スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」第二弾予告編分析



Avengers-Age_of_Ultron-Promo-Art1.jpg


映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」の第二弾予告編が公開されました。アメリカなどの主要な国々では5月に公開(本作を上映する45か国の内、7月に公開なのは日本のみ…)なので、そろそろプロモーションに力が入ってくる時期でしょうか。

この記事では、お馴染みの予告編分析を行いたいと思います。
第二弾ということもあって、映画の概要などについては第一弾の記事を参照してください。

謎めいた描写も多く、ちゃんとした分析になっているかどうか分かりませんが、とりあえず本題に入りましょう。

※この分析が一種のネタバレになる可能性もあるので、過度に気にする方はご注意を。
※シリーズ映画の性質上、「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」までの内容のネタバレを含みます。


●予告編(英語版・日本語字幕なし)




●予告編分析(スクリーンショット・分析)


トニー・スターク「この弱い世界には…」
Baidu IME_2015-1-17_21-45-30
何らかの戦闘によって一般市民が逃げ惑っています。ホークアイが誘導していますね。
画像下の物体は何でしょう?エンジンらしきものが4つ確認できるので、小型のヘリキャリアかもしれません。これに市民を乗せて安全な所に移送する?




トニー「…我々より強い何かが必要だ」
Baidu IME_2015-1-17_21-46-18
キャプテン・アメリカのヘルメットがカッコいいので載せておきました。
トニーの言う「我々より強い何か」というのはおそらくウルトロンのことです。



ウルトロン「誰もが自分の恐れる物を作り出してしまう…」
Baidu IME_2015-1-17_21-47-50
本作の敵ウルトロンは、トニー・スタークが前作「アベンジャーズ」の敵で宇宙人のチタウリ(アイアンマンの投げ捨てた核爆弾によって母船のようなものが大破した直後、全員機能停止したことから、生物でもあり機械でもある生命体だということが分かります)を基に、そのプログラムを応用して作ったものであるとの噂が出ていますので、ウルトロンはアイアンマンの外装を持ったチタウリと考えてもいいかもしれませんね。



ブルース・バナー博士「ウルトロン」
ウルトロン「…その身からな!」
Baidu IME_2015-1-17_21-48-32
ウルトロンいわく「人は自分の身から自分の恐れる物を生み出してしまう」とのことなので、トニーが生み出した恐ろしいものとはウルトロンの事なのでしょうね。



Baidu IME_2015-1-17_21-49-24
ハルク化している?バナー博士。瞳が緑色になっています。



ニック・フューリー「勝ち負けなんて問題じゃない」「常にトラブルは起こるものだ」
Baidu IME_2015-1-17_21-50-10
「~ウィンター・ソルジャー」に引き続きニック・フューリー登場。SHIELD長官を辞めて潜伏活動をしている彼ですが、演じるサミュエル・L・ジャクソンいわく「本作でオレに出来ることは銃を撃つことくらいのもんさ」とのことなので、あまり活躍しないようです。
画像下は謎の人物ですね。まさかここにきて新キャラが映し出されるとは思っていませんでした。体型などからして女性ですね。この人物については後でもう一度触れます。



ソー「何も分かっていないくせに首を突っ込むからだ」
Baidu IME_2015-1-17_21-51-4
おそらくソーは、チタウリの技術(宇宙の未知なるプログラム)を使ってウルトロンを作ったトニーを非難しているのでしょう。



Baidu IME_2015-1-17_21-51-40
スカーレットウィッチのエネルギーブラストを食らって吹き飛ばされるアイアンマン・マーク43。…というふうに見えますが、予告編というのは本来の本編の流れとは異なる編集で繋ぎ合わされている場合があり、このシーンにはちょっと違和感があります。
本編では後で出てくる、ウルトロンのビーム攻撃を食らっているのでは?と予想。




ブラックウィドウ「私たちに隠れる場所なんてない」
Baidu IME_2015-1-17_21-52-25
ブラックウィドウが何者かによってストレッチャーに寝かされます。台詞からして何やら深刻な状況のようです。彼女のソ連時代を描く回想シーンでしょうか。髪型が今までのものと異なり、ポニーテール風ですね。
画像下の医療器具のようなものは出産時に使用するものだそうですが、調べるのが難しくてよく分かりませんでした。

〇原作でのブラックウィドウは老化を抑える薬品などを投与されているのですが、このシーンはそのような人体実験の場面なのかもしれませんね。



Baidu IME_2015-1-17_21-54-28
デカい武器を持つブラックウィドウ。表情が好きなので載せておきました。



Baidu IME_2015-1-17_21-55-6
第一弾にも登場していましたが、謎の人物です。海外サイトなどではブラックパンサー(黒人のヒーローで、今後映画化されることが決定している作品)の悪役、“クロウKlaw”ではないかと噂されています。画像では見づらいですが、首に爪(クロウClaw)っぽいものが付いたアクセサリーをしています。同じクロウでもスペルが違うので、あんまり関係ないかもしれませんが(笑)
もし彼がクロウだとしたら、後々のブラックパンサーの伏線として登場するのかもしれません。

◎原作コミックでのクロウとは?
フルネームはユリシーズ・クロウ。音波の知識に長けた人物で、ヴィブラニウム(振動を吸収する金属で、キャプテン・アメリカの盾などの素材)を求めてブラックパンサーことティチャラが治めるワカンダ国に侵入、その時のブラックパンサーとの戦闘で右手を失う。後に闇市場でヴィブラニウムを入手し、ある特殊装置を開発して生ける音波へと変貌した(とはいえ見た目は普通の人間)。右手には義手として音波を発射する装置を付けている。主にブラックパンサーやアベンジャーズと敵対する悪党。



Baidu IME_2015-1-17_21-55-28
ウルトロン(量産型)の一体に苦戦するキャップ。「~ウィンター・ソルジャー」で見せた格闘能力を今回も発揮してほしいですね。



ウルトロン「お前たちをバラバラにしてやる…内側から」
Baidu IME_2015-1-17_21-56-53
これがさっき書いたスカーレットウィッチ→アイアンマンへの攻撃ではなく、ウルトロン→アイアンマンへの攻撃だと個人的に予想しているシーンです。
ただ、スカーレットウィッチとクイックシルバーは映画の序盤では敵として登場することも考えられるので、予告編の流れの通りスカーレットウィッチがアイアンマンを攻撃することももちろんあり得ますが…



Baidu IME_2015-1-17_21-57-54
このシーンもかなり謎めいています。ソーが体から稲妻を放っているのかな?と思いきや、表情からしてちょっと苦しそうですし、単純に外部からの攻撃を受けているだけかもしれません。よく分かりませんね。
そしてもっとよく分からないのが、画像の右下にいる謎の女性です。

Baidu IME_2015-1-17_21-57-54 - コピー
拡大してみました。
この人が洞窟のような所にいた女性と同一人物だと思うのですが、何者かは分かりません。民族衣装的なものを着ているのも謎です。
「スター・ウォーズ」ファンならスレイヴ・レイア姫?と思うかもしれませんが、それはもちろんあり得ません(服装はかなり似ていますが)笑。
海外サイトなどではブラックパンサーの妹だと噂されていたりもしますが、真偽は不明です。なんにせよブラックパンサーの要素は随所に示される可能性が高そうですね。




Baidu IME_2015-1-17_21-59-22
映画の見せ場のシーンと思われる、ハルクバスターアイアンマンとハルクの戦い。かなり激しいものになりそうですが、単なる殴り合いでは終わらない驚く展開があるらしいので、期待です。ちなみに戦いの舞台となっている街はロケ撮影が行われていた南アフリカのようです。海外サイトによると南アでチェーン展開しているお店の看板が今回の予告編中に映っているそうなので、ロケ地としてだけでなく、映画内の舞台としても南アと設定されているようです。
さらに言えば、原作コミックでブラックパンサーことティチャラの治めるワカンダ国(架空の国)はアフリカ大陸に位置するため、映画でも何か関連がありそうな気もします。



ブラックウィドウ「なんてこと…」
Baidu IME_2015-1-17_22-0-27
怒り狂っている?ハルク。
ハルクバスターのHUD(ヘッドアップディスプレイ)はオレンジ色のようです。かなりの巨体ですが飛べるようです。



Baidu IME_2015-1-17_22-1-14
ハルクバスターアイアンマンはハルクより大きいです。地面に叩きつけていますね。かなり粗い戦い方です。



Baidu IME_2015-1-17_22-3-3
ハルクの目に注目。目の周りと瞳が赤くなっていますね。普段は茶色、もしくは緑色なので明らかに様子がおかしいです。もしかするとスカーレットウィッチに操られている?だとすると彼女の目的が分かりませんし、そもそも超能力の範囲もよく分からなくなりますね。
もしウルトロンがハルクを操っているとしても、ロボットであるウルトロンが生物であるハルクを操るというのは一体どういう原理なのか説明が付きづらそうです。
ハルクバスターは通常のアイアンマンアーマーと同じく、手のひらからリパルサーレイを撃てるようですね。



Baidu IME_2015-1-17_22-4-24
ロゴ。



はい、以上で第二弾予告編分析は終わりです。
謎の多い内容でしたね。ブラックパンサー(と思われる)の要素がいくつか提示されていたのが意外でした。
新キャラのスカーレットウィッチ、クイックシルバーの見せ場はほとんど無く、トニーとバナー博士が打倒ウルトロンのために作り上げると噂のアンドロイドヒーロー“ヴィジョン”の姿も一切映りません。他に悪役のバロン・フォン・ストラッカーも予告編には登場していないので、映画本編においてキャラの飽和が起きているような気がして若干の不安を感じます。
前作「アベンジャーズ」で各キャラに均等に見せ場を与えられていたジョス・ウェドン監督が続投しているので、彼の手腕に期待です。
ハルクバスターアイアンマンとハルクの戦いは迫力がありそうなので楽しみですね。


「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」はアメリカなどでは5月、日本では7月4日(土)公開です。



(次回の記事は、月末に予告編がネット公開されるとの情報が入っているリブート版「ファンタスティック・フォー」の予告編分析になりそうです。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キャラが増加しすぎることにはちょっと不安を感じますね。
非常にダークな雰囲気ですから結末がどうなるか気になるところです。
個人的に嬉しかったのはキャスト・スタッフのところにきちんとドン・チードルの名があったことですかね!
ウォーマシン好きにはありがたい!

予告分析ありがとうございます!
予告第二弾ではありましたがさらに謎が深まるばかりですねw
次の予告第三弾となると結構先の気がするのでヴィジョンはまだお預けになってしまって待てません笑

一つ質問なんですが、原作でハルクバスターはワールドウォーハルクの前にも登場ってしましたか?

ファンタスティック4の予告分析もたのしみです!!
また、よろしくお願いします!(≧∇≦)

No title

よく見るとホークアイの矢筒がふたつになってますね。ニューヨークでの戦いで矢が足りなくなったから、それを受けて矢を増量したのかな。

次回の更新も楽しみにしてます!

更新ありがとうございます

ハルクバスターとハルクの戦い楽しみですね。
この戦いってハルクバスターがウルトロンに操られて戦ってしまっているっていう展開というのは考えられないでしょうか?

また、更新楽しみにしてます

Re: タイトルなし

ななしさん、コメントありがとうございます。
キャラの増加はシリーズに新鮮味を与える意味では重要ですが、各キャラの見せ場や心情を上映時間内に描ききれない恐れも発生しますね。
アベンジャーズの2作目にしてかなりヒーローたちが追い詰められる展開になりそうなので、着地点が気になります。
ドン・チードルは今回は出演が叶いましたね。新型ウォーマシンとして活躍してくれるかどうかは現時点では分かりませんが、おそらくある程度の見せ場は用意されているはずですよ。

Re: タイトルなし

CAPさん、いつもコメントありがとうございます。
第三弾の予告編は存在するらしく、ネット公開は2月下旬との噂もあるので、もし公開されたらまた分析したいと思います。

ハルクバスターに関してですが、日本では邦訳が出ている「ワールド・ウォー・ハルク」でのものが有名でしょうね。しかしそれ以前のコミックにも登場していますよ。初登場は1994年の作品です。その際の勝敗は、すみませんが知りません。

Re: No title

> よく見るとホークアイの矢筒がふたつになってますね。ニューヨークでの戦いで矢が足りなくなったから、それを受けて矢を増量したのかな。
> 次回の更新も楽しみにしてます!


コメントありがとうございます。
確かに矢筒が増えていますね。スチル画像やホットトイズ(海外フィギュアメーカー)のフィギュア画像を見るかぎりでは左足首にも小型の矢を収納できる装置を着けているようです。
単独主演作が作られていないだけにホークアイには見せ場がちゃんと用意されているらしいですよ。

Re: タイトルなし

イモリカさん、いつもコメントありがとうございます。

>ハルクバスターがウルトロンに操られて戦ってしまっているっていう展開というのは考えられないでしょうか?
それも十分あり得ると思います。
ただし予告編ではトニーやハルクバスターには目立った“操られてる感”がないので、個人的にはハルクに何らかの洗脳が施されていると予想しています。
ハルクバスターVSハルクのシーンは映画の序盤に描かれるみたいなので、状況が気になりますね。

No title

分析ありがとうございます!

ソーが電撃で苦しんでいるようなシーンがありましたが、
原作ではソーに電撃でダメージを与えられるキャラって存在するんですか?

次回も楽しみにしています。

No title

分析ありがとうございます!ブラックパンサーに繋がる伏線が多いですね。後のシビルウォーへの伏線もありそうですね。確かにキャラ数が多すぎてそれぞれの見せ場があるのかは不安です。前後編にしてもいいくらいな気がします(笑)ヴィジョンも早く見たいですがロキもどういった役割で登場するのか気になります。

予告分析ありがとうございます!
ソーの後ろに映っている女性ですが個人的に"エンチャントレス"ではないかと予想しているのですが可能性はありますか?

ウルトロンの外観と恐怖

今回の映画版ウルトロンの外観は、ジェームズ・キャメロン監督作品「ターミネーターシリーズ」のT-800(1作目は敵),マイケル・ベイ監督作品「トランスフォーマーシリーズ」のメガトロン,「スター・ウォーズシリーズ」のグリーヴァス将軍に似ており、1954年版/2014年版のゴジラを彷彿させて破壊と恐怖を感じます。

解析お疲れ様です(=゚ω゚)ノ

エイジ~の段階でこんなにキャラがわんさかいるのに、インフィニティ~はどうなってしまうのか…
やっぱり、キャラの数の帳尻合わせで
パート1→アベ~ANDガーディアン~の連合軍がサノスに挑む→ボロ負け、数名死亡、アベ~解散
パート2→キャップがガーディアン~とアントマンら新ヒーロー達とと共にニューアベンジャーズ結成→サノスに負けそうになる→旧チームが合流→勝利、大団円

みたいにキャラの増減の調整をするのかな…って思いました

とにかくウェドン監督がキャラの活躍の配分をしっかりやって、現在のシネマティックユニバースのクォリティを保つor上げてくれることを祈るのみです(ーー;)

Re: No title

35分怪人さん、いつもコメントありがとうございます。
ソーは映画版だと人間味を持たせるためなのか、原作と比べると弱体化して描かれている印象です。原作コミックでは耐久力が半端ではないので電撃程度ではダメージは受けないと思います(もちろんエピソードごとにライターが違うのでソーの耐久力にもブレがありますが)。

Re: No title

> 分析ありがとうございます!ブラックパンサーに繋がる伏線が多いですね。後のシビルウォーへの伏線もありそうですね。確かにキャラ数が多すぎてそれぞれの見せ場があるのかは不安です。前後編にしてもいいくらいな気がします(笑)ヴィジョンも早く見たいですがロキもどういった役割で登場するのか気になります。

コメントありがとうございます。
ブラックパンサーはシビル・ウォーに登場することが決まっているので、エイジ・オブ・ウルトロンはその準備も兼ねているのでしょうね。
ヴィジョンはプロモーション画像は出回っていますが映像は未だに出ていないのでどのようなアクションをするのか気になりますね。ロキはカメオ出演程度になる予定だそうです。

Re: タイトルなし

テテさん、いつもコメントありがとうございます。
確かに、エンチャントレスの可能性もありますね。部屋がアスガルドのような内装ですしね。ソーがアスガルドに戻るということは映画のストーリー的にはありえなさそうですが、もしスカーレットウィッチが幻術を使えるとすれば、ソーが幻影としてのアスガルドの光景を見せられているのかもしれませんね。
ただしこのタイミングでエンチャントレスが出てくる理由がイマイチわかりませんね。
とにかく今回の予告編は謎が多いです(笑)

Re: ウルトロンの外観と恐怖

hal1995augさん、コメントありがとうございます。
確かにウルトロンハはT-800に外観が似ていますね。メガトロンやグリーヴァスにも似ています。ウルトロンは劇中でアベンジャーズや人類に警鐘を鳴らす存在として描かれるようなので、知性を感じさせる眼球や口元が造形されていますね(原作コミックでのウルトロンには眼球は無く、口もかなり大きいです)。
他の映画のキャラと比べてみると面白いですね。

Re: タイトルなし

アメコミ小僧さん、コメントありがとうございます。
エイジ~ではローディやニック・フューリー、悪役のストラッカーなど、登場は確定していますが活躍の規模は小さいキャラも出てきそうですね。
おっしゃる通り、アベンジャーズのオリジナルメンバーは将来的に何人か死亡もしくは離脱する可能性はありますね。フェーズ3以降のキャラが次なるアベンジャーズに移り変わっていく予定なのかもしれません。ちょっと残念ですが、その後に旧アベンジャーズの復活が実現すれば最高に面白そうですね。
将来のシリーズの流れは現時点ではよく分かりませんが、とにかくまずエイジ~を上手くまとめ上げて完成させてほしいですね(笑)

あと前に、
アイアンマンはトニーからアイアンマン3に登場したハーレー少年が引き継ぐっていうニュースをみたり、
バッキー役のセバスチャンさんが9作?の契約とってるっていう話もみたりして思ったんですけど、
インフィニティ~のパート1でスティーヴが死亡、バッキーがキャップ襲名して、パート2のメインメンバーは全員新しい面子になる気もします(・Д・)

これからも記事作成頑張ってください(=゚ω゚)ノではでは

いやぁついに来ましたね!
待ってました!!
早速質問なのですが。アイアンマンの三点着地攻撃のシーンの後の警察?のような部隊相手にハルクが暴れまわってるシーンがあると思うのですが。そこでのハルクが映像全体の明るさのせいかもしれませんが、色が違うように見えます(というかグレイハルク?)そしておもちゃのラインナップにサベージハルクという名前ではありますがグレイハルクのカラーリングのものがあったのですが。豆知識さん的にはこれらについてどのようにお考えですか?

Re: タイトルなし

Pamyuyuさん、いつもコメントありがとうございます。
確かに、ハルクがグレイハルク(別名エゴハルク)に見えるシーンがありますね。色調の影響かもしれませんが。
Pamyuyuさんのおっしゃる通り、funkoのおもちゃでサヴェイジ・ハルクという製品がラインナップされていて、通常のハルクより灰色っぽい見た目&目の周りが赤い仕様になっていますね。
映画の限られた尺(上映時間)の中でハルクの別人格であるグレイハルクまで出てくる可能性は正直低い気もしますが、本文にも書いた通りハルクが“何者かに操られた状態”として登場するならあり得ると思います。

海外の考察で洞窟にいる女性はマンティスっていうキャラなんじゃないかっていうのがあったんですけど、その線はどうなんでしょう?

原作でガーディアンズオブギャラクシーともアベンジャーズとも関わりがあって、映画でもガーディアンズオブギャラクシーを出すきっかけにするみたいな感じで

Re: タイトルなし

> 海外の考察で洞窟にいる女性はマンティスっていうキャラなんじゃないかっていうのがあったんですけど、その線はどうなんでしょう?
>
> 原作でガーディアンズオブギャラクシーともアベンジャーズとも関わりがあって、映画でもガーディアンズオブギャラクシーを出すきっかけにするみたいな感じで


コメントありがとうございます。
確かに、マンティスだという噂も挙がっていますね。マンティスは原作コミックではベトナム系のアジア人ですが、超存在でもあるので肌が緑色&頭に2本の触角が生えている女性ヒーローです。
しかし、私の予想では「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」に彼女が出てくる可能性は薄いと思います。映画のストーリーからして登場の理由があまり無さそう(「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」でGoGはアベンジャーズと一切接触しない予定だと監督によって明らかになっている)ですし、ただでさえキャラ数が多いので映画のテーマが崩壊してしまう気がします。マーベルスタジオは今までの映画を堅実に作ってきた印象なので、今回に限ってわざわざテンコ盛りにするということは考えづらいと思います。

キャプテンアメリカシビルウォーでの質問なんですが原作と同じようにヒーロー登録法をめぐるストーリーになると思いますか?
あとドラマで登場するヒーローが映画で登場する可能性はありますか?例えばシビルウォーにデアデビルが登場とか。

Re: タイトルなし

テテさん、コメントありがとうございます。
「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」は現時点ではまだ情報が少ないので何とも言えませんが、おそらく規模はそれほど大きくない戦いになりそうです。キャップVSアイアンマンの対立構図はまず描かれると思いますが、これは「アベンジャーズ」のときにも2人は口論になっていた通り、正義の在り方についての対立になりそうです。2人の価値観は真逆のようですからね。ネタバレになりそうなので詳しくは書けませんが、「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」においても2人の間に思想面での対立が起こるようなので、エイジオブウルトロンを見てみないことには今後の状況が予想しづらいです。
「~シビル・ウォー」にはキャップ、アイアンマン、ブラックウィドウ、ブラックパンサーの登場が明らかになっていて、悪役としてはブロック・ラムロウ=クロスボーンズが登場決定で新キャラとしてバロン・ジーモも登場の可能性が高いです。
これから登場人物は増えるかもしれませんが、TVドラマのメンバーが出てくることはありえないと思います。もちろん世界観は同じなのですが、TVドラマの人物を映画とリンクさせるにはまだ準備が足りない気もしますし、簡単に映画に出すつもりなら最初からTVドラマという形式はとらないと思うのです。

詳しく説明していただいてありがとうございます!
自分なりにシビルウォーのキャプテンアメリカ側とアイアンマン側を数えてみたのですがどうやってもアイアンマン側のほうが少ない気がするのですがヴィラン達は原作のようにアイアンマン側につくと思われますか?
あとレッドスカルをダニエルブリュールが演じる噂があったのですがどうやらバロンジーモを演じそうですね。レッドスカルが登場する可能性はまだありますか?

Re: タイトルなし

テテさん、コメントありがとうございます。
映画と原作コミックはおそらく設定が違うので、個人的には映画ではキャプテン・アメリカ側、アイアンマン側、ヴィラン側と、いわゆる三つ巴の戦いになるのでは?と予想しています。
ダニエル・ブリュールはどうやらバロン・ジーモ役のようですね。ドイツ語も堪能な俳優なので、やはりドイツ人ヴィラン役のようです。
レッドスカルの再登場は脚本家がコミコン2014のときにインタビューで触れていましたが、将来的に予定されているようです。これは私の予想ですが、彼の死因はインフィニティ・ストーン(コズミックキューブ)のエネルギーによるものだったので、「インフィニティ・ウォー」にてインフィニティ・ストーンが出そろったとき、ロナンなどと同じくストーンが原因で死んだ人物が生き返るのではないかと思います。

アベンジャーズとは関係ない質問なんですけど、キャプテンアメリカ3やるってやつはシビルウォーのことでいいんですよね?

Re: タイトルなし

キャプテンデュノアさん
そうですよ。もちろん映画なのでコミックの内容とは結構異なりますが、基本的な話の展開はコミック「シビル・ウォー」に由来します。

お返事ありがとうございます。

No title

エイジオブウルトロンの予告第3弾が公開されましたね。
お忙しいとは思いますが、amecomimovienewsさんの分析を楽しみにしています。

Re: No title

パスーさん、コメントあありがとうございます。
エイジ・オブ・ウルトロンの新予告編分析、執筆中なので土日には投稿できると思います。
見どころ満載の予告だったので期待値が上がりました。
プロフィール

amecomimovienews

Author:amecomimovienews
アメコミ映画や、それに関連するアメコミ情報を発信するブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。