スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」第三弾予告編分析

aaounewposter.jpg
新ポスター


今回の記事は映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」の第三弾予告編分析です。アメリカなどの主要な国々では2か月後の5月に公開なので(日本公開は最遅の7月…。)、この予告編は最終版という扱いになりそうです。

本作の予告編分析はこの記事で3回目ですが、新予告編に新しいシーンや情報がたくさんあったので細かく分析しようと思います。

今回の分析で説明していない部分やキャラ紹介は第一弾第二弾の分析記事を参照してください。

また、内容の性質上ネタバレに繋がる可能性もあるので過度に気にする方はご注意ください。

それではさっそく分析に入ります。



【予告編】




【分析】


ウルトロン「私は世界を救うために設計された」
Baidu IME_2015-3-5_19-0-56
画像上は今までの予告編で毎回出てきている建物(城?)ですね。ここにウルトロンが潜伏しているようです。



ウルトロン「人々は空を見て希望を見出すだろう」
Baidu IME_2015-3-5_19-2-16
クインジェットを見上げる人々。ウルトロンの台詞と連動しているシーンですね。
庶民がクインジェットを見上げる=アベンジャーズ=希望という事でしょう。



ウルトロン「最初にそれを奪ってやる」
Baidu IME_2015-3-5_19-2-58
ウルトロンが自身の後頭部に接続していたコードを抜いています。動力はまさかの充電式?かと思いましたが、後で出てくる“トニー・スタークがウルトロンを作った”という事から推測すると動力源はアークリアクターのようなものになっているはずので、これは充電ではなくおそらく何かしらのアップロードのために外部データに接続していたのではないかと思います。


ウルトロン「平和への道は一つしかない。奴らの絶滅だ」
Baidu IME_2015-3-5_19-4-8
ビルが崩壊しています。おそらくウルトロンがやったことなのでしょうが、その目的は分かりません。



トニー・スターク「世界のためにアーマーを作ろうとした。だが、恐ろしいものを作り出してしまった」
Baidu IME_2015-3-5_19-4-43
ついに登場したアベンジャーズタワー(アベンジャーズマンション)。前作はスタークタワーと呼ばれていましたが、NY決戦の際に壊れてしまってSTARKのAの字だけが残っていましたよね。あれはこのデザインの伏線だったのです。
今回はトニーがアベンジャーズを資金面でサポートしているらしく、メンバーもここに集まるシーンが度々あるみたいです。
画像下はおそらくトニーの開発したウルトロン製作マシンです。ロボットアームがウルトロンマーク1と思われる残骸をいじっています。



バナー「人工知能だな?」
トニー「“ウルトロン計画”と呼んでいた」
Baidu IME_2015-3-5_19-5-23
トニーとバナー博士が人工知能について語っています。
どうやらトニーは“ウルトロン計画”と名付けた人工知能ロボットによる世界平和を成そうとしていたようです。それが後に暴走して…という展開になるのが予想できますが、それだとちょっとありがちな気もするので何かしらの捻りがあるのではないでしょうか。第二弾予告編分析にも書きましたが、チタウリのプログラムをウルトロン開発に応用したという噂もありますからね。



キャプテン・アメリカ「僕は僕たちの間違いで人々が苦しむのを見たくない」
Baidu IME_2015-3-5_19-7-25
状況が分かりづらいですが、車を落下させてしまっていいのでしょうか…


トニー「私たちは戦いを終わらせて家に帰ればいいのか!?」
Baidu IME_2015-3-5_19-7-58
スティーブとトニーのやりとり。これは以前、いわゆる“薪割り動画”としてリーク(流出)した場面ですね。このシーンでは2人が薪割りをしているのですが、会話の中で意見が対立して険悪なムードになるようです。→来年公開の「キャプテン・アメリカ:シビルウォー」では主にキャップとアイアンマンの対立が描かれる予定なので、本作の薪割りシーンはその火種としてかなり重要な場面になると思います。
画像下はナターシャ(ブラックウィドウ)とバナー博士が接近しているシーンです。2人の関係が良好になるみたいです。



ナターシャ「重大な失敗ね」
Baidu IME_2015-3-5_19-9-12



Baidu IME_2015-3-5_19-10-24
画像上はホークアイが機械で矢筒に入れる矢を準備しているシーンだと思います。暗いせいで悪役のクロウの腕(コミックでは片手が義手)、もしくは同じく悪役のストラッカーのサタンクロウ(籠手の一種)かと思いましたがそれは違うようです。深読みのし過ぎでした笑
画像下は、ツイッターなどを見る限りでは多くの人に絶賛されているアベンジャーズアッセンブルシーンです。キャップがバイクに乗っているのが良いですね。右側にいる敵はたぶんヒドラの残党だと思います。



フューリー「我々には何も残っていない。だが、機転を利かせれば世界を救うことができる」
Baidu IME_2015-3-5_19-12-34
ロキの杖(槍)です。トニーは腕部分だけアーマーを着けていますね。まだ推測の域を出ませんが杖の先端に付いている光る物体はインフィニティ・ストーンの一つだという噂もあり、マキシモフ姉弟の超能力発現にも関係があるようなので作中では重要なアイテムとして描かれる可能性が高いです。そしてこれをトニーが所有しているという事は、「キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー」のオマケ映像でヒドラが持っていたものを回収したという事なので、映画の序盤でアベンジャーズがヒドラの残党と戦うシーンがあると思われます。


フューリー「だから立ち上がり、戦うんだ」
Baidu IME_2015-3-5_19-14-8
ソー、アイアンマン(マーク43)、キャップと通路を挟んでスカーレットウィッチ、クイックシルバーのマキシモフ姉弟&ウルトロンが対峙します。「キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー」にてキャップ&バッキーとレッドスカル&ゾラが通路を挟んで対峙する構図と似ていますね。おそらくこれはヒドラの基地内部だと思うので、その意味でもかなり意識された構図だと思います。



トニー「解決策は無い…」
スティーブ「明日の夜の予定は無いよ」(おそらく「僕に任せろ」的な意味)
Baidu IME_2015-3-5_19-14-57
屋上で会話するシーンはコミックのチームものでよくある光景なので、この画作りは好きです。



Baidu IME_2015-3-5_19-15-37
バスの屋根の上でキャップとウルトロンが戦闘。投げつけられた盾がウルトロンのボディに刺さっているので、強度はキャップの盾の方が上のようです。少なくとも映画のウルトロンは原作コミックのようにアダマンチウム製ではないという事が分かりますね。

〇映画版のキャプテン・アメリカの盾はヴィブラニウム製。現時点でMCUに登場している金属の中では最強。コミックでのキャップの盾はヴィブラニウムと特殊な金属の合金製。
〇アダマンチウムはコミックや映画ではウルヴァリンの爪の素材として有名で、コミックでは最強の金属。希少金属のわりに登場頻度は多く、ウルトロンは自己修復能力でパワーアップした際にボディをアダマンチウム製に変えたことがある。
映画では「X-MEN」シリーズにしか登場していないので権利の問題があるのかもしれないが、「アベンジャーズ」の映画パンフレットによるとホークアイの矢の一つがアダマンチウム製らしいので厳密には作中で使用できる物質なのかもしれない。



ブラックウィドウ「坊や、毎回落し物を拾ってあげなきゃいけないわけ?」
Baidu IME_2015-3-5_19-16-28
気が利くブラックウィドウ。
プロモ写真や公開済みの予告編ではバイクの前面にウィンドシールドとして盾を装着しているものが写っていましたね。



ウルトロン「私たちで奴らを崩壊させる…」
Baidu IME_2015-3-5_19-17-15
正直意外だったのですが、今回の予告編ではマキシモフ姉弟とウルトロンが密接な関わりがあることが読み取れますね。「キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー」のオマケ映像でヒドラの実験体としてマキシモフ姉弟が初登場したので彼らがヒドラと関わりがあるのは分かりますが、そこにトニーが作ったはずのウルトロンが接触してくるとは思いませんでした。どういう理由で合流するのでしょうか。



Baidu IME_2015-3-5_19-17-47
ハルクVSハルクバスターアイアンマン。このように空中戦も展開されるようです。



ウルトロン「…内側からな」
Baidu IME_2015-3-5_19-19-27
画像上はスカーレットウィッチの超能力でブラックウィドウがマインドコントロール?されているように見えるシーンです。前回の予告編でハルクの目が赤くなっている場面がありましたが、あれもスカーレットウィッチの能力によるものだったのですね。それにしても、マインドコントロールできるなんてウィッチさん強すぎませんか…
画像真ん中はクイックシルバーがキャップを殴っているシーンです。一応高速移動能力という事なのですが、映像を見る限りではそれほどスピード感のあるようには見えないですね。劇中でどんな活躍をするのか気になります。


Baidu IME_2015-3-5_19-20-23
スカーレットウィッチ役のエリザベス・オルセンいわく「アクション練習はせず、ダンサーと踊りの練習をした」とのことなので、奇抜な身のこなしが見られるのではないでしょうか。
キャップは今回の予告ではやられ役というか、攻撃を受けている場面が多いですね。「~ウィンターソルジャー」にて戦闘能力がかなり上がったことが描かれていたので、本作でもキレのあるアクションに期待したいです。



ソー「それがお前の本気か!?」
Baidu IME_2015-3-5_19-22-2
画像上の右側。アイアンマンマーク45の姿が!マーク45は以前からLEGOの製品ラインナップにてイメージが公開されていましたが、劇中に本当に登場するのかどうかは不明でした。しかし今回の予告編で公式に登場したので、これによって本作にはマーク43、マーク44(ハルクバスター)、マーク45の三種類のアイアンマンアーマーが登場するという事になりますね。(ちなみにハルクバスターはマーク43が胴体部分に乗り込んで操縦するタイプです)
画像真ん中のウルトロンは今までの予告編やプロモーション画像などには出てきていないデザインのように見えます。全体的に少し太めになっていますし、顔や胸の部分がシンプルになっていて腹のデザインも今までのバージョンと異なります。ウルトロンはマーク1、セントリー、プライム、アルティメットという形でアップグレードしていくらしいので、画像のものはアルティメットウルトロンなのかもしれません。(マーク1は金色の顔をした半壊しているもの、セントリーは量産型のもの、プライムは今までの予告編にメインで出てきたもの…だと予想しています。)


IMmark45.jpg
左が画像の彩度を上げたマーク45、右がLEGOの製品

U-Ultron ultronprime
左が“アルティメット”だと思われるバージョン、右が“プライム”のプロモアート。比べてみると結構デザインが違う



キャップ「君が挑発するからだぞ」
Baidu IME_2015-3-5_19-23-9
ブラックウィドウは電気の流れる武器を使用するみたいです。これがどれくらいウルトロンに効くのか分かりませんが…
キャップはやられているだけではなく、ちゃんと応戦していますね。


Baidu IME_2015-3-5_19-24-1
ここではスカーレットウィッチもアベンジャーズと一緒に量産型ウルトロンと戦っています。ヒドラに離反してヒーロー側に転向するのでしょう。映像を見る限りでは赤いエネルギーブラストで攻撃しているようですが、一気に4体にダメージを与えているので結構攻撃力があるみたいです。
ホークアイは爆発する矢を使っていますね。果たしてブラックウィドウの拳銃はウルトロンに通用しているのか…笑
ハルクはさすがの戦闘力という感じでハルクスマッシュ!していますね。
気になるのがクイックシルバーの所在ですね。姿は見えませんが、まさか高速移動しているから…?



Baidu IME_2015-3-5_19-26-30
映像では初公開となるアンドロイド、ヴィジョン。映画ではトニーとバナー博士が作り出すロボットのようです。演じているのはこれまでアイアンマンのサポートAIジャービスの声を担当していたポール・ベタニーなので、おそらくジャービスもヴィジョン誕生に何らかの関わりがあると思います。
額の黄色く光る物体がインフィニティ・ストーンの一つに見えなくもないですが、そんなものを簡単に入手できるはずがないですし、仮にトニー&バナーが人工的に作り出した物ならインフィニティ・ストーンの威厳というか、宇宙規模の莫大なエネルギーの塊であるはずの物質が人間の手で作れるとなると今までの存在感が薄れてしまうような…
なんにせよヴィジョンはウルトロンに対抗できる存在として登場する可能性が高いので、活躍に期待です。

〇原作コミックでのヴィジョンはウルトロンによって作られたアンドロイドで、主な能力は自分の身体の分子密度を操作して障害物をすり抜けることができる物体透過能力。また、額にはソーラー・セルという装置が付いており、そこからビームなどを出して敵を攻撃することもできる。



…以上で今回の予告編分析は終わりです。
かなりの数の新しいシーンが見られましたね。これだけ見てしまうと本編を見たときの感動が薄れてしまうデメリットはありますが、リーク映像ではなく公式による予告映像なので個人的には予備知識として頭に入れていてもいいのかな、と思います。
今回の予告編の中で印象的なのは雪山で横並びに移動するアベンジャーズのシーンと、最後の円形になって無数のウルトロンと戦うシーンだと思います。本作はアベンジャーズの2作目なので最初からチームとして動けるのがいいですね。とはいえウルトロンの台詞によるとアベンジャーズは内側から崩壊するよう攻撃を仕掛けられるらしいので、それだと前作のロキがハルクを使ってやろうとしたことと若干被っているような気がするのはちょっと不安です。
他にも不安要素としてキャラの多さやそれに伴う見せ場の配分、全体的なトーンの暗さ、新キャラたちの内面や行動論理の説明などが限られた上映時間の中で描ききれるのかどうか、ということが挙げられると思いますが、そこは前作でも上手くまとめきったジョス・ウェドン監督の手腕に期待ですね。
おそらく本編にはこれまでに公開された予告編映像には無い“最終決戦”的なシーンが存在するような気がするので、本編を見るのがとにかく楽しみです。

映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」は日本では7月4日(土)公開。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

待ってました!

ヴィジョンはウルトロンとは違い原作通りのデザインですが、
予想以上にカッコ良さそうですね、全体の映像はまだですが安心しました。

アベ3のインフィニティ・ウォー監督はルッソ兄弟に決定しているので、
ジョス・ウェドンが監督する最後のアベンジャーズはどうなるか楽しみです。

ジョス・ウェドンは今後のMCU作品に関わっていくのでしょうか?

LEGOのアベンジャーズ

私はLEGOのアベンジャーズはもうほとんど予約しました!
ハルクバスターが楽しみですね。おひとつぐらいどうですか?笑

9人アッセンブル

いつも楽しく読ませてもらってます。大変為になる濃い内容で助かってます。ありがとうございます。

ヴィジョンもアベンジャーズに仲間入りして、おっしゃる通り本当の「最終決戦」があるとしたなら、1作目の6人とスカーレットウィッチ、クイックシルバー、ヴィジョンを加えた9人アッセンブルの画は見たいですね。
ジョス監督もそういったアメコミヒーロー好きの野郎共が好みそうな"ツボ"はわかってらっしゃると思うので期待してます(笑)
横からの6人のカットや上からの7人?のカットからも分かる様に監督も好きそうですしね。
それに1作目の6人アッセンブルが映画を象徴する画としてどれだけ機能したかも理解してると思いますし。
予告編ではヴィジョンもやっと出たくらいなので出ししぶってる感じだと信じたいです。

ただ一つ個人的に心配なのが、キャップがヘルメットを脱いだ状態で戦ってるので時系列的にその直後に集合だとするとヘルメット脱いだままでのアッセンブルになっちゃいそうで心配です。
個人的にキャップはヘルメット付けてた方がヒーローとしてカッコ良いですし、キャップが真ん中になるならヘルメット無しだとシマらなさそうな感じがしちゃいます。
と言っても ここまで全部自分の勝手な妄想ですけどね。

だいぶ先になりますがジャスティスリーグの集合の画も大変楽しみです。
「Dawn of Justice」ではなく「Justice League」の。

No title

解説お疲れさまでした。
非常に濃い内容で記事の読み応えがありました。

この予告編とは直接関係のない質問ですが。
MCU関連の質問をひとつよろしいでしょうか。

YoutubeのMarvel公式アカウントで以前公開された、MCUのフェイズ1と2をまとめたムービー「Marvel's Phase 1 & 2 - A Look Back」で使用されている全てのBGMの曲名をご存知ですか?
MCUの映画の中で使われている曲かと探してみたのですが、どうにも見つからず…ご助力いただけないでしょうか。

一応ULRを貼っておきます
https://www.youtube.com/watch?v=cInu82fWFfQ

No title

分析ありがとうございます。
アベンジャーズがヒドラ残党に飛び掛かってるシーンたまらないですね!初見のときは鳥肌たってしまいました。
やっとヴィジョンも見ることができてお腹いっぱいの予告編でした。予告編1弾であったキャップの盾割れシーンもウィッチの精神攻撃のようなものですかね。

No title

分析お疲れ様でした。非常にワクワクしながら読ませていただきました。
今回の予告を観た感じでは1と違って結構まとまって応戦しているシーンが見れそうで楽しみです!

ヴィジョンの額に付いているのがインフィニティ・ストーンであるという噂はたしかに自分も違和感を感じています・・・
もしインフィニティ・ストーンであるとすれば発見したものを埋め込んだのか・・・?

ともかく本編を観るのが楽しみです!(May 1 というのを見ると悲しくなってきますが)

予告分析ありがとうございます!!
いつも読んでてすごい楽しいです!!

昨日弟とマーク43と45はあるのに44はないのか??と話してましたがハルクバスターがありましたね。
存在感がありすぎてマーク44という認識ができてませんでした笑
灯台下暗しです笑

豆知識さんがおっしゃってる通り一人一人の見せ場や様々な説明がしっかりできるかは不安ですね(^^;;
でも、映画の時間が三時間弱という噂を耳にしたので長いですがなんとかなるかなと笑

ウルトロンを倒した後、何があってシビルウォーに繋がるのかと言うのも気になりますね!
どのような伏線があるのか楽しみです。

公開まで先は長いですが楽しみに待つつもりです!
ありがとうございました!

いつも解説おつかれさまです

毎回記事を楽しく拝見させていただいてます!
今回の予告編、内容が盛り沢山で興奮してしまいました!


キャップが車を落としたシーンですが、あれは落としたのではなくて車を掴んでいたものが自重で落ちてしまったのではないかなとおもいました。
橋?道路?が崩れて落ちそうになる車を抑えたはいいものの、バンパー?がとれてしまった……というような流れなのかなと。


スカーレットウィッチがブラックウィドウをマインドコントロールするシーン、双子はロキの杖のインフィニティストーンで能力を覚醒させられたという設定らしいのでロキの杖の能力(アベンジャーズでホークアイやセルヴィグ博士を操ったのと似たようなもの。)を受け継いだのでは?と予想しました。
でもそうなるとスカーレットウィッチ強すぎますよね笑


ヴィジョンの額の黄色い物体についてはTwitterで、インフィニティガンドレットをつけたサノスの公式画の親指のインフィニティストーンと同じ色だ!!!と盛り上がってました笑
どんなものにせよ、やっと姿を見れたヴィジョンの活躍が楽しみです(っ `-´ c)


あれだけ噂でガヤガヤしていたアイアンマン マーク45がサラッと出てきたのには驚きました笑
42、43と違って色味もメタリックな感じになっててパッと見てシュッとしてますね!
対ウルトロン用のアーマーなのかな〜と妄想しています。



日本公開はまだまだですが今からとてもたのしみです!
次の記事も楽しみにしていますね\( 'ω' )/

いつも解説ありがとうございます。
素人なりに、ウィンターソルジャーからの流れでアベンジャーズ一同でヒドラの残党狩り→流れでロキの杖をゲットしスタークはその力でウルトロンを開発、なんていう予想をしています。双子にとってヒドラはある意味育ての親ですしアベンジャーズに敵対するのもそうなれば自然かと。
ヴィジョンに関しても、チタウリがベースのアンドロイド→ウルトロンで後に暴走、ジャーヴィスベースのアンドロイド→ヴィジョン→アベンジャーズと共闘なんて予測したり……
また次の更新待ってます!

Re: 待ってました!

パズーさん、コメントありがとうございます。
ヴィジョンはプロモ画像などはすでに公開されていて、原作コミックに近いビジュアルになっているので活躍が楽しみです。
ジョス・ウェドンはアベンジャーズだけでなく「エージェント・オブ・シールド」のプロデュースなどもしているのでマーベルスタジオとの仕事はまだ続くと思いますよ。

Re: LEGOのアベンジャーズ

wheelieさん、コメントありがとうございます。
LEGOは「スパイダーマン」「スパイダーマン2」の時に発売された製品を買ったことがあります。説明書通りに組み立てても、自由に組んでも面白いですよね。
私は基本的に6インチサイズのフィギュア(マーベルレジェンド)を集めているので、そちらでアッセンブルさせるつもりです笑

Re: 9人アッセンブル

WBさん、コメントありがとうございます。
ジョス監督は自他ともに認めるアメコミオタクなので、構図やキャラの配置にはかなりのこだわりがあると思います。なのでその辺は安心ですね。
キャップのヘルメットは、実写映画だとどうしても俳優の顔(表情)を優先することになるので比較的ヘルメット無しになる可能性が高いですね。他にもソーのヘルメットやホークアイのマスクなど、コミックでは装備しているのに映画では採用されていないものもありますしね。
ただしWBさんのおっしゃる通り私もヘルメット込みのコスチュームだと思うので、なるべく装着した状態で登場してほしいです。
「ジャスティスリーグ」への道のりは長いですが、ちゃんと長期計画が立てられたので実現が楽しみですね。

Re: No title

Lilyさん、コメントありがとうございます。
動画自体は知っていても今まで曲についてはあまり意識して聞いていませんでしたが、調べたところ判明しました。
〇Trevor Rabin "Ben"
〇Brand X Music "Zero Hour"
〇Epic Score "They Hit Without Warning"
の3曲が使用されているようです。

Re: No title

hyoroさん、いつもコメントありがとうございます。
確かにスカーレットウィッチは精神攻撃ができるっぽいですね。第一弾予告編ではキャップことスティーブが第二次世界大戦時の軍服を着た状態の後ろ姿が一瞬だけ写っていましたし、あれも何らかの精神攻撃なのかもしれませんね。

Re: No title

zyoisさん、コメントありがとうございます。
そうですね、まとまったチームとして動いているように見えるので前作以上にアクションや連携攻撃の描写などに期待できそうです。
本編は日本では7月4日公開ですが、話題作なので先行上映などがある可能性も高いですし、公開日より少し早く観られるチャンスはありそうです。(実際、前作「アベンジャーズ」は8月17日公開でしたが8月14日から先行上映が開始され、事実上の公開前倒しという現象が起こりました)

Re: タイトルなし

CAPさん、いつもコメントありがとうございます。
上映時間は160分以上だと噂されていますね。それくらい長いと細かい部分までちゃんと描けると思います。

シビル・ウォーに関しては監督のルッソ兄弟いわく「SHIELD崩壊以上の重大事件が起こる」とのことなので、そのスケール感に期待です。

Re: いつも解説おつかれさまです

MCUなおくんさん、コメントありがとうございます。
キャップと車の件、確かにおっしゃる通りつかんでいた車のバンパーが外れて自重で落ちていったように見えますね。でもそれでも下に人がいたら危ないような…笑
スカーレットウィッチのマインドコントロール能力、確かにロキの杖の能力に似ていて関係性が気になりますね。
アイアンマンマーク45はおそらく実戦仕様の戦闘スーツなのでしょうね。どんな武器を持っているのか楽しみです。

Re: タイトルなし

REXさん、コメントありがとうございます。
REXさんの推測、納得しました笑 本当に本編ではそんな流れになりそうな気がします。
マキシモフ姉弟の改心理由が気になりますね。
とにかく本編を見るのが楽しみです。

Re:Re: No title

ご回答ありがとうございました。
お手数をおかけして申し訳ありませんでした。
どこか聞き覚えがある曲だったもので、MCU内の曲かと決めつけていましたが、ナショナルトレジャーでしたか。
たしかこちらもディズニーの制作でしたね。
MOVIE NEXは、ただただ残念ですが、ディズニーの傘下に入り、使用できる曲の種類が増えたのは良いことです。

管理人さんの迅速なご回答に感謝いたします。
今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

amecomimovienews

Author:amecomimovienews
アメコミ映画や、それに関連するアメコミ情報を発信するブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。