっているのか分かりません。センチネルに狩られて死んだのかもしれないですし、収容所に入れられているのかもしれません。

Re: 詳しい説明ありがとうございました。

貴宏さん、コメントありがとうございます。
スカーレットウィッチだとしたら古代エジプトの砂漠やピラミッドは関係ないですよね(笑)
なのであれはアポカリプスです。
ケルシー・グラマーは映画の公開前から出演が報じられていたので以前から知っていたのですが、実際に映画に登場したシーンを見るとやはり嬉しいですね。

No title

解説ありがとうございます
プロフェッサーが薬を使って立てるようになるとパワーがなくなるというのがありましたが、ファイナルディシジョンの冒頭で立てるようになっていたときにテレパスを使うシーンがあったような気がするんですが、どうなんでしょうか?
間違ってたら申し訳ないです

ガンビットとナイトクロウラーは好きなキャラだから出るの嬉しい
ロン毛のチャニングテイタムはあんま想像つかないけど。あるいは短髪ガンビット?
映画本編は面白かったけど、やっぱプロフェッサーX復活は強引だなー(笑)

解説ありがとうございます!

アメコミ映画を観賞するたびに、こちらのサイトを読むのを楽しみにしております!
いつもありがとうございます!

No title

詳しい解説をいつも拝見しております。

ストライカーの台詞に息子のことがありましたね。
ファーストジェネレーションには、「ストライカーがやっている事」とチャールズが言ってました。

ストライカーのミュータント改造計画は歴史から消えないでほしいです

ウルヴァリンのスピンオフは大好きなので

何か解説があればお願いします。

すごく分かりやすかったです!

お礼が言いたくて思わずコメントさせて頂きました!
色々なもやもやが解決しました、凄い知識量ですね、尊敬します!

Re: No title

wishywashyさん、コメントありがとうございます。
その辺の細かい設定矛盾は仕方ないかと思います(笑)

Re: タイトルなし

AKR47さん、コメントありがとうございます。
確かに、プロフェッサーの復活は強引すぎますね(笑)
まぁでも、アメコミというのは当たり前みたいに死んだ人が生き返るので、その辺は気にしてはいけないのかもしれません。

Re: 解説ありがとうございます!

ペリーさん、コメントありがとうございます。
そう言っていただけてありがたいです。

Re: No title

ストライカーさん、コメントありがとうございます。
ストライカーのミュータント改造計画、フューチャー&パストでの設定変更によって“無かったこと”にされるかもしれません。14年も続いてきたシリーズなので、矛盾などを消すためには設定を変えないといけないのかもしれませんね。

Re: すごく分かりやすかったです!

あおさん、コメントありがとうございます。
そう言っていただき、ありがとうございます。今後も面白い記事が書けたらなぁと思います。

No title

DVDを見て疑問に思ったことが、このサイトで解消されました、ありがとうございます。

さて、一つ思ったことが
「これでやっと原作のファースト・ファイブ(原作版X-MENが結成された当初のメンバー:サイク、ジーン、ビースト、アイスマン、エンジェル)が映画版でも揃ったはず(今回エンジェルは登場していないが…。たぶん、ちゃんと生きているだろう)。」
とありますが、エンジェルって、人体実験されて死んだ後に世界が変わったのだから死んでいるのでは?と思いましたが・・・・・・どうですかね?

Re: No title

AAAさん、コメントありがとうございます。
エンジェルについてですが、映画では2人存在します。
「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」に登場した、男性で鳥のような翼を持ったミュータント(本名ウォーレン・ワージントン三世、原作のファーストファイブの一員)

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」に登場した、女性で昆虫のような羽を持ったミュータント(本名がエンジェル・サルバトーレでコードネームはテンペスト)
です。
本作で人体実験されて死亡したエンジェルは後者なので、こちらは歴史改変前に死亡しているので改変後も死亡したままですね。

前者のエンジェルは記事にも書いた通り、劇中の2011年で暴徒によって殺されています。なので改変前の未来世界には登場しませんでした。ただし改変後は1973年以降の出来事が“無かったこと”になっているので、2011年に死んだはずのエンジェルは生きている可能性が高いです。

No title

ええ、でも、男のエンジェルは、X-MAN3に登場してますけど死んでないですよね?
ラストで飛んでたり、父親助けてた気がするんですが…
映画内だけなら死んでないので、なんかごっちゃになってしまいました。すみません

No title

通りすがりですが非常に勉強になりました。
ありがとうございました。
これからも解説お願いします。

はじめまして

レンタルで見ました
よくわからなかった背景や、設定がこちらの解説でわかりました
ありがとうございます
個人的に残念なのは、「エマ」が死亡していた事です
ダイアモンドに変化する能力は綺麗で、一番好きでした
もし自分にミュータント能力が発現するとしたら、このダイアモンドの力がいいですねー
エマの死体写真はなかったので、もしかしたら生きてるかも・・・そう願いたいです
では失礼します

Re: No title

> 通りすがりですが非常に勉強になりました。
> ありがとうございました。
> これからも解説お願いします。

コメントありがとうございます。
なるほど、ブルーレイなどがリリースされたのでアクセス数が増えているのですね。
過去記事までさかのぼっていただき、ありがとうございます。

Re: はじめまして

ダイアモンドさん、コメントありがとうございます。
エマ・フロストは原作コミックでも扱いの大きい人気キャラなだけに、今回の映画で死亡した可能性が出てきたのは残念でしたね。しかしダイアモンドさんがおっしゃるように死体写真などの明確な描写は無かったので、もしかすると生き残っているかもしれませんね。

はじめまして、今までサイトを楽しませてもらってましたが初コメです(=゚ω゚)ノ

この前DVDで映画見直したんですけどちょっと疑問がありまして…
ミスティークがベトナム→トラスクのオフィスに行くまでの流れなんですけど、

ベトナム戦争の駐屯地でミュータントの兵士が集められてるのを、どこかで知る→駐屯地に潜り込みアレックス達を助ける→その時にトラスク社がミュータントを集めようとしているのを知る→トラスクのオフィスに侵入
って流れであってますかね?

長文ですみませんΣ(゚д゚lll)
あと、ミスティークがアレックスにベトナムでまだやることがある的なこと言ってたのはなんだったんですかね?

教えていただけると嬉しいです(ーー;)

Re: タイトルなし

アメコミ小僧さん、コメントありがとうございます。
ミスティークの行動の流れはそれであっていますよ。
ベトナムで彼女が「まだやることがある」と確かに言っていましたが、その内容は劇中で特には描かれていなかったので何とも言えませんね。細かい情報収集を現地で続行していた、とかでしょうかね。

非常に丁寧で分かりやすかったです

初めて訪問して読ませて頂きました
本作は先日飛行機内で見た時に、ラストの砂漠のシーンが始まると同時に着陸してしまった為、レンタルして再度ラストまでみましたwww
コメントが現時点(2015.1.18)で101もあり、コメント欄には目を通していない為重複してしまうかもしれませんが
ご容赦願いますwww

『フューチャー&パスト ラストシーン』で検索し、最初に辿り着いたのがこのサイトでした。
X-MENシリーズは昔の格ゲーではまってから少しずつ断片的な情報しか把握していないので助かります。
それ故、情報やイメージが全てゲームベースになってしまってますwww

アポカリプスがもともと人間だったというのにも驚きましたし、初めてエンジェルを見た時や、何作目か忘れましたが偉い人の息子で白い羽が生えるミュータントは『飛ぶだけやん!!』と思いました。

既に書かれているようになかったことにするという『夢オチ』に近い感情を受けてしまい、少しがっかりしたのも事実です。

個人的に気になっているのが、本作とは関係ないのですが
・ウルヴァリンとセイバーの親子関係は偽りの記憶?
・ケーブルは将来的に出てくるのかな・・・
といったところです

Re: 非常に丁寧で分かりやすかったです

kuroさん、コメントありがとうございます。
「X-MEN:フューチャー&パスト」は今までの設定の矛盾点をクリーンにすると同時に夢オチっぽい状況にもなったので評価の分かれるところですよね。

・ウルヴァリンとセイバーの親子関係は偽りの記憶?
との疑問点について、これはおそらく本物の記憶です。ウルヴァリン(出生名ジェームズ・ハウレット)とセイバートゥース(ビクター・クリード)は映画「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」にて兄弟(親子ではないです)だという設定でした。これはウルヴァリンが記憶を消される前の描写なので、偽の記憶ではないでしょうね。
ちなみに原作コミックではウルヴァリンとセイバートゥースは宿敵ですが血縁的には完全な他人です。

・ケーブルは将来的に出てくるのかな・・・
この疑問に関しては、現時点では私には分かりません。
一時期、映画「X-フォース」というX-MENの暗殺チームを描く作品の企画があり、それにケーブルが登場するかも、という噂が上がりましたが、結局「X-MEN:アポカリプス」の製作が決まったことで「X-フォース」は頓挫しました。それ以降、映画におけるケーブル登場の噂は出ていません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

amecomimovienews

Author:amecomimovienews
アメコミ映画や、それに関連するアメコミ情報を発信するブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR